2020年12月30日

2021年1月 

法悦 1月 第844号

新年明けましておめでとうございます。
        本年もよろしくお願い申し上げます。


つもった雪   金子みすゞ

上の雪


さむかろな。


つめたい月がさしていて。


下の雪


重かろな。


何百人ものせていて。


中の雪


さみしかろな。


空も地面(じべた)もみえないで。

青色青光
 今年は新型コロナウィルスの
出現に始まり、新型コロナウィ
ルスの世界的大流行に暮れた一年でした。
 そのような年の瀬、北日本各地から豪雪の知らせが届きます。
 彼の地に暮らす人々には、温暖な気候の大阪に居ては、想像もつかないような多くのご苦労のある事が偲ばれます。
 冬の最初に降った雪が根雪となり、その上にいく層にも雪が降り積もります。
 その雪のように、それぞれの所に、喜びも有りますが、又それぞれに苦があります。
 上にいる者には風雨を直接受ける苦が有り、底辺にいるものには、全体の重さに押さえつけられる苦があり、中のものには地に足つかず、見上げても陽のささない孤独があります。
 みすゞの抱えるにっちもさっちもいかない状況が、人間存在の等しく抱え持つ孤独を際立たせ、本来の居場所を見出せない悲しみとなって「さみしかろ」という言葉となってあふれ出たのでしょう。
 かねてから女遊びが止まらず、嫌がらせをしてくる夫に、性病まで移され、絶望し苦しんだあげく、若くして命を絶ったみすゞ。
 絶望が深いからこそ、逆に彼女には、いのちすべてを慈しみ悲しむ慈悲の心、まさに如来の願海からの呼びかけが、いつも響いていたのに違いありません。

住職日々随想
 仏教の説く救いとは何でしょう?
それを現代的に翻訳すれば、それ
ぞれに「居場所」が与えられる事、
と言っても良いのではないかと思います。 
 人間の苦しみ悲しみの本質を突き詰めると、「私はここにいて良いの?この世界に私の居場所はあるの?」という問いに行き着くのではないでしょうか?
 仏教では我々の心の有り様を「所求(しょぐ)」と「情願(じょうがん)」の二重底になっていると説きます。
 「所求」というのは、あれをしたい、これをしたい、あれが欲しい、これが欲しいという日常的な欲望のことで、所求がすべて満たされた世界を「天上界」と言います。
 天上界は理想の世界のように思われますが、これも迷いの六道のひとつ、すべてに満たされた世界にも、必ず喜びが失せ、色あせる「天人の五衰」と呼ばれる時が来ると教えます。
 その中でも第五の衰えは「不楽本居(ふらくほんきょ)」と言い、自身の居場所を楽しみ喜ぶ心を失った状態を言います。
 現代の我々は、自分の今の在り方が喜べない、自分の今あるところが楽しめない、いわば「退屈」ということです。
 退屈というと言葉は軽いように思われますが、言い換えれば「所在=居場所がない」という事。
「所在がない」ということは、私がここに生きているという事に、周りと何の関係も見いだせないと言う事で、じつに人間にとってこれほど辛い事はないのではないでしょうか。
 私たちは、自分の思い、煩悩が満たされることをいつも願っていますが、その更に底、最も深い存在の底に、私の「いのちの願い」とも言うべきものが在ります。
その「いのちの願い」を仏教では「情願」と言いますが、じつにそれは如来からの呼びかけに他ならないのです。
 この事を善導大師は「帰去来(いざいなん)、他郷には停(とど)まるべからず、仏に従いて本家に帰せよ。本国に還りぬれば、一切の行願、自然(じねん)に成ず。」また別のところでは、「帰去来(いざいなん)、魔郷には停まるべからず」と、我々が生活しているその世界は、よそよそしい他郷・魔郷である、いのちの願いの世界こそ汝の居場所である、仏願に順じ、仏のみ名を称え、いのちの願いの世界にともに帰らん、と。
 「所求」を満たすのではなく、「情願」を満足させるということに人生の方向が転換されるとき、真の意味で生きること
の喜びが得られ、本当の居場所が
与えられると説くのです。
 わたしの「本当の願い」は何でしょう?

坊守便り
ー地域と共にー    
 この度、地区民生委員会から
長年携わった節目として表彰状を
をいただきました。
春の総会で頂く予定でしたが今年は
コロナウィルス感染が拡大し、いつ非常事態宣言が出されるかわからない状況でしたので、延期となっていました。
 賞状と盾には令和二年と記されている為、なんとか今年中にと、手渡しにて頂きました。 初めて定例会に参加した時には、先輩の皆さん方が、積極的に、このボランティア事業に取り組んでおられる姿に感心致しました。
 昨今は一人暮らしの方が増えているため、特に夏になると、熱中症になっておられないか、安否の確認をして、見守りにも気を配りつつ行っています。
 児童委員はまだ歴史の浅いお役ですが、昨今の児童虐待のニュ-スなどを見聞きし、改めて、重要なお役であると感じています。
 この秋には二つの研修に参加致しました。「高齢者の認知症について」と『多文化との共生』です。
 今年の多文化共生の研修では、ベトナム友好協会の皆さんより、ベトナムのお菓子とお茶をいただきました。
そしてグル-プ学習では、日本語を話せない外国人の方々には、易しい日本語で話すことが必要であると学びました。
 地域の方がたと、様々な場面で交流でき、ありがたい事だと思っています。

一月の行事
 
28日(木)午前10時半〜ピラティス
  午後2時〜仏教民謡踊りの会
二月の行事

4 日(木)午前10時半〜ピラティス

20日(土)午後4時〜
        祥月講・同朋の会聞法会
        講師未定
  
28日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

*今年は新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑 み、感染予防の観点より、まことに残念ながら 一月の新年互礼会は行いません。
*コロナ禍の状況に依りましては
 急な行事変更もあり得ます。
 尚、感染予防に留意して準備し
 ておりますが、お越しの節は
 マスク等のご着用を宜しく
 お願い申し上げます。
posted by ansenji at 16:48| Comment(0) | 法悦

2020年12月05日

2020年12月

法 悦 12月号 843号
  蓮(はす)と鶏(にわとり)
          金子みすゞ
 泥のなかから

 蓮が咲く。

 それをするのは

 蓮じゃない。

 卵のなかから

 鶏(とり)がでる。

 それをするのは

 鶏じゃない。

 それに私は

 気がついた。

 それも私の

 せいじゃない。

青色青光
 親鸞聖人の晩年のお手紙をまとめられた「末燈鈔」に
「自然法爾釈(じねんほうにしゃく)」と言われる一文があります。
 「自然(じねん)というは、もとよりしからしむるということばなり。
弥陀仏の御ちかいの、もとより行者のはからいにあらずして、
南無阿弥陀仏とたのませたまいて、むかえんとはからわせたまいたるによりて、
行者のよからんとも、あしからんともおもわぬを、自然とはもうすぞとききて候。
誓いのようは無上仏にならしめんと誓いたまえるなり…」と、
阿弥陀様はそのままなりの貴方を救うと誓っておられる、ただ我ら凡夫は、
この絶対他力のお働きに、仏恩報謝の念仏を申してお応えするだけで良い、
と了解はするのですが…
 私たちは誰もみな、自身の存在がより確かなものとなるようにと、
その意味を求めずにはおられません。
 しかし自身の存在そのものに、意味などというものはそもそもない、
そういう、自力我執のこころが求め、自力我執のこころが納得するような意味などは、
元より有りはしない、と明らかに知らされるのです。
 そして、そう知らされたところこそが、我が身の落居すべきところ、
私の生ききることのできる場と、深くうなずかれるのです。

住職日々随想
 作家の桐野夏生氏が「今の世の中、真剣に怒っている人と、ニヤニヤ
している人に分けられる。」と世相を分析しておられます。
 実際、自国第一主義を公然と標榜する各国の指導者たちのもと、
世界中に圧倒的な経済格差が生じ、至るところで差別分断が進んでいます。
そのような二極化する社会の中、怒りをもって抗議の声を上げておられる方々と、
それを冷笑する人々とに、明確に分かれてしまっているのが、まさに現実ではないでしょうか?
 ずいぶん以前、中学生の社会科の授業の時、「名誉白人」と言う、不思議な言葉を
教わったことがありました。
少し説明をさせていただきますと、オーストラリアに於いては、白人至上主義に基ずく
差別政策が、建国以来ずっと取り続けられていましたが、1970年代頃から、
日本が国力を充実させていくなか、日本人だけは有色人種の中でも、
差別する対象から除外すべしと「名誉白人」と言う呼称が与えられました。
 そのように特別視されることを喜ぶ人もいたようですが、中学生の私は、
強烈な違和感を感じさせられた事を未だに記憶しています。
 なぜこんなことを思い出したかと申しますと、衆議院議員の杉田水脈氏が、
「女性はいくらでも嘘がつける」と、性暴力について学ぶ自由民主党内の学修会に於いて、
そのように発言した、との報道を知ったからです。
 そういう発言に対し、少なからぬ議員の方々から、冷笑的に喝采を送るような反応が見られた、
ということも情けないことです。
 また、本来女性の人権を守り、差別に対して物申していくべき立場にある女性議員
でありながら、生産性の有無で人間を差別したり、今回のように、男性優位社会におもねって、
自ら貶めるような発言を繰り返す、そんな彼女をして、「名誉男性」と持ち上げ
「擁護?」する向きもある事に、思わず絶句してしまいます。
 男性優位社会の無言の圧力から、女性蔑視を自ら内在化してしまい、
「名誉男性」とされる彼女のような振る舞いは、かえって痛々しく感じられます。
 お釈迦様は2500年前の昔から、「人は生まれ育ちによって卑しい尊いが決まるのではない。
人はその行いによって卑しい尊いが決まるのだ」と、
人間の中に本質的に抜き難く存在する、差別する心にしっかり眼を開き、自ら問い続ける
ことを教えられました。
 そのような、まさに愚かにして拙い凡夫である我々は、又、如来によって悲しまれている存在
に他なりません。
 いつの時代にあっても、仏法に我が身を聞いていくことが、いかに大切なことであるか、
改めて深く思わされることです。

坊守便り
ーコロナ禍での報恩講ー
 今年も報恩講を勤めさせて頂きました。法要に先立って、
おみがき大掃除を、同朋の会の皆さんにご奉仕頂きました。
この場にて、お礼申し上げます。誠にありがとうございました。
 全国的にコロナ感染が増えてまいりました。安泉寺では、報恩講法要の作法に従い
「初日午後お逮夜、2日目ご満座」両日で一昼夜の法要を、例年行ってまいりましたが、
今年は12日のみの一日勤めとさせて頂きました。
 夜のお座には百目蝋燭の灯りの下に行う「御伝鈔」拝読を休詣を短くして行いました。
「御伝鈔」は巻物に収められた親鸞聖人のご生涯を厳かに拝読するもので、
住職とお世話方のご門徒さんが息を合わせてお作法を行い、参詣の方々の間近で拝読し、
聖人の御遺徳を偲ぶの報恩講のみに行われるものです。
 短縮した形ではあっても、長い歴史の中で勤め続けられて参りました報恩講を、
今年も滞りなく勤めさせて頂けたと、感慨深く思うことです。
 お斎はお持ち帰りいただけますよう、大豆と刻み昆布を混ぜた豆ごはんを取り寄せました。
大阪の昔懐かしい豆ごはんです。例年ですと、女性部の皆さんの手作りの
盛りだくさんのお斎ですが、今年は作る事、ご一緒にいただく事が叶いませんでした。
ご法話とご法話の間にお斎を頂きながら、聴聞した事を共に確かめ合う、
欠くことの出来ない、法要の大切なひとときなのです。
 コロナ禍が一日も早く終息し、また皆さんと共に仏法の味わいを語り合いたいことです。

十二月の行事
3 日(木)午前10時半〜 ピラティス

12日(土)午後2時〜 祥月講・同朋の会
      ご講師円明寺住職 島 章師

31日(木)午後11時〜 歳暮勤行
             除夜の鐘
一月の行事

1月28日(木)午前10時半〜ピラティス
  午後2時〜仏教民謡踊りの会

*今年は新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、感染予防の観点より、
まことに残念ながら 年末のおみがき懇親会・一月の新年互礼会は行いません。
*コロナ禍の状況に依りましては、急な行事変更 もあり得ます。尚、感染予防に留意
 して準備しておりますが、お越しの 節はマスク等のご着用をお願い 申し上げます。
posted by ansenji at 23:26| Comment(0) | 法悦