2016年10月24日

11月住職日々随想

 生ましめんかな            
                    栗原 貞子

こわれたビルディングの地下室の夜だった。
原子爆弾の負傷者たちは
ローソク一本ない地下室を
うずめて、いっぱいだった。
生ぐさい血のにおい、死臭。
汗くさい人いきれ、うめきごえ

その中から不思議な声が聞こえて来た。
「赤ん坊がうまれる」と言うのだ。
この地獄の底のような地下室で
今、若い女が産気づいているのだ。

マッチ一本ないくらがりで
どうしたらいいのだろう
人々は自分の痛みを忘れて気づかった。
と、「私が産婆です。私が生ませましょう」
と言ったのは
さっきまでうめいていた重傷者だ。

かくてくらがりの地獄の底で
新しい生命は生まれた。
かくてあかつきを待たず
産婆は血まみれのまま死んだ。

生ましめんかな

生ましめんかな

己が命捨つとも

 住職日々随想
KAROSHIと表記すれば、諸外国でも通じるほど、国際的に認知されるようになってしまった過労死や、過労に起因する自殺。現代日本社会の抱える大きな問題です。
 キリスト教文化圏では、アダムとイブが神の楽園を追放されるとき、女性には出産という罰を与え、男性には労働という罰を与えたと言われています。
 一方、仏教にその心を育まれてきた日本では、出産も労働も与えられた罰とはとらえず、むしろそこに自己実現の喜びを見出してきたのです。
 しかし、グローバル資本主義の極度に進んだ今日、すべては市場経済の中で値踏みされ、以前なら評価されたコツコツと働く事すら、より安価に出来るなら、そちらに乗り換え、ばっさりと切り捨てられる、ということが珍しくもなくなってしまいました。
 そのような厳しい環境の中で生き残るため、市場価値としての自分の「売り」は何なのか?と、そのままの自分を認められたいという欲求を切り捨てて、市場価値のありそうな自身の一部分を、がむしゃらに肥大化させ、切り売りしていく。その先に、ある限界値を超えると、自己破壊してしまい、最悪の場合、過労死や過労自殺を招いてしまう。そういう構図になってしまっているのではないでしょうか?
 本来どのような人も、人はそこに居ることを認められてこそ、つらいことや苦しいことも、喜びの糧にしていく力が与えられてきたはずです。
 そもそも、共同体が共同体として存在するということは、何かの目的に合致するものだけが、その存在を許されるのではなく、都合の善し悪しを超えて、共のあるということが、共同体の実際なのではないでしょうか。
 われわれにとっての本来の国、真実の共同体といわれる「浄土」を願い求め、明らかにしていく歩みが、一人一人の現場で、今こそ始まらなければならないのです。 
十一月の行事

6 日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕

  報 恩 講
 12日(土)午後2時〜 大逮夜       
       夕方6時〜 御伝鈔(宗祖御一代記)拝読

 13日(日)午後2時〜 結願日中      
        ご法話 泉大津 南溟寺 戸次公正師
        (お抹茶・お斎のご接待有ります。)

17日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

28日(月)午後2時〜 仏教コーラスの会

十二月の行事

3 日(土)午後4時〜 祥月講・同朋の会聞法会
        ご法話 武庫川 念仏寺 土井紀明師

12日(月)午後2時〜 仏教コーラスの会

13日(火)午後2時〜 門徒女性聞法のつどい
              和讃に学ぶ 21   

15日(金)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

23日(祝)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕
年末懇親会

*十一月の門徒女性聞法の集いはお休みです。
*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様もお気軽に。
posted by ansenji at 22:24| Comment(0) | 住職日々随想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: