2023年01月31日

2023年2月

 法 悦 2月号 869号

  骨のうたう   竹内浩三

 戦死やあわれ

 兵隊の死ぬるやあわれ

 とおい他国で ひょんと死ぬるや

 だまって だれもいないところで

 ひょんと死ぬるや

 ふるさとの風や

 こいびとの眼や

 ひょんと消ゆるや

 国のため

 大君のため

 死んでしまうや

 その心や    (以下略)

青色青光
 上記の詩は宇治山田出身の詩人、竹内浩三の作です。
1945年4月フィリピン・ルソン島バギオにて、二十三歳で戦死(消息不明)
同郷の小津安二郎に憧れて、映画監督をめざしていた青年が、無残な最後を
遂げた事実に胸が痛みます。
 今も日々報じられるウクライナの戦況、徴兵され前線に送られるロシアの
青年達、そして彼らに対峙せざるを得ないウクライナの青年達。違った出会い方
をすれば友ともなり得た彼らに、殺し合いを命じる老人達。戦争にかり出され
犠牲になるのは、いつも決まって若者や一般の庶民なのです。
 沖縄で40年以上にわたって戦没者の遺骨収集をしている具志堅隆松氏が
「人は必ず寿命が来たら死にます。それは避けられないことです。しかし、
死ぬことと、殺されることは、別のものです。全く別のものです。」と、
人が決して犯してはならない罪だと述べておられます。
 新たな犠牲者を英雄と賞賛することで、殺し殺されることを国民に受け入れ
させようという動きには、これまでもこれからも、決して与してはならない
のです。
 お釈迦様の「殺してはならぬ、殺さしめてはならぬ」のお言葉を憶念し
続けたいことです。

住職日々随想 
 日々膨大な量の情報があふれる現代社会、移り気なマスコミあるいは国民性に
依るものなのか、安倍元総理の銃撃事件に端を発した政治とカルトの問題が、
ややもするとすでに終わった事とされてしまってはいないでしょうか?
 哲学者のエーリッヒ・フロムは、ナチズムに傾倒していった戦前のドイツを
考察し「自由からの逃走」を著しましたが、同調圧力などと言われるような、
周りの視線を過度に気にし、無意識的に自身の欲求を抑えつけていることを、
「自由には義務と責任が伴わなければならない」と短絡的に受け止め、権威的な
ものに盲目的にしたがってしまう、その病理を解き明かしました。
 そう言った意味で、ナチズムなどの権威主義的な政治とカルトとは、非常に
親和性が高い事に気付かされます。
 だからこそ政治が宗教を利用し、カルトが政治に手を突っ込んでくる、
そういう構図も成り立っていたのです。
 2019年に蓮如賞を受賞した批評家・随筆家の若松英輔氏が、宗教が
カルト化しないために絶対に超えては成らない壁が三つある。一つには「恐怖」
、恐怖によって人を縛り付ける。二つには「搾取」、その人の人生が破綻する
まで何かを搾取しようとする。三つ目には「拘束」、真の意味で宗教である
ならば、出入りは自由でなくてはならないが、これら三つが当てはまるよう
なら、それはカルトと言って良いと述べておられます。
 蓮如上人の御一代記聞書に「仏説に、信謗あるべきよし、ときおきたまえり。
信ずる者ばかりにて、謗ずる人なくは、ときおきたまうこと、いかがと思うべ
きに、はや、謗ずるものあるうえは、信ぜんにおいては、必ず往生決定」と
説かれていますが、信ずる者も疑う者もあってこそ、宗教としての健康さが
保たれると言えましょう。
 まさに宗教は諸刃の剣、人生に豊かさを与えてくれるものですが、宗教が
その健康さを失ったときには、逆に人生を破壊してしまう、そういう力も
あるのです。
 前述の若松氏は「深く疑うことが出来るのは、とても大事なことです。
人には疑うことの中でしか発見できない問いがあるし、疑いの中でこそ人と
つながることがあるからです。」と述べておられます。
 現在、公教育の場で宗教を教えることは禁じられていますが、人生に心の
拠り所を求めずにはおれない人間にとって、宗教とは一体いかなるものか、
それすら知らずにいれば、たやすくカルトの罠に落ちてしまいかねず、
大切な「問いとの出遇い」の機会も失ってしまいかねないのです。

 坊守便り 

 法義相続ーお見送り 
 新しい年が明けました。本年もどうぞよろしくお願い致します。
コロナ禍により同朋会も新年会を行えませんでしたので、紙面をお借りして
ご挨拶申し上げます。
 寒い冬はお亡くなりになる方も増え、年末から長年のお付き合いのある
ご門徒の方もお見送りしました。
当寺の前にお住まいの、東洋工業の奥さんもお亡くなりになりました。
 コロナ禍もあり野辺送りまで数日待ちとなり、それまでの仮通夜を安泉寺
で行いたいとご連絡がありました。
 息子さんと二人の娘さんが毎日付き添われる中、それぞれのお相方、
子供さんやお孫さんも、朝夕訪ねて来られました。お母さんのお身体の
お清めやお化粧を見守られ、おしゃれさんに合わせ、もう一度ヘアカラーも
頼まれました。
 傍らで、ひ孫さんがお絵描きをしたり、食事も取られ、子供同士が喧嘩して、
涙も流すなど、家庭の居間のそのままのやり取りが、休まれているお母さんの
お耳にも心地よく聞こえていたかも知れません。
 あの時、おばあちゃんを見送ったなぁと、ひ孫さんが後々お話しされるの
かなと思います。
 葬儀前にご家族の送る言葉が読み上げられました。「お母さんには、
厳しい事を言われてました。でも、皆んなの事思って言ってくれてたん
ですね。」「おばあちゃんには一番怒られました。でも、大好きでした。」
確かに法義相続がされている、温かいお見送りでした。

二月の行寺
9 日(木)午前10時半〜ピラティス
16日(木)午前10時半〜ピラティス
18日(土)午後 5時〜 安泉寺地域懇親会
      安泉寺慶讃法要DVD上映会
25日(土)午後 3時〜第五組慶讃法要テーマ聞法会
                ご講師 島洸陽師
三月の行事
9 日(木)午前10時半〜ピラティス
12日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕
18日(土)午後2時〜 春季彼岸永代経法要
  ご講師 伊勢道浄寺 酒井正夫師
23日(木)午前10時半〜ピラティス
25日(土)終日   ご本山慶讃法要団体参拝

*感染予防には十分配慮し、各行事を行いますが、感染がさらに拡大
した場合、変更もしくは中止する場合がございます。




























































































































































































































































posted by ansenji at 22:23| Comment(0) | 法悦

2022年12月31日

2023年1月

 法 悦 1月号 868号
ーいのちは誰のものかー ベアトリス鈴木
 ある日、釈迦族の王子であった少年のお釈迦様と、従弟のダイバダッタが
森に遊びに行かれたそうです。
 折から二人の頭の上を、一羽の白鳥が悠々と飛んでいました。ダイバは
目ざとくそれを見つけ、はっしとばかり矢を射放ちました。確かにうまく
当たったらしく、白鳥は森の彼方に落ちていきました。
 二人の少年はいち早く獲物を手にしようと駆け出しましたが、お釈迦様の
方が少し早く見つけ、抱きかかえました。
そこにダイバが追いつき「それは私の獲物だ、すぐによこせ」と迫りますが、
お釈迦様は「私が先に見つけたのだから私のものだ」と譲りません。
 とどのつまり、国中の賢者を集め、意見を徴することになりました。
ところがお釈迦様のものだという者と、いや、ダイバのものだと言う者の
二派に分かれ、容易に意見がまとまりません。
ところが最後まで黙っていた老賢者が立ち上がり
「すべていのちは、それを愛そう愛そうとしている者のものであって、
それを傷つけよう傷つけようとする者のものではないのだ」と、そう
言い切った賢者の言葉があまりにも厳粛な調子を帯びていたので、自然みな
その言葉に従わざるを得なくなりました。
 こうして白鳥はお釈迦様のものとなり、傷を癒やして大空に帰って
行きました。

青色青光
 上記のお話は、鈴木大拙師の奥様のベアトリスさんが、大学生の英語の
教科書として、編纂されたものの中に掲載されていた物語の要約です。
「あなたのいのちは誰のものですか」と問われたとしましたら、
なんと答えるでしょう?
多くの方は当然のように「私のいのちは私のものに決まっている」と答える
でしょう。でも本当にそうでしょうか?
 先日縁あって、ジェシー釋尼萌海さんという、スイス生まれの大谷派若手
女性僧侶の方の講演をお聞きし、深く考えさせられました。
 彼女の母国のスイスでは法律で、条件さえ満たせば安楽死が認められて
いるそうです。
そして驚いたことに、彼女のお母さんが七〇歳になって、「もう私も十分
生きたから、安楽死の許可申請を出そうと思うの」と言い出されたそうです。
が、身体的にも精神的にも何ら問題の無い、全くの健康体、必要な医師の
診査など通るはずはない、と高をくくっていたところ「OKが出たよ、来週の
木曜日、朝の10時に決めたから。」と、もちろん必死に、馬鹿なことは
やめて欲しいと懇願しても「私のいのち、生も死も私の自由、たとえ娘でも
口出しする権利は無いでしょ。止めようとして帰ってこないで」と、
取り付く島も無い返事。
 結果、前日にお別れパーティを開き、招けなかった人には手紙を投函し、
点滴による薬剤注入をして亡くなられたそうです。

住職日々随想 
 前記のお話の続きになりますが、ジェシーさんはどうして止めきれ
なかったんだろう、何か他に母を思いとどまらせる手立ては無かったのか、
などと散々ご自身を責めたりして、随分苦しまれたそうです。
 我が国でも、安楽死を法的に認めるべきではないのかと、その法制化を
求める声もありますが、一度認めてしまうと、そのハードルはどんどん
下がったり、安楽死を装った犯罪を生む可能性も否定しきれないなど、
さまざま問題があります。
 実際スイスでは、年端もいかない子どもや、鬱に悩む人などに、比較的
安易に認められてしまう、ということも起こっているそうです。
 以前読んだ、自死遺族の方の手記に「自死は本人にとっては一つの解決
方法なのかも知れないけれど、残された遺族にとっては、とんでもない
暴力を受けたようなものなのです。」と激白しておられた事などが思い合わ
されるのですが、私のこのいのちは本当に私のもの、と言い切れるので
しょうか?
 四年ほど前、実際スイスに渡航し安楽死された女性の姿を追った
「彼女は死を選んだ」というドキュメンタリー番組が放映されたそうですが
、ジェシーさんが喫茶店で休憩しているとき、年配のご婦人方が入って
こられて「夕べのあれ見た?」
「見た見た。すごいねぇ、スイスはいいねぇ」などと話しておられ、黙って
おれなくなった彼女が「どうして安楽死がいいの?」と問いかけると、
「そら、子供らに迷惑かけたないし、自分の財産も思うように使い切れるから、
ええやん」などと答えられたそうで、それに対して「じゃあ赤ちゃんはどう、
自分では何にも出来ないけど、それは迷惑じゃないの?」などとしばらく
議論されたそうです。
 私もしばしば耳にしながらいつも違和感を感じているのですが、多くの方が
子供らに迷惑をかけちゃいけないと仰いますし、あえてかける必要も無いとは
思うのですが、此の世に誰にも迷惑をかけずに生きている者など、本当にいる
のでしょうか?
 現在地球上の全生物の、二十五パーセントが絶滅の危機に瀕していると
言われ、その主な原因は人間の産業活動によると言われています。
他の生物にとって人間ほど迷惑な存在はありません。
 また私たちの生活のために、どれほどの方々の手を煩わせているでしょう。
それこそ頭の先からつま先まで、自身で造ったものなどあるのでしょうか?
 迷惑かけずには一日も生きられず、確かな関係を結ぶことなど出来ない、
その身の事実に頭が下がるとき、世界にいだかれている事実にも思い至る
のでしょう。まさにいのちは言葉を超えた真実の世界、如(にょ)より来生
(らいしょう)した賜り物、私物化など許されないものと知らされます。 

 坊守便り 
ー生野区再発見 SDGsまち歩きー  
 生野区街づくり課企画の、まち歩きに参加させて頂きました。今回は生野
銀座商店街で集合し、近辺にある生野八坂神社からのスタートです。
 ここは一度、天王寺区の神社に合祀され廃されたのを、氏子の努力により、
復興されたという経緯があったそうです。
 この地域の生野小学校の児童数は、当時4400人在り、日本一の大規模校
でもあったそうです。
今では少子化から廃校になり、跡地にはインターナショナル校が出来る
ようです。
 生野区には、当時多くの人が集まり、活気にあふれていた事を知る一方
、時代の大きな変遷を知りました。
 鶴橋駅界隈では、乗降客が半減していましたが、最近のコリアタウン人気で
、取り戻したようです。
 今回十五年に一度の法要をお勤めし、安泉寺も古い歴史ある境内を大切に
しつつ、新しい試みを取り入れてゆきたいと思うことです。
若院の企画で大晦日の当日にコンサートを行い、若い画家さんの作品展示も
する事になっています。若い方々が関心を持って下されば嬉しい事です。

一月の行事

12日(木)午前10時半〜ピラティス

21日(土)午後2時〜 修正会(新年ご挨拶)
   *コロナ禍でございますので会食等は行いません。

26日(木)午前10時半〜ピラティス

二月の行寺

9 日(木)午前10時半〜ピラティス

16日(木)午前10時半〜ピラティス

18日(土)午後 5時〜 安泉寺地域懇親会
            会費 1.000円
25日(土)午後 3時〜 
         第五組慶讃法要テーマ聞法会
             ご講師 島洸陽師
*感染予防には十分配慮し、各行事を行いますが、感染がさらに
拡大した場合、変更もしくは中止する場合がございます。



























































































































































































































































posted by ansenji at 14:16| Comment(0) | 法悦

2022年11月30日

2022年12月

 法 悦 12月号 867号

親鸞讃歌(宗祖を憶ふ)    金子大榮

昔 法師あり 親鸞と名づく
殿上に生れて庶民の心あり 
底下となりて高貴の性を失わず
己にして愛欲のたち難きを知り 
俗に帰れども道心を捨てず
一生凡夫にして 大涅槃の終りを期す
人間を懐かしみつつ 
人に昵(なづ)む能(あた)わず
名利の空なるを知り 
離れ得ざるを悲しむ
流浪の生涯に 常楽の故郷を慕い
孤独の淋しさ 万人の悩みを思う
聖教を披(ひら)くも文字を見ず 
ただ言葉のひびきをきく
正法を説けども師弟をいわず 
ひとえに同朋の縁をよろこぶ
本願を仰いでは 
身の善悪をかえりみず
念仏に親しんでは 
自ら無碍の一道を知る
人に知られざるを憂えず 
ただ世を汚さんことを恐れる
己身の罪障に徹して 
一切群生の救いを願う
その人逝(ゆ)きて数世紀 
長(とこしな)えに死せるが如し
その人去りて七百年 
今なお生けるが如し
その人を憶いてわれは生き 
その人を忘れてわれは迷う
曠劫多生の縁 
よろこび尽くることなし

青色青光
 十一月六日、安泉寺では秋晴れの好天の下、門信徒の皆様をはじめ、
地域の保存会の皆様、遠近より多数の僧侶の方々、そして何より多くの
お稚児さんと、そのご家族の皆様、総勢二百五十名の参堂列を迎え、
ご本山に先立ち、改修なった清々しい本堂にて、宗祖親鸞聖人ご誕生
八五〇年・立教開宗八〇〇年予修・大屋根修復境内諸施設整備完了奉告法要を、
賑々しくかつ厳かにお勤めいたしました。
 その後のジャグリングとコンサートの夕べも含め、永く記憶に残るすばらしい
法要となりました。
紙面をお借り致しまして、ご支援いただきました皆々様、準備から後片付けまで
ご協力下さった皆々様、ご参詣下さった皆々様には、こころより篤く御礼
申し上げます。
 さて、上記の詩は大谷派の碩学、金子大榮師が親鸞聖人七〇〇回御遠忌に
よせて詠まれたもので、親鸞聖人のご生涯の歩みに想いを馳せ、師ご自身の
「宗祖」として、遇いがたくして遇い得た喜びを、深く味わい詠って
おられます。
 ご本山でも来春、親鸞聖人のご誕生八五〇年・立教開宗八〇〇年の慶讃法要を
お迎えします。
「人と生まれたことの意味をたずねていこう」と、慶讃法要のテーマが立て
られていますが、親鸞様のご生涯の歩みと、現代社会を生きる私たちの抱え
持つさまざまな課題とどこで交わるのか、ややもすれば時代の羅針盤を
見失って漂流する私たちに、「汝いずこより来たりて、いずこに行かんとす」
と親鸞様から改めて問われているように思うことです。

住職日々随想 
 連日報じられるウクライナの戦況。
ロシアのプーチン政権に依って引き起こされた蛮行に、国土を蹂躙されて、
家を失い故郷を追われ、家族や大切な人を亡くした、そんな方々の苦しみ
悲しみに胸が痛みます。
 と、同時に、戦場にかり出された若者たち、それこそ状況が異なれば、
親しい友ともなり得た者同士が、戦場では殺し合わねばならない、その不条理。
 国際政治の荒波に、抗いようもなく翻弄される人々の苦しみ悲しみを、
1991年から1995年まで続いた内戦下のユーゴスラビアで過ごした
セルビアのベオグラード在住の詩人・翻訳家の山崎佳代子さんが著書
『そこから青い闇がささやき』に、旧ユーゴスラビア内戦下の子ども達の
引き裂かれたこころを書いておられます。
「一九九一年一〇月、ベオグラードの幼稚園で、こどもが黒い花を描き始めた。
黒い花は多くの子どもの絵に咲いた。ユーゴスラビア内戦が始まり若い父親が
連邦軍に動員されていたし、クロアチアから難民となって人が流れてきた。
黒い花は不安や恐れを表す。それは、社会に発せられた危険信号だ。
難民となった少年はナイフが突き刺さり血が滴る心臓を描いた。
少年が体験した戦場の残酷さを表すだけではない。心の傷が攻撃的な感情に
転化する危険をも示していた。」と。
 難民の心のケアに尽力された心理学者のベスナ・オグニェビッチ女氏は、
奪われたもの、踏みにじられたものを描き出すこどもの力の激しさに言葉を
失ったそうです。
 今また同じように繰り返されるウクライナの悲劇。誰ひとりとして幸せに
はなれないのに、何故人間はかくも愚かなことを繰り返してしまうのだろうか
、と思わずにはいられません。
 更に言えば今回のウクライナ戦争に乗じて、力には力だと、軍備増強を声高に
叫ぶ政治家たち。それはまた、子どもたちに黒い花を描かせる道に
相違ないのです。
 お釈迦様は戒律の第一に、「全てのものは暴力におびえる。全てのものに
とって命は愛おしい。おのが身に引き比べて殺してはならぬ、殺さしめては
ならぬ。」と、不殺生のいましめを説いておられます。
 それは、われに正義有りと、他を責める所には成り立ちません。
どこまでも自らの罪業性に向きあい、頭の下がったところに、初めてうなずける
ものなのです。

坊守便り ー慶讃法要ー   
 十一月六日は快晴に恵まれ良き日
となりました。
親鸞聖人ご誕生八五〇年・立教開宗
八〇〇年慶讃法要予修・本堂大屋根
修復事業完了奉告法要をお勤めさせて頂きました。
いろいろな方に助けて頂いた一日でした。
 住職の甥が花立てをしてくれました。一ヶ月前から取り寄せた特別な花材を、
一週間かけ立ててくれました。
 儀式用の花は工作のようなものです。作った幹に枝を載せてゆき、見事に
仕上げてくれました。
 お稚児さんも、沢山ご参加下さいました。ご門徒皆さんのご協力で、参加の
稚児の愛らしい衣装は庭儀(行列)を豪華にしてくれました。
猪飼野保存会の皆さんも法被をそろえて、警備に当たって下さいました。
若院の友人も大道芸やアーティストの手配、カメラ・動画も担当をして
くれました。
住職は沢山の僧侶と大谷派らしい厳粛なお勤めを声高らかに行ってくれました。
朝早くから、それぞれが持ち場で精一杯に力を発揮し円成した一日と
なりました。
みんなのいい笑顔が素晴らしい事でした。
改めましてお礼申し上げます。

十二月の行事

10日(土)午後2時〜祥月講・同朋の会
               ご法話 住職
8 日(木)午前10時半〜ピラティス

22日(木)午前10時半〜ピラティス

25日(日)午後2時〜おみがき清掃ご奉仕   
          
31日(土)午後11時〜歳暮勤行除夜の鐘

一月の行事

12日(木)午前10時半〜ピラティス

21日(土)午後2時〜 修正会(新年ご挨拶)
   *コロナ禍でございますので会食等は行いません

26日(木)午前10時半〜ピラティス

*感染予防には十分配慮し、各行事を行いますが、感染が
さらに拡大した場合、変更もしくは中止する場合がございます。































































































































posted by ansenji at 18:02| Comment(0) | 法悦