2020年03月02日

2020年3月


法 悦 3月号 834号

  胸の泉に         塔 和子

 かかわらなければ

 この愛しさを知るすべはなかった

 この親しさは湧かなかった(略)

 人はかかわることから

 さまざまな思いを知る(略)

 ああ 何億の人がいようとも

 かかわらなければ

 路傍の人

 私の胸の泉に

 枯葉いちまいも

 落としてはくれない
     
青色青光
前記の詩は十四歳でハンセン病
(らい病)を発病、十年後には完治していたにもかかわらず、国の政策によってその後も隔離され続け、満八十三歳で療養所内において亡くなられた、元ハンセン病患者で、詩の世界の最高峰「高見順賞」を受賞された、塔和子(本名、井土ヤツ子)さんの詩です。
 ハンセン病はすでに完治可能な病であるにもかかわらず、その後遺症が身体の欠損などの形で表層的に残ってしまう事が多いということや、神道のケガレの思想、また仏教の「業の思想(為した行為のその結果は、自ら引き受けていかなければならない)」という、思想を誤って、ただあきらめを促す「運命論」として受け止めた事などにより「業病」「忌まわしい血筋の病」と、たたりのように恐れられてきました。
それは、現在も完全には払拭されていません。
 結果、家族は勿論、親戚縁者まで、身内の発症は秘され、患者の存在すらもひた隠しにしてきました。
 歴史は繰り返しませんが韻を踏みます。そうさせない為にも、本名を捨て、故郷さえも捨てさせられた元患者の方々の人間回復が果たされなければ、無関心に過ごしてきた私たちの人間回復の道も閉ざされてしまうのです。住職日々随想         


住職日々随想
 中国の武漢で発生した新型のコロナ
ウイルスが世界中に拡散しつつあります。
 我が国でも二月下旬の時点で、感染経路不明な死亡例を含む患者が発生し、もはや水際対策の有効な時期は過ぎ、蔓延期に入ってしまったと、連日報じられています。
 対応するワクチンも無く、そのメカニズムも明確になっていない未知の病に対する恐れは、私たちの日常にも暗い影を落とし、経済的損失も含め、様々な活動の阻害要因になってしまっています。
 何とか蔓延を食い止め、万一感染しても治癒できるよう、一日も早い治療法の確立が待たれます。
 そんな中、今回の事で改めて思い起こされますのは、病と患者に対する偏見差別の歴史です。
 近くはHIVや梅毒、さらには水俣病やイタイイタイ病、極めつけは人類の歴史とともにあり続けたハンセン病(らい病)などが、まさに偏見差別の対象になってきました。
 わけてもハンセン病は、病気そのものの苦しみもさることながら、患者本人やその家族親族も含めて、厳しい偏見差別にさらされるという、二重三重の悲劇をもたらしました。
 明治政府は、西洋諸国から、らい病に犯された人々を治療救済もせず、放置していると非難されたことを国辱とし、国内五カ所に療養所を開設してその収容に当たりましたが、逃亡する者が後を絶たないことや、富国強兵の国家方針に合わないとして、昭和四年「らい予防法」を制定、さらには戦時下の「祖国浄化」を掲げる「無らい県運動」の流れを受けて、らい病患者の強制収容を推進しました。
 戦後、特効薬のプロミンなどによって、らい病は完治する病となり、療養所内のらい病は撲滅されました。
 しかし、長い歴史の中ですり込まれた偏見差別は根強く、戦後、昭和二十八年になって改正された「らい予防法」でも、隔離政策は維持され続け、平成八年になってようやく廃止、平成十三年には「らい予防法違憲国家賠償訴訟」に於いて被害者が全面勝訴しました。
 そして、昨年には元患者家族を救済するための、国家賠償も行われることになりました。
 真実の浄土とは、本当のものを知りうる智慧によって、本当のものが見えてくる世界のこと。「不都合なものを排除して浄化された世界」は、真実の浄土などではありません。
私たちが真に願うべきは「真実の浄土」です。

三月の行事

5 日(木)午前10時半〜ピラティス

10日(火)午後2時〜門徒女性聞法の集い

13日(金)午後2時〜仏教コーラスの会

17日(火)午後3時〜囲碁教室

19日(木)午前10時半〜ピラティス

21日(土)午後2時・6時
      春季彼岸会永代経法要
   ご講師 伊勢 道浄寺 酒井正夫氏 
26日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

四月の行事

9 日(木)午前10時半〜ピラティス

10日(金)午後2時〜仏教コーラスの会

12日(日)午後1時〜おみがき清掃ご奉仕

14日(火)午後3時〜囲碁教室

19日(日)午後1時〜
      本堂大屋根ご修復奉告法要
            祝賀の集い
23日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

30日(木)午前10時半〜ピラティス


続きを読む
posted by ansenji at 23:43| Comment(0) | なんでも質問箱

2017年12月24日

住職日々随想

2018年 1月 
 年の瀬には、1年を振り返り、反省とともに、新しい年に向けての思いを深くいたします。
 そのような中、昨年とても気になりましたのは、モラルハザード(この国のモラル遵守精神の危機的な劣化)と言うことです。
 魯迅の随感録に「暴君の臣民らは、ひたすら暴政が他人の頭上に振るわれることを願い、自らはそれを見物してよろこび、”残酷”を娯楽とし、”他人の苦しみ”を賞玩物とし、慰安する。」と、本来の意味での個人の自立がなければ、ひとは不寛容になり、他者の苦しみに対するいたわりの心も失い、挙句には残虐さをむき出しにするようになる。
当然そこには真の連帯などあり得ないと述べています。
 米国でのトランプ政権の誕生、テロ等準備罪(共謀罪)処罰法の成立、森友・加計学園疑惑などなど、そこで展開されているのは、剥き出しの国家エゴと、あからさまな虚偽をも押し通す、理不尽な権力者達の醜態です。
だからなのか、本来そうだったのか、議論の分かれるところではありますが、神戸製鋼を始め、日本の戦後の発展を牽引してきた、名だたる大企業の不正も、次々と明らかにされました。
朝鮮人民共和国(北朝鮮)の核ミサイルの脅威とも相まって、この国は、世界は大丈夫なのか、と不安が募ります。
本来社会は相互信頼の原則によって成り立っています。
通貨も国に対する信頼があってこそ、その価値を維持していますが、その根幹である信頼が揺らげば、経済そのものが破綻することすらあり得るのです。
ましてや、国家間の信頼関係も、ネットをはじめとする、様々なメディアを通じてなされる、一部の煽情的なポピュリストの言動などにより、容易に瓦解する危険性を秘めています。
こういった危機を回避する為に、何が必要かと問われれば、まず一人一人の国民の自覚的覚醒が肝要が考えられます。
 仏教は自分として執着すべきものなどは何ものも無く、そこにあるのは相互の関係性(縁)しかないのだと考えます。
 まさに縁こそが、ひとを成り立たしめる大地であり、その結び目の中で刻々と変化し続ける主体、それこそが自分なのだ、と自覚するところに、はじめて柔軟でまっとうな判断を下していく、広やかな視界が生まれるのです。
今、この危機的な世界状況を、真に切り開いていけるものは、仏教の智慧に他ならないと思いを新たにするところです。

 今年も宜しくお願い申し上げます。

一月の行事

10日(水)午前10時半 ピラティス

11日(木)午後2時〜  仏教民謡踊りの会

12日(金)午後2時〜  仏教コーラスの会 
21日(日)正  午〜  安泉寺新年互礼会 

二月の行事

13日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃28 
14日(水)午前10時半 ピラティス

17日(土)午後4時〜  祥月講同朋の会
   講師未定

22日(木)午後2時〜  仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜  仏教コーラスの会

*一月の門徒女性聞法の集いはお休みです。

*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様もお気軽に。
posted by ansenji at 23:01| Comment(0) | なんでも質問箱

2016年07月31日

8月住職日々随想

 住職日々随想
 世界各地でテロや紛争が頻発しています。我々日本人も安倍総理が、明確に反IS(イスラム国)を宣言してから、テロの脅威から無縁ではいられなくなりました。
 また英国が国民投票の結果EUから離脱し、孤立化に舵を切った事も、驚きをもって世界中に報じられました。
 片やアメリカでは、人種対立の再燃や、銃犯罪の増加、トランプ現象に見られるような排外的ポピュリズムに、アメリカの民主主義そのものが揺らいでいます。
そして、このような動きは日本でも例外ではありません。自民党改憲草案に見られるような、極めて反動的な方向に憲法を変えよう、議論の結論が出るまでに時間のかかる民主主義を捨て、政府の意向が即座に法制化できるようにしよう、とする現代版独裁の動きが着々と進行しています。
一つの事柄だけを捕まえて結論づけることはできませんが、言えることは、新自由主義に基づく資本の自由な移動によって、世界的に格差が拡大し、国民国家の枠組みが根本から揺らいでいるということです。
結果、もたらされた不平等に人々の不満は益々増大し、世界はより不安定なってきています。
 大乗仏教が常に問うてきたのは、まさにこの「国」の問題なのです。いかなる国土を願うのか、阿弥陀仏は、因位の法蔵菩薩として、四十八のご本願をおたてになりましたが、その第一は、無三悪趣の願「私が建立する国土に、地獄・餓鬼・畜生の三悪趣があれば誓って仏にはなりません」というものです。
 地獄とは、まさに他を抹殺してでも我欲を満たそうとする心、餓鬼とは限りない貪りの心、そして畜生とは慚愧なき心を言うのですが、それは決して他人ごとなどではあり得ない、わが身の浅ましき姿そのものです。いま我々は真に願うべき国土を見失ってはいないでしょうか?

八月の行事

7 日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕

  盂蘭盆会法要
  14日(日) 
      両日とも  午後1時・3時・夕方7時半 
  15日(月)              (計六座)
*読み上げご希望の御法名を書き出してお持ち下さい。
 お世話方ご奉仕にて、経木に浄書していただきます。

21日(日)午後2時半〜東本願寺参拝と嵐山鵜飼い見物 
23日(火)午後2時〜 門徒女性聞法のつどい
  浄土和讃に聞く 19
25日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

29日(月)午後2時〜 仏教コーラスの会

九月の行事

12日(月)午後2時〜 仏教コーラスの会

15日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

17日(土)午後2時・午後6時 秋季彼岸永代経
            仏教コーラス発表会
             お斉接待あります。
 ご法話 阿倍野 即応寺  藤井善隆師

*九月の門徒女性聞法のつどいはお休みです。
*本堂内すべて椅子席、冷房完備、どなた様もお気軽に。
posted by ansenji at 23:58| Comment(0) | なんでも質問箱