2013年05月03日

住職日々随想

1983年「原発推進の講演会」…石川県羽咋郡志賀町にて
高木孝一敦賀市長の演説より
「まぁそんなわけで短大は建つわ、高校はできるわ、
50億円で運動公園はできるわねぇ。火葬場はボツボツ
私も年になってきたから、これも今、あの金で計画
いたしておる、といったようなことで、そりゃあもう
全く棚ぼた式のまちづくりができるんじゃなかろうかと、
そういうことで私は皆さんに(原発を)お勧めしたい。
これは(私は)信念をもっとる、信念を!その代わりに
100年たって片輪(*注)が生まれてくるやら、50年後に
生まれた子供が全部、片輪(*注)になるやら、それは
わかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では
おやりになった方が良いのではなかろうか… 。こういう
ふうに思っております。どうもありがとうございました。」
                  {会場に大拍手}
(*文中、不適切な表現がございますが、当時の発言の
  正確を期し、そのままに記載いたしました。)

 親鸞聖人は教行信証に涅槃経の『「慙」は人に羞ず、
「愧」は天に羞ず。これを「慙愧」と名づく。「無慙愧」
は名づけて「人」とせず、名づけて「畜生」とす。』の
文を引いておられますが、人はややもすれば、目先の利益
でいともたやすく人間を失ってしまうものなのでしょう。
同朋大学の菱木政晴師は「念仏は批判原理である」
と教えて下さっていますが、私たちの内面の奥深く、
念仏をいただき続けるところにこそ、畜生道に転落する
危機を乗り越える、人間の生活が開かれてくるのではない
でしょうか。


5月の行事

6日(祝)午後2時
仏教コーラスの会
12日(日)午後1時
生野区民センターにて
生野区仏教徒大会
15日(水)午後2時
第五組門徒会研修会
ご講師 旭川別院輪番
澤田 秀丸師
18日(土)午後4時
      祥月講・同朋の会聞法会
      ご講師 昭徳寺 山口 知丈師
22日(水)午後5時〜7時
      第五組研修会
    ご講師 富山教区 圓常寺 柴田秀昭師
23日(木)午後2時
     仏教民踊踊りの会
28日(火)午後2時
     門徒女性聞法のつどい 歎異抄14章

6月の行事

11日(火)午後2時
     門徒女性聞法のつどい 
15日(土)午後4時
     祥月講・同朋の会聞法会
     講師 未定
27日(木)午後2時
     仏教民踊踊りの会
 * 仏教コーラスの会の会は未定です。
posted by ansenji at 00:05| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: