2020年09月01日

2020年9月

法 悦 9月 840号


 母去りて

 はじめて親の恩を知り

 母去りて

 いのちの重さを知り

 母去りて

 身の無力を知り

 母去りて

 はじめて人間を知る

 尊きは

 去りてはじめて

 母となりしひと

 藤元正樹

青色青光

 人はみな、失ってはじめて、
そのかけがえのなさに気付くもの
なのでしょうか?
 今年のお盆はコロナ禍のため、
大切にしたい人とこそ、より距離を取らねばならないと、ふるさとへの帰省も叶わず、淋しく過ごされた方が多くおられました。
 盆暮れにはふるさとに帰省をして墓参りをし、家族親族や、幼なじみ同士が近況を知らせあったり、旧交を温め合う、そんなことすら困難になってしまいました。
 今まで当たり前だと思ってきたことが、実は当たり前などということはなく、様々な条件がすべて整って、はじめて物事は成り立っている、という厳然たる事実を、改めて突きつけられた、ということに他なりません。
 上記の詩は、師が母君を見送られたときの思いを詠まれたもので、分かったつもりでいた事の、そのかけがえのない尊さに、亡き母が自らの死をもって気付かせて下さった。
 正に「善知識」としてのお働きを、人生の最後に果たして下さった、そのことへの深い謝念と、真実の母に遇い得た感慨が詠われているのです。
 じつに人生は「永劫の初ごと」、当たり前の事などひとつとして有りはしない、全てが因縁所生の賜物であったと頂かれるのです。

住職日々随想

 難病ALS患者の女性に対する
嘱託殺人により二人の医師が逮捕
されました。その報道を受け、
元東京都知事の作家、石原慎太郎氏
が「業病のALSに侵され、自殺のための身動きも出来ぬ女性が、尊厳死を願って相談した二人の医師が、薬を与え手助けした事で『殺害』容疑で起訴された」と事件を説明。その上で「武士道の切腹の際の苦しみを救うための、介錯の美徳も知らぬ検察の愚かしさに腹が立つ。裁判の折り、私は是非とも医師たちの弁護人として法廷に立ちたい」とSNSで発信しました。
 このあまりにも傲慢で大時代的、間違いだらけの発言に、世間の批判を浴び、謝罪撤回されましたが、実際こういった発言に、賛意を示される方が少なからずおられると推察されることは、極めて憂慮すべき事ではないでしょうか。
 まず「業病」という表現ですが、かつてハンセン病やエイズ、また水俣病などの公害病等、様々な病に対して、あたかも患者の過去の行いなどによって、難治の病を得たんだと、諦めを促すために、仏教の因果の道理が誤って用いられ、業病と差別してきた歴史があります。
 更に言えば、安易に「尊厳死」を語ることは、老病死を免れられない自身を忘れていることに他ならないのではないでしょうか?
 以前、ある僧侶の方が語って下さった事なのですが、その方がいわゆる、「いのちのホットライン」で、一人の自死念慮者の男性とやりとりするうち、ある確信を持ったと仰っていました。
 ある夜、彼がボランティアで当番をしていると、一人の男性から電話がありました。彼が「死にたいんです。」と言うので、早まらぬように諭し、様々話を聞く内に、どうにも疑問がわいてきたので、「あなたのお話を伺っていて、大変な困難を抱えて苦しんでおられる、そのことはよく分かるのですが、死にたいとは聞こえないんですが、どうなんですか?」と、件の男性にぶつけてみたところ、男性は「いえ私は死にたいんです。」と仰るので、「本当にそうですか?」と重ねて問うと、しばらくの沈黙の後、「そう仰られれば、そうかも知れません。」と…
 このやりとりの中で彼は「死にたい人は一人もいない。ただ生きることに辛さと困難を抱えておられる方はたくさんいる。だから、生きるための支援をすることこそが必要なんだ。今、支援する側の自分が、逆に、いつ支援してもらわなければならないようになるかも、分からないんだから」と、まさに「尊厳ある生」を支え合う事こそが、大切と確信したそうです。
 誰もが「我が事」として問い直すべきなのです。

坊守便り
ー盂蘭盆会のお勤めー     

今年は梅雨の集中豪雨の後は、
暑い毎日が続いています。
 危険な程の暑さで熱中症が警戒
される中、コロナウィルスの感染予防に配慮し、盂蘭盆会を勤めさせて頂きました。
 昨年までは午後から開始していたお勤めの時間を、今年は午前始まりとさせて頂き、事前にお越し頂く時間をお聞きして、程よい人数に振り分けをさせて頂きまました。
また午前や午後早々のご希望が多い事もわかり、とても参考になりました。
 お盆は休暇を取られる方も多く、旅行に出かけられる方も多い中、90歳を数えるおばあ様から生まれて1年の赤ちゃんと4世代でお参り頂き、亡き方を家族でご供養くださる一家もありました。
 ご先祖様を偲び、また新しく家族の一員となった赤ちゃんの健やかな成長を願い、生命の大切な事を、法要を通して感じて頂けたのではと、ありがたく思いました。
 この度の大屋根修復事業では、手水舎にお釈迦様の一生を石版に彫って頂いた石仏をお迎えしました お悟りを開かれた姿、涅槃に入られる姿、中央にお誕生になった姿が彫られています。
 お釈迦様がお生まれになった時に、右手で天を指し左手で大地を指して「天上天下唯我独尊」と、お唱えになった姿を誕生仏として彫らせて頂きました。
 お釈迦様のお姿は「すべて命に差別はなく、皆平等に尊い」と教えて下さいます。
 新しく誕生仏をお迎えし、いのちの大切な事をお伝えしていきたいことです。

九月の行事

3 日(木)午前10時半〜 ピラティス

秋季彼岸会 9月19日(土)
          午後2時〜  夕方6時〜 
         ご講師 専光寺 島光陽師

24日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

十月の行事

1 日(木)午前10時半〜 ピラティス

17日(土)午後4時〜
        祥月講・同朋の会聞法会
ご講師 圓龍寺 門井 斉師
22日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

*コロナ禍の終息状況によっては、行事変更もあり得ます。悪しからずご了承下さいませ。
 尚、感染予防に留意して準備をしておりますが、お越しの節はマスク等の
ご着用をお願い申し上げます。
posted by ansenji at 13:39| Comment(0) | 法悦

2020年07月31日

2020年8月

法 悦 8月号 839号

「生きてりゃいいさ」   

       作詞作曲 河島 英五

きみが悲しみに

心を閉ざしたとき

思い出してほしい歌がある

人を信じれず

眠れない夜にも

きっと忘れないでほしい

生きてりゃいいさ

生きてりゃいいさ

そうさ 生きてりゃいいのさ

喜びも悲しみも

立ちどまりはしない

めぐり めぐって行くのさ

手の掌を合わせよう

ほら温りが

君の胸に届くだろう


青色青光

 女子プロレスラーや若手俳優の
自死、ALS患者嘱託殺人など、
ショッキングな事件が続きました。
 一般的にキリスト教では、自死した者は煉獄に落ちると説かれているようですが、仏教では自死についてどの様に説いているのでしょうか?
 お釈迦様ご在世の時、仏弟子の中にも病を苦に自死された方がおられました。しかし、お釈迦様は「彼は涅槃を得た」と、述べられましたが、その善悪について説いてはおられません。
 現実問題として、大切な方に自死されたご遺族や関係者にとって「自死は悪だ」と言われると、喪失の悲しみに加え、故人が死んでも救われないのかと、二重の絶望を味わわされる事になってしまうのです。
 衆生の苦を抜く事(抜苦与楽)を目的とする仏教は、最後まで当事者の苦しみに寄り添い、生ききる手助けを尽くすことが本来の立場なのです。
 今ひとつ気をつけなければならないのは、こういった場合必ず現れる『尊厳死』について、きちんと議論すべきだという意見で、一見まっとうなことのように思われます。しかし、そこに見え隠れするのは、いのちの選別を是とする優生思想であり、老病死を避けられない私たちの誰もが、いつ何時排除される側に立たされるか分からないという事実を忘れている姿です。
 難病を患っても、行き詰まっても、生きること『尊厳ある生』を支え合える社会こそ、真に目指すべき「成熟した社会」とは言えないでしょうか?


住職日々随想

 コロナ禍が終息しかけたかに
見えた日本でも、経済活動の
再開に伴い、再び緊急事態宣言
発出時を上回る勢いで、連日感染者の増加が伝えられています。
 そのような中でありながら、GO TOキャンペーンなるものを展開し、早期に経済を回そうとする政府の対応など、この件に限らず、これまでの政策を見ても、どうにもちぐはぐで、行き当たりばったりの感がぬぐえず、この政権の危機対応能力に、不安を覚えずにはおられません。
 世界中の誰もが、当たり前のように受け止めていた日常生活、それを足下から問い直さざるを得なくなった今、宗教とりわけ仏教は、この世界的危難に対して何をなし得るのか、一仏教者として、自問せずにはおれぬ日々を過ごしています。
 しかし全般的な状況はさておき、一番気がかりなことは、長引く自粛生活と、ソーシャルディスタンス保持の必要から、人と人との間柄が疎遠になり、孤立感を深める人が確実に増えていることです。
 先日も久しぶりに月参りに伺ったお宅で、ほぼ2ヶ月半、誰ともまともに会話をすることがなかったと、涙ながらに語られるご婦人の、寂しく鬱屈した思いをお聞きして、連日の過剰なまでに恐怖をあおるテレビ報道の在り方に、大いに疑問をいだかされました。 
 また、コロナウイルスに感染された方や、感染者の発生した店舗等、更には感染者の治療に当たっておられる、医療従事者の方々までもが、非難され差別されるという現実にも愕然とさせられます。
 先日もあるお宅で「看護師をしている知人が、保育所から、『他の保護者が怖がっているので、お宅のお子さんの登園は遠慮して欲しい』と言われ、致し方なく仕事を辞めた」と聞かされ、実際そのようなひどい話のあることを知らされました。
 共同体を守るためとはいいながら、突き詰めれば「おのれ善ければ全てよし」の凡夫の自性(じしょう)が、差別偏見を生んでいることに気付かされます。
 浄土は「怨親平等・倶会一処(おんしんびょうどう・くえいっしょ)」の世界、親しき者も憎しみあう者も、共にひとつところで出遇う世界。
 それぞれが凡夫の身そのままで、浄土の光を身に受けて、我が身の浅ましい身の事実に、頭の下がったところに初めて開かれる、広大無辺な世界を願う、そのお心を如来より賜り続けながら、お念仏の確かな大道を歩ませて頂きたいことです。

坊守便り

大屋根修復事業ご報告 
 昨年から進めていました大屋根瓦
の吹き替えが完了し、その後木材の朽ちていました山門の手摺の修復、門扉木材の欠損直し、黒ずみのあく取り、本堂下屋根の修復、壁の塗り替え、ライトアップ設置工事と順に完了しました。塗装仕上げでは垂木の白い塗りが際立ち、飾り金具も新瓦となった大屋根の美しさを引き立てています。
 今年に入り阿弥陀様もお煤払いをして、お衣を覆っていた黒い汚れもとれました。この際に、テレビにもたびたび取り上げられた職人さんとのご縁を頂き只今は本堂正面上方の欄間とその周囲の梁、梁と桁にかかる荷重を柱にかけ屋根を支える斗供や彫り物の煤払いと木材のあく取りにかかっています。梁の汚れは長年気になっていました。今回のような機会がなければ汚れを取り除くのは難しい事でした。
 欄間は阿弥陀様と同じろうそくの煙をまとい黒くなった部分を落として頂きます。また、今回ははげてしまっている金箔の置き直しと彩色、金具の洗い、塗りの磨きもして頂きます、
 日頃よりお寺を気にかけてくださるご門徒様方のご助力により、一つ一つ修復が完成してゆきます。安泉寺を皆様と共に次代に引き継いでゆく事が出来て嬉しいことです。
 若い方、子供達にも喜んで頂ける事を念じています。


八月の行事

6 日(木)午前10時半〜 ピラティス

7 日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

9 日(日)午後1時〜おみがき清掃ご奉仕

 盂蘭盆会
14日(金)午前11時・午後1・3時・夕方7時
15日(土)午前11時〜 午後1時〜

*今回コロナウイルスの感染予防の観点から 右記の計6座、かつ密にならないよう、ご 参詣人数等を当寺にて調整させていただき、改めましてご案内をご送付申し上げます。

27日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

九月の行事

3 日(木)午前10時半〜 ピラティス

 秋季彼岸会

9月19日(土)午後2時〜 夕方6時〜 
       ご講師 専光寺 島光陽師

24日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

*コロナ禍の終息状況によっては行事変更もあり得ます。
 悪しからずご了承下さいませ。



















posted by ansenji at 23:48| Comment(0) | 法悦

2020年06月30日

2020年7月 

法 悦 七月号 838号


 ひとは

 生まれや育ちによって

 賤(いや)しい

 尊いが

 決まるのではない

 ひとは

 その行いによって

 賤しい

 尊いが

 決まるのである


   原始仏典「スッタニパータ―」より
                (要約) 
       
青色青光

 アメリカで発生した白人警察官に
よる黒人青年の殺害事件を機に、アメリカ国内はもちろんのこと、全世界的に反差別のデモが燎原の火のように広がっています。
 今回の事件は、今なお続く、有色人種、殊に黒人に対する人種差別の根深さが、改めて露わになったことに加え、人がまさに殺害される現場がリアルタイムで、SNS動画やニュース映像を通じ、世界中に発信されただけに、その衝撃と影響力は想像を絶するものでした。
 随分以前になりますが、福岡人権研究所の園田久子氏が、大学で教鞭を執っておられたとき、新入学生に対する最初の講義でいつも「人間はいじめもするし、差別もするし、殺しもするよ。」と、投げかけられたそうです。
 もちろん、そういうことは、してはいけないことと教えられてきた学生の中には、泣いて抗議をする人もあったそうですが、人間の心の中に潜む罪業性に向き合って欲しいと、厳しい姿勢で臨んでおられたそうです。
 翻って、お釈迦様はカースト制度という、生まれや血筋によって、明確に人間が階層化されていた二六〇〇年前のインドに於いて、すでに、人間は普遍的に平等な存在であり、その尊卑は、行いによってのみ決まるのだと、人間本来のいのちの平等性を説かれました
 そう、仏教は過去の教えなどではなく、現代の私たちに対する批判原理でもあるのです。

住職日々随想                  

 最近、ご葬儀の折り、病院における
新型コロナウイルスの感染予防の措置により、家族や親族を病床に見舞うことが叶わず、満足な別れが出来ずに見送ってしまったと、悲しく悔しい思いをしておられる方のお声を、聞かせていただくことが続けてありました。
 かく言う私も、親しい先輩の奥様のお見舞いに行けず、見送ってしまったことが、未だに悔やまれてなりません。
 しかし、よくよく考えてみますと、凡夫の身勝手な思い通りになどならぬのが娑婆世界、まさに「堪忍土」と言われるこの世の厳しい事実なのです。
 九十歳で還浄された親鸞聖人の最晩年のお手紙に「なによりも、こぞことし、老少男女おおくのひとびとのしに(死に)あいて候うらんことこそ、あわれにそうらえ。ただし、生死(しょうじ)無常のことわり、くわしく如来のときおかせおわしましてそうろううえは、おどろきおぼしめすべからずそうろう。まず、善信(親鸞聖人の坊号)が身には、臨終の善悪をばもうさず、信心決定(けつじょう)のひとは、うたがいなければ、正定聚に住すること(再び苦界である娑婆世界に退転することなく)にて候うなり。さればこそ、愚痴無智のひともおわりもめでたく候え。如来の御はからいにて往生するよし、ひとびともうされ候いける、すこしもたがわず候う(間違いの無いこと)なり。」
 親鸞聖人の晩年にも疫病が蔓延して、次々と老いも若きもなくなっていかれました、そのさまに驚きを禁じ得なかったからこそ、「生者必滅、会者定離」のことわりは、すでにしてお釈迦様が懇切にお説き下さっていたことではないか、と、誰かに対してではなく、ご自身に対して、説き聞かせておられたに違いないと思うのです。
 ならばこそ、いかんともしがたい事実は、凡夫の身で引き受けることの叶わぬことなのだから、阿弥陀仏の「えらばず、きらわず、みすてない」その大慈大悲のまことに南無し、おまかせする、そこにこそ、臨終という極限の所で、いかなる最後を迎えようとも、能力や、生き様、死に様の善し悪しにもたじろがない、確かな往生浄土の大道が開かれるのだと、また、あらためて念を浄土に懸ける歩みを続けて参りたいことです。

坊守便り
ー安泉寺の活動をSNSでも発信しますー
  
携帯電話・スマートホンでは、映した写真を取り込み、ライン・フェイスブック・ツィッター・インスタグラムといった交流サイトに情報をあげていくことが出来ます。
 日頃お顔を会わせてお付き合いをし、連絡先を交換している方々以外の、どなたにでもご覧頂く事が出来ます
 従来は電話番号を広くお知らせして、何かありましたら、ご連絡くださいと言った方法でした。ですが、SNSで発信しますと、ボタン一つで安泉寺の活動を写真や動画を通してご覧いただく事ができます。
 コロナ禍で、お家時間が増える中、私の携帯電話も若い人のよく使うモバイルに変更しました。そして、お寺も専用のモバイルホンで発信しようかということになりました。
 これまでも、坊守個人の窓口から、安泉寺の各種行事や女性会・同朋の会の皆さんと出かけた、南御堂や東本願寺の行事参加の様子などを、フェイスブックで知り合いの方々に見て頂いていました。これからは、もっと多くの方にお伝え出来るかとおもいます。
 この事は若院からの提案です。何かと腰の重い私ですが、若院が毎日法務に伺う中、多くの皆様が、たいがいラインを使われていることを感じて、携帯端末を使って、もっと皆様にお寺の活動を身近に感じていただきたいと思うことです。

七月の行事

11日(土)午後4時〜 祥月講・同朋の会
            ご講師 念仏寺 土井紀明師

16日(木)午前10時半〜 ピラティス

17日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

30日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

八月の行事

6 日(木)午前10時半〜 ピラティス

7 日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

9 日(日)午後1時〜おみがき清掃ご奉仕

 盂蘭盆会
14日(金)午後1時・3時〜 夕方7時〜
15日(土)午前10時〜 午後1時〜
       本年より右記の計五座です。
詳細につきましては、改めてご案内申し上げます。

27日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

*七月八月の諸行事は、新型コロナ
ウイルスの感染終息の状況を見ながら、
行ってまいります。
引き続き感染予防にご留意の上、
ぜひ、ご参加下さいませ。 

posted by ansenji at 18:52| Comment(0) | 法悦