2018年02月26日

3月 住職日々随想


 今年の二月一日、スーパー・ブルー・ブラッドムーンとも言われる皆既月食が、世界の至るところで観測されました。
この珍しい天文ショーをご覧になった方も多かったことでしょう。
 そこで思い出されますのは、法然上人の詠まれた「月影の至らぬ里はなけれども ながむるひとの心にぞすむ(月の光は全ての里を照らして、隔てはないが、それを眺めた人の心には宿るけれども、眺めない人の心には宿らない)」
の歌です。
ここで謳われる月の光とは、阿弥陀仏の無限のお慈悲のおたとえで、それは一切衆生に分け隔てなく注がれてあるけれども、それを仰ぎ求める人の心には届くけれども、残念ながら仰がぬ人の心には届かない、というお心と伺います。
 しばしば仏教では、月の光は、優しく密やかに降り注がれる、控えめな働きが仏の慈悲に、日の光は、真実を明らかにする強い働きが仏の智慧にたとえられます。
 お釈迦様ご在世の昔、マガダ国の王舎城において、父王を殺害し、母を軟禁した罪の報いに、心身に死に至る病を得、苦しむアジャセ王の為に、お釈迦様が涅槃に入ることをとどめて、月愛三昧(がつあいざんまい)という、深く静かな瞑想に入られ、その御身より清涼で静かな光を発せられて、王宮のアジャセ王の苦しみを癒やし、固く閉ざされた王の心を開いたと、涅槃経にあるように、仏の寄り添いのお慈悲が、月の清涼な光にたとえられているのです。
 では、その仏の慈悲の光を仰ぐ人とは、一体どういう人なのでしょうか?
 心の闇を痛み悲しむ人は、切に光を仰ぎ求めますが、自身の心の闇の深さにすら気づかない人は、仰ぐことも求めることもいたしません。
親鸞聖人は晩年に作られた「愚禿悲嘆述懐和讃(ぐとくひたんじゅっかいわさん)」に、
 無慚無愧のこの身にて
まことの心はなけれども
弥陀の回向のみ名なれば
功徳は十方に満ちたもう と、詠われ
 また、歎異抄には「いづれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」と、述懐されているように、阿弥陀仏の無限のお慈悲に照らされて、はじめて自身の心の闇の底知れぬ深さを知らされ、また、その闇深き凡夫をそのままに、救い取って捨てじという、仏の大慈悲に、自身の闇の底を打って、はじめて遇い得た、その感動を述べておられます。
 それは、躍り上がるような喜びではないけれども、命のそこからわき上がる、月の光のような深く静かな、しかし揺るぎない確信なのだと知らされるのです。

三月の行事
1 日(木)午前10時半〜 ピラティス

4 日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕

15日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

24日(土)午後2時・午後6時
春季彼岸会永代経法要
ご講師  石川県 妙徳寺住職
        芳原 里詩師
*三月の門徒女性聞法のつどいは、彼岸会法要が
 有りますのでお休みです。

四月の行事
5 日(木)午前10時半〜 ピラティス

24日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
               浄土和讃29

26日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

*仏教コーラスの会は未定です。
*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様も お気軽に。
posted by ansenji at 00:11| Comment(0) | 住職日々随想

2018年01月26日

2月住職日々随想

 二〇一八(平成三〇)年の元日の朝、この国全体が生産活動を休んでいるからか、晴れ渡った空はとても青く澄んで、眩しいほどでした。
それを見上げながら、日頃私たちが目にする空が、いかに晴れた空であっても、実は濁った大気のベール越しのものだったのだと気付かされ、見ているようで実は見えていなかったんだと、改めて知らされました。
 私たち真宗門徒が、日頃慣れ親しんでいるお聖教の中に「末代無智の」の御文が有ります。
この御文に限らず、お聖教はいずれもそうですが、自分事としてきちんと読んでみると、誠に深く考えさせられる、智慧の光に満ち溢れています。
 短く平易な言葉で綴られたこの御文の冒頭の「無智」という事ですが、よく門徒物知らず、門徒は何にも知らなくてもいい気楽なもんや、などと思っている方が結構おられるようです。
しかし、門徒物知らずとは真宗門徒は物忌みをしない。いわゆる迷信俗信の類には囚われず、ただお念仏ひとつと、むしろ物忌みしない事を、誇りとしてきたということの謂であり、深くお聖教に親しんできた歴史がその事からもうかがい知れるのです。
 そして今ひとつ、無智という事をわが身に照らし味わってみますと、清沢満之が「知らざるを知らずとなせ、これ知れるなり」とお示し下さったお言葉にも重なってまいります。
 誰れに限らず、私たちのものを見るまなこには、道の右側から見れば真ん中あたりは左に見え、道の左側から見れば、真ん中あたりは右に見えるというように、どうしても偏りが生まれます。
親鸞聖人も「親鸞も偏頗(へんぱ)あると聞きそうらえば…」と、なんびとも凡夫は偏りなく見るまなこは持たないと、自覚のお言葉を述べておられます。
 私たちのものを見るまなこには避けがたく偏りがあり、わかったつもりでいる事にも、どうしても未知の部分が残るという自覚に立った、謙虚な姿勢が大切な事と知れるのです。
よく「あなたのことはわかっているよ」などと言う事がありますが、仮に愛情から発した言葉であったとしても、そこには支配の論理が隠されています。
 そうではなく、夫婦親子兄弟というような親密な間柄であったとしても、自分以外の他者の心の中には、絶対に理解し得ないものがあると、他者に対して敬意を持つという事は、その自覚に立って相対することに他ならないのです。

二月の行事
27日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃28
14日(水)午前10時半 ピラティス

17日(土)午後4時〜  祥月講同朋の会
      武庫川 念仏寺住職 土井紀明師
22日(木)午後2時〜  仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜  仏教コーラスの会

27日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃28
三月の行事
4 日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕

15日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜仏教コーラスの会

24日(土)午後2時・午後6時
春季彼岸会永代経法要
ご講師  石川県 妙徳寺住職
        芳原 里詩師
*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様もお気軽に。
*3月の門徒女性聞法のつどいはお休みです。
posted by ansenji at 10:04| Comment(0) | 住職日々随想

2017年11月26日

12月住職日々随想

住職日々随想
「生きる意味がわからない」
これは、社会に大きな衝撃をもたらした、座間市の自殺念慮者男女九人連続殺人・死体損壊事件を引き起こした犯人が、父親にもらしたと言われる言葉です。
 もちろん、自身の生きる意味がわからないからといって、短絡的に人を傷つけたり、命を奪ったりすることが、許されるはずもありません。
しかし、よくよく考えてみますと、意味の喪失から生まれた深い絶望が、時に人格を破壊し、狂気に陥らせるほどの負のエネルギーを持っていることを、我々はこの事件によって、改めて知らされたのではないでしょうか。
 今ひとつ気づかされた大きな問題は、何故このような未来ある若い人たちが、自死するしかないとの思いにとらわれ、このような事件に巻き込まれてしまうのかということです。
 これは「命のホットライン」のような、自殺念慮者と関わるボランティア活動に携わっている方が語って下さったことで、一人の自殺念慮男性とのやり取りの中で、確信に至ったというのですが…「死にたい人など本当は一人もいない。ただ生きるのがつらい、困難だ、もう死ぬしか解決の道はないのではないか、と思い詰める人はいる。だから本当に必要なのは生きる為の支援なんだ。今、支援する私が、何時、支援してもらわないといけなくなるか判からない。相互の支援が大切なんだ。」と。
 実に人間はこの世に生まれて、生きる意味を求めずにはおれない存在ですし、それ故、意味を見出し得ない虚しさと、向き合わずには、生きていけない宿命を負う者でもあるのです。
 明治を代表する仏者、清沢満之も「自己とはなんぞや、是れ人生の根本的問題なり。」と、生涯かけて出遇っていくべきものが、私という存在なんだと表しておられます。
 ならば座禅でも組んで内観すれば、いつか見出せるのか?と、問われても、それは我々凡夫には、そう容易なものではないでしょう。
 私の内面をいくら掘り下げても、本当の自己には出遇えません。むしろ様々な関係性の中で、他者に投影する私、そして、その私を映し出す鏡としての仏法に、私を尋ねていかなければ、この時々刻々と変化し続ける、自己との出遇いを果たすことなど、ありえないことなのです。
 仏法は私が立ち上がり、歩み出す時、初めて「仏道」として開かれ、先人たちの苦難の足跡もそこに見出されてくるのです。
 親鸞聖人はその主著、教行信証の最後に、安楽集の文を引かれ「真言を採り集めて、往益を助修せしむ。何となれば、前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え、連続無窮にして、願わくは休止せざらしめんと欲す。無辺の生死海を尽くさんがためのゆえなり」と、表白しておられるのです。

十二月の行事

2 日(土)午後4時〜 祥月講・同朋の会
    ご法話 専光寺若院 島 大史師
3 日(日) 日帰りバスツアー 
       鷺の森別院・根来寺・九度山
12日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
               浄土和讃28
14日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会 

15日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

17日(日)午後2時〜 おみがき清掃ご奉仕
                年末懇親会
31日(日)夜11時半〜歳暮勤行・除夜の鐘

一 月の行事

11日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

12日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会 

21日(日)正  午〜 安泉寺新年互礼会 

*一月の門徒女性聞法の集いはお休みです。。
*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、
 どなた様 もお気軽に。
posted by ansenji at 14:31| Comment(0) | 住職日々随想