2017年07月26日

8月住職日々随想


 夏の楽しみの一つにNHKラジオ第一放送の「夏休み子ども科学電話相談」があり、時間が許せば聴取するようにしています。
 先日も、深海に住む提灯アンコウの驚くべき生態が紹介されていました。
 提灯アンコウのオスはメスの一〇分の一ぐらいと小さく、目はなく嗅覚だけで捕食をするそうです。
運良く同種のメスと遭遇すると、その皮膚に鋭い歯で食いつき離れなくなります。
そして、オスはメスの血液を吸い栄養にしますが、やがてメスの身体に細胞レベルまで同化し、精巣だけを残して、脳も内臓も消滅してしまい、完全にメスの皮膚の一部になります。
 こうすることで、メスはいつでも産卵することが出来るようになるそうです。
 何とも残酷な話ですが、厳しい環境の中で子孫を残すため、生き物たちは全知全能を傾けてがんばっているのです。
 こういった話を、動物や植物、昆虫や天文など、それぞれの分野の専門家の先生方が、子ども達の質問に、子ども達に分かるよう、苦心惨憺しながら解説していかれます。
 最近、外来種の害虫とされているヒアリが発見され、大きな問題になっていますが、その駆除のために、在来の多くの蟻たちもが、巻き添えで駆除されてしまっているそうです。
 そこで思い出しますのは、何年か前に放送されたこの番組で「台所に蟻が出て、お母さんが困っています。どうしたらよいでしょう?」という子どもの問いに、普通ならば「蟻の通り道をふさぎましょう」とか、「餌になるものを置かないようにしましょう」と答えるところですが、このときの先生は「足を下ろすときには、気をつけて下ろしてください。」と、蟻を踏みつぶさないようにと、アドバイスされ、小さな生き物に対する愛情が感じられ、ほほえましく思うとともに、こういう教育こそが、本物の豊かな感性を育むのだなと、いたく感心させられたことです。
 およそ仏教では、キリスト教のように、人間は万物の霊長、神の代理人として人間のみが、この世を統べる優れた存在なのだ、などとは言わず、「一切衆生悉有仏性」と、全ての生きとし生けるものには仏の種が宿る、その中むしろ人間のみが生き方に迷い、その迷い故に、実は最も劣った存在なのだと言われます。
 しかし又、迷いあればこそ、道を求める心も深く、仏に最も近い存在なのだ、とも教えられるのです。
 西洋キリスト教的価値観が、ある意味行き詰まり、今日の地球温暖化などの環境問題や、宗教・民族対立などの遠因となっている、との認識の広まる中、智慧の宗教たる仏教に、世界中の期待が集まりつつあるのです。
8月の行事

2 日(水)午前10時半 ピラティス

6 日(日)午後1時 おみがき 清掃奉仕

10日(木)午後2時 仏教民謡踊りの会

14日(月)盂蘭盆会法要
15日(火)両日とも午後1時・3時・7時半
                の、計六座
*読み上げご希望のご法名書き出してお持ち下 さい。お世話方の皆様が浄書して下さいます。

九月の行事

6 日(水)午前10時半 ピラティス

8 日(金)午後2時 仏教コーラスの会

16日(土)午後2時・夕方6時
      秋季彼岸会永代経法要
ご法話 阿倍野即応寺ご住職 藤井 善隆師

27日(水)午後2時 仏教民謡踊りの会  

*八月九月の門徒女性聞法の集いは、盂蘭盆会、 彼岸会が有りますのでお休みです。
*どなた様もお気軽に、本堂内冷房完備、全て イス席です。
posted by ansenji at 20:16| Comment(0) | 住職日々随想