2014年07月27日

8月住職日々随想

 住職日々随想

 梅雨明けと共に朝から蝉の声が賑やかです。七年もの間、
土の中で過ごし、わずか一週間のいのちを継ぐ営みのため、
声の限り呼び交わしている様は、いじらしくさえあります。
まさにいのちの響きです。
 昔ある高僧が、お弟子方と方丈に居られたとき、夕べの
梵鐘が打ち出されました。じっとその音に耳を傾けていた
和尚、「今、鐘を打った者は誰か」とのご下問、
「最近入った小僧でございます。」と弟子の答えに
「ちょっと連れておいで」とのお言葉。
 何ぞお叱りがあるに違いないと、かしこまって引き出さ
れた小僧に「今どんな気持ちで鐘を撞いたんや」とのお言葉。
「はい、私をこのお寺に連れて来るときに母が、お寺に上が
ったら、慣れない生活につらいこともあるかもしれん。けど
何をするにも心を込めて精進せなあかんよ。いずれ鐘を打つ
ことも有るやろうけれども、その鐘の響きに、心癒やされる
人もいてはる。ときには、もう身投げでもしようかと思うて
はる人が、はっと思い止まらはることもあるかもしれん。
せやから心込めて打たなあかんよ、と諭された言葉を思い出し
ながら打ちました」と、 
 それをお聞きになった和尚「やっぱりそうか」と大いに
お褒めになったということです。
 響流十方(こうるじっぽう)、阿弥陀仏の正覚の大音、
いのちの響きは、お念仏となって、十方に響き渡ります。

8月の行事
・8月3日(日)午後1時より  おみがき清掃ご奉仕
・8月14日(木)15日(金) 午後1時・3時・7時半                                (計六座) 盂蘭盆会法要
 読み上げご希望のご法名をお持ち下さい。お世話方の
  ご奉仕により、浄書致します。
・8月25日(月) 午後2時より 仏教コーラスの会
本田秀美先生を迎え、装い新に再開致しました。初めての
方も体験入会(無料)出来ますので、ぜひご参加下さい。
・8月28日(木)夕方     南御堂盆踊り大会参加

9月の行事
・9月9日 (火)午後2時〜 門徒女性聞法のつどい
・9月20日(土)午後2時・6時 秋季彼岸永代経
       (お斎接待有り)
ご講師 阿倍野 即応寺 藤井善骼t
・9月22日(月)午後2時〜  仏教コーラスの会
・9月25日(木)午後2時〜  仏教民踊踊りの会 
*本堂内、全て椅子席、冷暖房も完備しております。
 どなた様も気軽にお越し下さい。


お知らせ 本年6月より当寺坊守、猪甘雅美が大阪教区
(大阪府・奈良県・和歌山県・兵庫県の一部)六四三ヶ寺
で組織する坊守会の会長職を仰せつかりました。
有縁の皆様には、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
posted by ansenji at 16:04| Comment(0) | 住職日々随想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: