2019年03月30日

2019年 4月号 法悦 823号

   

 花を奉る        石牟礼道子

春風萌(きざ)すといえども  
われら人類の劫塵(ごうじん)
いまや累(かさ)なりて 三界いわん方なく昏(くら)し
まなこを沈めてわずかに日々を忍ぶに
なにに誘(いざな)わるるにや
虚空はるかに 一連の花 
まさに咲(ひら)かんとするを聴く
ひとひらの花弁 彼方に身じろぐを
まぼろしの如く視(み)れば
常(とこ)世(よ)なる仄(ほの)明りを 花その懐に抱けり
常世の仄明りとは
あかつきの蓮沼にゆるる蕾(つぼみ)のごとくして
世々の悲願をあらわせり
かの一輪を拝受して
寄る辺なき今日(こんにち)の魂に奉らんとす
花や何
ひとそれぞれの涙のしずくに洗われて 
咲きいずるなり
花やまた何
亡き人を偲ぶよすがを探さんとするに
声に出(いだ)せぬ胸底の想いあり
そをとりて花となし み灯りにせんとや願う
灯らんとして 消ゆる言の葉といえども
いずれ冥土の風の中にて
おのおのひとりゆくときの
花あかりなるを
この世のえにしといい 無縁ともいう
その境界にありて ただ夢のごとくなるも  花
かえりみれば まなうらにあるものたちの御形(おんかたち)
かりそめの姿なれども おろそかならず
ゆえにわれら この空しきを礼拝す
然(しか)して空しとは云わず
現世はいよいよ地獄とやいわん
虚無とやいわん
ただ滅亡の世せまるを待つのみか
ここにおいて われらなお
地上にひらく一輪の花の力を念じて 
合掌す

               二〇一一年四月
              大震災の翌月に

                       
住職日々随想
 第二次世界大戦の敗戦国はドイツ、ハンガリー、ルーマニア、フィンランドなど、(あまり知られていませんが、イタリアは大戦終結の一カ月前に日本に戦線布告をし、戦勝国に連なっています。)数多くの国や地域がありますが、ほとんどの国が戦後処理を済ませ、相対した国々とも和解をしています。
 ところが我が国では、周辺国に対する国家間の賠償こそなされてはいますが、未だ民事上の戦後処理が十分ではなく、周辺国とのギクシャクとした関係が続いていますし、何より日米地位協定に見られる、まさに米軍占領下にあるかのような、不平等な関係からも脱却できずにいます。
 よく例として取り上げられるのが、ドイツと日本の違いです。
 ドイツは日本と同じ敗戦国でありながら、周辺地域との和解を進め、現在では欧州における指導的な地位まで獲得しています。
 一方の日本は周辺国との間で、虐殺の犠牲者の数などを巡って、未だに論争を繰り返していますが、ドイツでは、資料が焼かれはっきりしない犠牲者の数ではなく、ナチスがホロコーストで大勢の方々を虐殺した、という事実をこそ、事の本質と受け止め、ユダヤ人社会と和解することを優先してきました。
 加えて戦争で被害を与えた国々と「教科書会議」を設立し、長年、ナチス時代に関する記述について、双方の国民が納得できる内容を確認する作業を、長年続けてきました。
そういったたゆまぬ努力によって、米国との地位協定も改善され、駐留米軍もドイツ国内法を遵守する義務があるという、独立国としての当たり前の姿を取り戻しています。
 ところが我が国ではどうでしょう。戦後七〇年を過ぎても米国との地位協定は改善の兆しすらなく、まるで属国のような状態から脱してはいません。
 犯してしまった過ちを過ちとして認める勇気を持てず、見たくないものは見ない、見ないものはないことにしてしまう。そういう意識の積み重ねによって、歴史的事実までもがねじ曲げられ、被害を与えた国々からの本当の信頼は得られてはいません。
 戦後民主主義が米国によってもたらされたもので、日本人自らが思考し勝ち取ったものではないからなのか、理由は様々考えられますが、はっきり言えることは真の自立無くして、本当に和解することも連帯することも出来ないということです。
 四月八日は花祭り。お釈迦様はお生まれになってすぐに七歩歩かれ、天地を指さして「天上天下唯我独尊、我れ世において無上尊となるべし」と獅子吼されました。天地は喜びに満ちあふれ、妙なる音楽が流れ、花びらが舞い、甘露の雨が降ったと伝承されています。
 お釈迦様は私がこの世で一番偉いのだ、などと仰ったのではなく、「今ここに誕生したこの私の命というものは、何者とも比べる必要のない尊いものであり、それは誰にとっても変わらない普遍の真理である」と、差別と暴力が、当たり前のように
渦巻くこの世界に、求めるべき世界を示さ
れたと言えないでしょうか。
まさに命の独立宣言であり、真実の連帯を
開く真理と、尊まねばなりません。


四月の行事

9 日(火)午後2時〜 囲碁教室

12日(金)午後2時〜 門徒女性聞法の集い

18日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会
                          
20日(土)午前九時半〜 桜祭り参加

20日(土)午後4時〜 祥月講・同朋の会聞法会
       ご法話 武庫川念仏寺 土井紀明師

23日(火)午後2時〜 仏教コーラスの会

25日(木)午前10時半〜 ピラティス 

五月の行事

2 日(木)午前10時半〜ピラティス

7 日(火)午後2時〜 囲碁教室

10日(金)午後2時〜 門徒女性聞法の集い

11日(土)午前9時〜12時 大阪校区同朋大会
                   ご講師 真城 義麿師

16日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

18日(土)午後4時〜 祥月講・同朋の会聞法会
          ご法話 円明寺 島 章師  
23日(木)午前10時半〜ピラティス

*本堂大屋根瓦葺き替えのため、門徒会館1階が仮御堂となっております。 

posted by ansenji at 22:32| Comment(0) | 法悦

2019年03月02日

2019年3月

      法 悦 3月号 822号



  みほとけのまなざし




 誰れもがチョボチョボ



 誰れもが平凡



 でも



 誰れもがスペシャル



 大事なひとり子




青色青光    信心かぞえ唄


一つには一切皆苦のこの世まで、神や仏に願掛けて、意のまま気ままに過ごしたい、そんな我が身を知らなんだ、知らなんだ知らなんだ

 二つには、お札やお守りぶら下げて勝手な願い叶えてと、長生き祈るその間にも、死にゆく命と知らなんだ、知らなんだ知らなんだ

 三つには、皆さん病気は治るよと、他人には言うて勧むれど、我が身の風邪さえ治らんと、ほんに今まで知らなんだ、知らなんだ知らなんだ

 四つには、欲の心もみな消えて、静まり返った心こそ、それがほんとのお悟りとは、ほんに今まで知らなんだ、知らなんだ知らなんだ

 五つには、いつも一人じゃなかったと、「お陰様よ」と手の合うた、拝むその身のそのままが、真の仏と知らなんだ、知らなんだ知らなんだ

 知らぬ昔は、いざ知らねども知らせてもろうた今日からは、これではならん!これではならんの思いより手の合うた、拝む姿のそのままが、真の仏と知らなんだ、
知らなんだ知らなんだ


住職日々随想

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が、父親による虐待暴行で亡くなるという、痛ましい事件が発生、関わった両親が逮捕されました。
 児童相談所どうしの連携や、教育委員会の対応の問題など、様々な要因が重なり、結果、、小さな命を守ることが出来ませんでした。
 しかし見落としてならないのは、我が子を守るべき親が、暴力をエスカレートさせてしまうその心の弱さ、自身を守る為なら我が子さえ見捨ててしまう弱さにこそ、本当の問題の根があるように思われます。
 自らの弱さを認め、きちんと向き合う事においてしか、問題根絶の方途はないと言えるでしょう。
 私たちの住むこの社会には、ひとは強くあらねばならない。賢くあらねばならない。善き人たらねばならない、という観念が抜き難く有ります。
 しかし、現実問題として、解ってはいても、弱音や愚痴はこぼれます。過ちを繰り返してはならないと思いながらも、つい同じ過ちを犯す事もあります。人に後ろ指されないようにと思ってはいても、罪を犯してしまう事すらあります。まさに凡夫。
 本当に必要なのは、そういう凡夫の弱さをそのままさらけ出すことができ、受け止めてもらえる、そんな社会ではないでしょうか。
 その事を深く考えさせられるお話しが伝わっています。
  福岡博多の聖福寺は、日本最初の禅寺と伝えられています。
 このお寺の住職に仙豪`凡(1750〜1837)という方がおられました。
西の一休とも称され、仙高ウん仙高ウんと地元では親しまれ、その学徳人格においても、広く愛されていました。
 この仙高ウん、美濃国(岐阜県)の貧しい農家の五男坊として生まれ、十一歳で口減らしの為、地元の清泰寺に入寺し、師より義凡の名を与えられました。
 以後、厳しい修行と数年の雲水生活を経て、四十歳の時に月船門下の兄弟子、太室玄昭の推挙により聖福寺に、第百二十三世住職に就任しました。
 住職となって後も自身の厳しい修行も怠らず、後進の育成にも尽力されました。
 仙高ウんは禅画にも独自の境地を開き、ほのぼのとした中にも、禅の心を巧みに表した絵を多く描きました。
 その仙高ウん、いよいよ臨終という死の床にあって、参集した弟子に「和尚様、最期に遺偈(ゆいげ)を賜りとう存じます」と乞われ「死にとうない、死にとうない」と、蚊の泣くような声で言ったところ、 その言葉に驚き慌てた弟子が、「今一言、今一言!」と重ねて乞うと、
 「ほんまに、ほんまに」
と、言い遺して亡くなられたと伝えられています。
 多くの人は、高徳の禅僧にあるまじき臨終と揶揄しますが…、そうでしょうか?
 私見ですが、み仏は弱音を吐こうが、愚痴をこぼそうが、それこそ罵倒しようが、必ず受け止め迎えて下さる、という深い信頼が、仙高ウんにあったればこそ、と頂くべきではないでしょうか。
 まさに、阿弥陀仏のお救いは、そのままなりの私をこそ救う大慈大悲、と受け止める真宗の救済と、禅のお悟りと違わぬものと伺われるのです。


三月の行事

5 日(火)午後1時半〜  囲碁教室

7  日(木)午前10時半〜 ピラティス

8 日(金)午後2時〜   仏教コーラスの会

10日(日)午後1時〜   おみがき清掃ご奉仕

14日(木)午後2時〜   仏教民謡踊りの会

16日(土)午後2時・6時 春季彼岸永代経法要
        ご法話 伊勢道淨寺 酒井正夫師

28日(木)〜29日(金) 
    中部ブロック門徒聞法のつどい一泊研修会
                                福井・松任方面


四月の行事

4 日(木)午前10時半〜ピラティス

5 日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

9 日(火)午後2時〜 囲碁教室

18日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会
                          
20日(土)午後4時〜 祥月講・同朋の会聞法会

23日(火)午後2時〜 仏教コーラスの会

25日(木)午前10時半〜 ピラティス 


*四月の門徒女性聞法の集いは未定です。

*本堂内全てイス席、床暖房完備、どなた様もお気軽に

posted by ansenji at 18:26| Comment(0) | 法悦

2019年01月31日

二月 法悦

      821号

慶(よろこ)ばしいかな

心(しん)を弘誓(ぐぜい)の

仏地(ぶつじ)に樹(た)て、

念(ねん)を難思(なんじ)の法海(ほうかい)に流す。

深く如来の矜哀(こうあい)を知りて、

良(まこと)に師教(しきょう)の恩厚(おんこう)を仰(あお)ぐ。

慶喜(きょうき)いよいよ至(いた)り、

至孝(しこう)いよいよ重(おも)し。

 まことによろこばしいことである。
 心を本願の大地にうちたて、
 思いを如来不可思議の大海に流す。
 深く如来の慈悲のお心を知り、
 師のご恩のまことに厚きを仰ぐ。
 身に余るほどの喜びはいよいよ増し
 敬いの思いはますます深まっていく。
                  教行信証 化身土 末巻

 如来は我れなり。されど我れは如来にあらず。
 如来、我れとなりて、我れを救いたもう。
                      曽我量深
青色青光    課題と問題

 私たちは誰もが切実に自身の居場所を求めています。
 居場所と言いましても、単なる場所のことだけではありません。時にそれは自分の地位や立ち位置、もっと言えば、自身の存在の根拠、生きる場とも言い換えることができるかと思います。
 それ故、どこにも自分の居場所がないということほど悲しく、つらいことはありません。
 心を弘誓の仏地に樹てるとは、私の計らいという、偏狭な自我関心を立場とするのではなく、選ばず嫌わず見捨てないという如来の誓いのまことを、自身の依るべき所と頂くことです。
 そして、念を難思の法海に流すとは、私の自我関心の思い(念)を、海のように広やかで差別なき如来の願心に帰入することで、みほとけのお心と一味になるということです。
 身近なことで言えば「老い」の現実に直面した時、それを問題とするのか、それとも与えられた課題とするのかで大きく異なってきます。
「老いは問題ではない。課題である。」 とは、哲学者、鷲田清一さんのお言葉ですが、老いを問題と捉えればアンチエイジングに躍起になるなど、問題解決が第一になって、老い病み死すべき身であるという事実から目を背けることになり、ついには我が身の居場所さえ、失う事になってしまいます。
 しかし老いを課題と捉えれば、それはむしろ、あらがうべきものでなく、伴いながら生きるもの、という立場が、自ずと得られるのです。
 私の身にまでいたりとどいた如来のまことが、私の依って立つべき場となって、ありのままの我が身を、そのまま引き受けるまことの居場所が、自然に与えられるのです。

住職日々随想

 世にくせごと(道理に合わないこと)のおこりそうらいしかば、それにつけても、念仏をふかくたのみて、世のいのり(わが身の安穏を祈るという狭いものではなく、世の中安穏なれ、仏法広まれと、いう深い願い、志願)にこころをいれて、もうしあわせたまうべしとぞおぼえそうろう
           親鸞聖人 ご消息(広本)

 一体なぜこんなことになってしまったのでしょうか?
 名だたる企業がデータの改ざんや隠蔽など、存立そのものをも危うくするような不正に手を染め、加えて、それを監視すべき行政官庁も、決済文書の書き換えや、基幹統計の捏造などなど、今や官民挙げて、至るところで不正がまかり通っています。
 さらに政府は政府で、「沖縄県民に寄り添います」などと言いながら、これ以上の米軍基地は要らないという県民の意思を無視して、自然豊かな辺野古の海を破壊し、土砂を投入し続けています。
 そういった有り様を日々見せつけられるにつけ、なにかもうモラルの底が抜けてしまったかのようで、今まで私たちが大切に受け継ぎ、誇りとしてきたはずの、正直さや公正さといった徳性が、目の前の利害損得に、いともたやすく踏みにじられ、葬り去られようとしています。
 まるで羞恥し慚愧する心まで失ってしまったかのようで、いきどおりを通り越して、虚しさすら覚えるほどです。
 しかしこれはよくよく考えてみますと、今の時代に急に始まったことなどではなく、人類の歴史とともにあった深い闇、と言えるかと思います。
 そんな世をいたむ心が志願となって、真実のみ教えを求め続けてきたのです。
 聖徳太子はこの国を治める根本の理念として、仏教を据えられ、権力を行使する者の守るべき規範として十七条の憲法を制定されました。その第二に「篤(あつ)く三宝(さんぼう)を敬え。三宝とは仏と法と僧となり、則(すなわ)ち四生(ししょう)の終帰(しゅうき)、万国の極宗(ごくしゅう)なり。何(いず)れの世、何れの人かこの法を貴ばざる。ひと尤(はなは)だ悪(あ)しきもの鮮(すく)なし、能(よ)く教うれば従う。それ三宝に帰せずんば、何をもってか枉(まが)れるを直(ただ)さん。」と、真実のみ教えたる仏教に依ってのみしか、誤り多き凡夫を正しい道に歩ましめる事は出来ないと説いておられます。
 そしてそれは我執を離れがたい自力の心に依ってではなく、如来のまことを頂く他力の念仏に
依る他ない事を、親鸞聖人は明らかに
されました。

二月の行事

5 日(火)午後1時半〜  囲碁教室

7 日(木)午前10時半〜 ピラティス

9 日(土)午後6時〜    地域講話・懇談会
  ロンドンパラリンピック セイリング日本代表
                西山 克哉さん
16日(土)午後4時〜  祥月講同朋の会聞法会
                 法話 住 職
21日(木)午前10時半〜 ピラティス

24日(日)午後1時〜 生野区仏教会70周年記念講演と映画のつどい 
            於、生野区民センター 
28日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

*二月の門徒女性聞法のつどいは、祥月講同朋の会聞法会に代えさせて頂きます。

三月の行事

5 日(火)午後1時半〜  囲碁教室

7  日(木)午前10時半〜 ピラティス

8 日(金)午後2時〜   仏教コーラスの会

14日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

16日(土)午後2時・6時 春季彼岸永代経法要
        ご法話 伊勢道淨寺 酒井正夫師

28日(木)〜29日(金) 
    中部ブロック門徒聞法のつどい一泊研修会
                                福井・松任方面

*本堂内全てイス席、床暖房完備、どなた様もお気軽に

タグ:法 悦
posted by ansenji at 22:42| Comment(0) | 法悦