2019年11月26日

2019年12月号

法 悦 12月号 831号

「祝婚歌」          吉野弘

ふたりが睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは長持ちしない事だと
気付いているほうがいい
完璧を目指さないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
ふたりのうちどちらかが
ふざけているほうがいい 
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは相手を傷つけやすいものだと気付いているほうがいい
立派でありたいとか正しくありたいとか
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光りを浴びているほうがいい
健康で風にふかれながら生きていることのなつかしさにふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そしてなぜ胸が熱くなるのか黙っていても二人にはわかるのであってほしい

青色青光

 宮城師が、たびたびご法話の中で紹介されていた言葉に、「人間の愚かさとは、何事に対しても答えを持っているという事である。(ミラン・クンデラ)」があります。
 私たちは物事の一面のみを捉えて、そこで得た答えを握りしめ、ときに他者を攻撃するための材料にまでする事があります。
 しかし、仏教ではそういう有り様こそが、まさに無明(むみょう)であると教えられています。
 無明ということは、無知であるという事ではありません。
 そうではなく、知識としてわかった事としてしまうところに、心を開いて意に沿わない他者の言葉にも耳を傾け、さらに聞き直し、問い直すという事をしない、そういう頑迷さをこそ言うのです。
 上記の詩は、結婚を祝し、その門出に当たって手向けられたものですが、誰もが至らぬ者どうし、その自覚なくして、豊かな人生を歩む事など叶わぬ事なのです。

住職日々随想

言葉は言霊(ことだま)とも言われます様に、発せられたときに命が与えられ、場合によっては、発した人の思いを超えて広がり、時代の空気をも作り出します。
 また、言葉は時に人々を励まし癒やすこともありますが、逆に、居場所を奪い、命すら奪うこともあります。
 今日SNSなど、ネット上で脊髄反射的に発せられる言葉の数々、その多くが熟考した上でのものでないだけではなく、負の感情むき出しの故に、伝播する早さは想像以上で、結果、社会に多くの毒を垂れ流してしまっています。
「ナチズムはひとつひとつの言葉、言い回し、文脈を通じて大衆の血と肉の中に自然と入り込んでしまっている。そういった言葉は本人になり代わって思考し、精神のあり方まで方向づけてしまう。
 じつに言葉はごくわずかなヒ素の一服のようなものかもしれない。無意識に呑み込まれ、なんの効き目も表さないように見えはするが、しばらく時間が経つと、やはりその毒性は現われる」(ユダヤ人言語学者 クレンべラー)
 熟考せずその場の感情にまかせて発せられた言葉が、やがてホロコーストをも生み出すものとなるかも知れません。
 それ故、危うい言葉の群れに時代を支配されてはならないのです。
 およそ仏教では十悪=身口意(しんくい)の三業(さんごう)に渡る罪、すなわち、身業(殺生、偸盗、邪淫)・口業(悪口、両舌、妄語、綺語)・意業(貪欲、瞋恚、愚痴)と称される罪のうち、口に関わっての罪が最も多く説かれます。
 まさに、口は災いの元とも言われます様に、いのちの願い如来のご本願に照らされてみれば、それは決して人ごとなどではなく、我が身にも備わる無明性に深く根ざしたものと知らされます。
お念仏を称えつつ
心したいことです。


十二月の行事
1 日(日)午前10時〜伝統文化親子教室
1 日(日)日帰りバスツアー「東西本願寺の歴史と三十三間堂を尋ねて」
5 日(木)午前10時半〜ピラティス  
6 日(金)午後2時〜仏教コーラスの会 
7 日(土)午後4時〜祥月講・同朋の会 
       ご講師 専光寺 島大史師
10日(火)午後2時〜門徒女性聞法の集い
12日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会 
15日(日)午前10時〜伝統文化親子教室
15日(日)午後2時〜おみがき清掃ご奉仕
      午後4時〜 年末懇親会   
19日(木)午前10時半〜ピラティス  
31日(火)午後11時〜歳暮勤行除夜の鐘

一月の行事

7 日(火)午後3時〜囲碁教室     
14日(火)午後2時〜仏教民謡踊りの会 
19日(日)正  午〜同朋の会新年互礼会
            参加費3500円
 *同朋会年会費1000円もご納入下さい。
23日(木)午前10時半〜ピラティス
24日(金)午後2時〜仏教コーラスの会
30日(木)午前10時半〜ピラティス

*床暖房完備。
 どうぞお誘い合わせの上ご参加下さい。

posted by ansenji at 17:08| Comment(0) | 法悦

2019年10月30日

法 悦 2019年11月

法 悦 11月号 830号

 「慚 愧」

 死なれてみて

 初めて

 思い知らされる

 いかに自分が

 その人と

 本当に

 出遇えていなかったか

 ということを


青色青光

「人間死んだらしまいや。何んにも残らん、ただのゴミや。」などとうそぶく人がいます。
 身近なひとの死に会っても、そのように思える人は、ある意味、空しさに耐えることの出来る強い人なのかも知れません。
 しかし、業縁存在の凡夫の身、本当にそのように言い切れるのでしょうか?
 親鸞聖人は、「まず凡夫は、ことにおいて、つたなく、おろかなり。(中略)たとい未来の生処を弥陀の報土とおもいさだめ、ともに浄土の再会をうたがいなしと期すとも、おくれさきだつ一旦のかなしみ、まどえる凡夫として、なんぞこれなからん。(中略)おろかにつたなげにして、なげきかなしまんこと、他力往生の機に相応たるべし。」と仰せです。
 阿弥陀仏の悲願は、他ならぬ悲しみの凡夫にこそ注がれてあるのです。そのことを疑うところに、まことの安らぎはありません。
 自然(じねん)のお働き、阿弥陀仏に南無と頭の下がるとき、広大無辺の大地は、久遠の昔よりすでにして、この身を受け止め続けて下さっていたと知らされるのです。


住職日々随想

 足が治る薬が開発されたら使いますか?
に答えて、「その質問は、歩けない人は、やはりこの世にいない方がいいんだ、というご質問ですね。」 (NHKハートネットより)
 「生きることに意味があるとかないとかは、人間の尺度で決めた命でしょう。こうして存在していることの前には、意味があるとかないとかはたいした問題ではありません。」と、東大生に「そうやって生きることに何の意味があるのですか?」と問われ、ALS患者の岡部宏生さんはそう答えられました。
 金子大栄師の言葉に「一日の空過は、やがて一生の空過となる」とあります。
無為に過ごすことを戒める警句として聞かされて参りましたし、うなずけるものです。
 しかし、日々の生活に空しさを覚えることは、およそ誰れもが経験のあることです。()
 そんな私たちは、この空しさを超えるために、自らの行いに何らかの意味づけをせずにはおれないものを持っていますし、日々忙しく過ごすことで、この空しさをごまかしたりしています。
 それでもごまかしきれずに、折々に空しさに囚われるのは、それが単なる気分の問題などではなく、生き方に深く根ざした問題だからなのです。
 前出の岡部さんの言葉は、そんな私たちの常日頃の心の有り様を、鋭く指弾するもので、気分に支配される心にではなく、「我が身の事実、そのままの私に帰れ」という促しと受け取れないでしょうか。
 我が身のいのちは、思いを叶えたいという欲望の、さらにその奥深くに、一切衆生と共に、空しさを超えて、まことの世界を求めずにはおれないという「願い」を持っています。
 その深い願いに目醒めて生きていくことが、空過の人生を超えていく道であり、帰すべきところを得て、はじめて生きる主体・生き方の質が誇りうるものへと
転ぜられていくのです。


十一月の行事
3 日(日) 午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕   
7 日(木) 午前10時半〜ピラティス      
8 日(金) 午後2時〜 仏教コーラスの会   
      12日(火) 午後2時 大逮夜   
報 恩 講       午後6時 御伝鈔   
      13日(水) 午後2時 結願日中  
     ご法話 泉大津南冥寺住職 戸次公正師
          (お抹茶・お斎のご接待有ります。) 
21日(木) 午前10時半〜ピラティス           
28日(木) 午後2時〜  仏教民謡踊りの会
   
十二月の行事
1 日(日)午前10時〜 伝統文化親子教室
1 日(日)日帰りバスツアー「東西本願寺の歴史
    と三十三間堂を尋ねて」  参加費一万円
5 日(木)午前10時半〜ピラティス    77 日(土)午後4時〜 祥月講・同朋の会聞法会
          ご講師 専光寺 島大史師
6 日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会
7 日(土)午後4時〜 祥月講・同朋の会聞法会
          ご講師 専光寺 島大史師
10日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い  12日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会
15日(日)午前10時〜伝統文化親子教室
15日(日)午後2時〜 おみがき清掃ご奉仕  
      午後4時〜 年末懇親会      
19日(木)10時半ピラティス
31日(火)午後11時〜 歳暮勤行・除夜の鐘















posted by ansenji at 12:30| Comment(0) | 法悦

2019年09月29日

2019年 10月号 法悦 

法 悦 10月号 829号

「ことだま」


 ひとつの言葉で

 けんかして

 ひとつの言葉で

 仲直り

 ひとつの言葉は

 それぞれに

 ひとつの命を持っている



青色青光

 月参りなどでいろいろなお宅にお伺いいたしますが、中には聴力の衰えた方も少なからずおられます。出来るだけ滑舌良く、大きな声でお話しする様に心がけていますが、さぞかしご不自由だろうと思います。
 しかし何故か補聴器を使われない方もおられます。そんな方のお一人になぜ補聴器を使われないですかとお訊ねしましたところ、すべての音が大きくなって、かえって聞き取りづらいからとのことでした。
 人間の耳は、ただ単に音を聞くのではなく、無意識に音を聞き分けているのです。
だからこそ、騒々しいところや雑踏の中でも、会話することが出来たりするのです。
 現代社会は、マスコミやネットなども含め、膨大な量の情報が、日夜垂れ流され続けています。
 正しく聞き分ける智慧ある耳を持たないと、容易に誤った扇情的な言葉に流されてしまい、判断を誤る事になってしまいます。
 智慧ある耳は、まことの言葉、仏法聴聞によってこそ養われるのです。

住職日々随想

 人間の本性は「処罰されない」
ことが保証されている環境で、どうふるまうかによって可視化される。
「今ここでは何をしても誰にも咎められることがない」とわかった時に、人がどれほど利己的になるか、どれほど残酷になれるか、どれほど卑劣になれるか、私は経験的に知っている。そして、そういう局面でどうふるまったかを私は忘れない。それがその人間の「正味」の人間性だと思うからである。(内田 樹)
 宗教の「宗」はムネ、それは真ん真ん中、まさに私を支える大黒柱です。  
この柱が虫食いであったり、貧弱なものであったなら、わずかな外乱によって揺れ動き、時に倒壊の危機をももたらします。
その様なものに、このかけがえのない私の人生の、その重さを支える事は出来ません。
「私は宗を持たない。無宗教だ」などとうそぶく人は、ふわふわと漂い流され、人生をむなしく終えていかなければならないでしょう。
 前述の思想家、内田氏のの言葉は、常に自らを問ってくる光となる、まことの「宗」をよりどころとする人と、そうでない人とのふるまいの違いを言い当てていると思います。 仏説涅槃経にも「山川草木悉皆成仏。一切衆生悉有仏性」とあり、誰もが皆、仏性すなわち仏となる種を、深く蔵していると示されています。
 しかし、いかに優れた種があっても、そこに適切な日光や養分など、さまざまな条件(ご縁)が整わなければ、花を咲かせ、良い実をなすということはありません。
 仏法に私を問う、聞法の生活の中においてこそ種は育ち、立派に自らを支える柱となり、やがては歓喜の花を咲かせ、まことの実を結ぶものともなるのです。
仏法に遇わぬ人に成る実は、やせ細り時に腐臭を放つものとなるのでしょう。
 「腹は立ちますよ、凡夫だからね。でも如来様に根を切ってもらっているから、(腐った)実がならぬだけです。」(妙好人 物種吉兵衛)


十月の行事

6 日(日)午前10時半〜伝統文化親子教室   
8 日(火) 午後2時〜  門徒女性聞法の集い  
10日(木) 午前10時半〜ピラティス      
11日(金) 午後2時〜  仏教コーラスの会   
17日(木)午後2時〜  仏教民謡踊りの会   
19日(土)午後4時〜  祥月講同朋の会聞法会 
             ご法話 圓龍寺住職 門井 斉師
24日(木) 午前10時半〜ピラティス      
27日(日) 午前10時半〜伝統文化親子教室   

十一月の行事

3 日(日) 午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕   
7 日(木) 午前10時半〜ピラティス      
8 日(金) 午後2時〜 仏教コーラスの会   

      12日(火) 午後2時 大逮夜   
報 恩 講       午後6時 御伝鈔   
      13日(水) 午後2時 結願日中  
     ご法話 泉大津南冥寺住職 戸次公正師
          (お抹茶・お斎のご接待有ります。) 

21日(木) 午前10時半〜ピラティス           
28日(木) 午後2時〜  仏教民謡踊りの会   
*12月1日(日)日帰りバスツアー 京都市内 
posted by ansenji at 12:19| Comment(0) | 法悦