2017年05月06日

5月住職日々随想

住職日々随想

  不 運
                宇野 正一
 生きるのぞみがありません
 私たちは 死にます
 ごめんなさい お母さん と
 ふたりの少女が鉄道自殺をした
        (はつ秋の日に) 
 それは 彼女たちが 十七歳の
 今日まで
 人身受け難し と
 一言の ただひとことの
 であいがなかった 
 不運であった
    
過去十年以上三万人を超えていた一年間の自死者は、経済の持ち直しや、様々な自死対策などの効果もあり、2.003年の34.427人をピークに、昨年は21.894人まで減少した、と厚生労働省より発表されました。
 もちろん一人の自死者も出さない方が望ましい事は言うまでも有りませんが、遺された方々の悲しみと、行き場のないやり切れなさを思いますと、この傾向が続いてくれることを祈らずには居られません。
 ところがそんな中にありながらも、まことに残念な事に、子どもの自死者は、あいもかわらず年間300人前後で推移しています。
未来ある子ども達が、生きる希望を失ってしまう事は、何とも痛ましい限りで、私たち大人の責任は重いと言わざるを得ません。
仏教の願いとするところは、何よりも、この生き難い人生を、生き抜く勇気を賜わることに他ならないと思います。
数多ある衆生の中、人間と生まれることは、ただ事でない、まさに「人身受け難し」万に一つの奇跡にも等しい事と教えられます。
だからと言って、楽で楽しくての当然か、と問われれば、否と答えざるを得ません。
 じつに「生きることは苦である。」これは仏陀が最初に明かされた真理で、楽をしようとすればするほど思い叶わず、苦は一層深まります。しかし、かけ続けられた深い願いと、誰にも代わってもらうことの出来ない、この身の尊さに目覚め、わが身を深く信ずる信を賜る時、我れひと共に生きる道は、必ず開かれてくるのです。
 作家、五木寛之さんは『大河の一滴』の中で、「私たちは、人生は明るく楽しいものだと最初から思い込んでいる。それを用意してくれるのが社会だと考えている。しかし、それはちがう。
シェークスピアの『リア王』の登場人物がつぶやくように、『人は泣きながら生まれてくるのだ。』と述べておられます。
 まさに、全ての人に、ありのままの身の事実への目覚めが求められているのです。

五月の行事

9 日(火)午後2時 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃24
10日(水)午前10時半 ピラティス

20日(土)午前10時 大阪教区同朋大会

25日(木)午後2時  仏教民謡踊りの会

26日(月)午後2時  仏教コーラスの会

*第3土曜日の祥月講同朋の会は、教区同朋大会参加に振り替えになります。

六月の行事
13日(火)午後2時 門徒女性門法の集い
浄土和讃25
14日(水)午前10時半 ピラティス

16日(金)午後2時  仏教コーラスの会

17日(土)午後4時 祥月講同朋の会聞法会
           専光寺 島 洸陽師
29日(木)午後2時  仏教民謡踊りの会


*どなた様もお気軽に、
 本堂内全てイス席です
posted by ansenji at 16:24| Comment(0) | 住職日々随想

2017年03月27日

4月 住職日々随想

認知症1300万人時代のシルバー川柳
 
・本性が 出るというから ボケられぬ
・ボケもよい 昨日のけんか もう忘れ
・こんにちは 思い出せずに さようなら
・徘徊と 噂をされて 散歩やめ
・不出来な子 ふるさと捨てず 親を看る
・孫優し さっき聞いたと 言い出さず
・昼寝して 「夜眠れぬ」と 医者に言い
・マイケルの まねを発作と 間違われ
・驚いた 惚れると惚けるは 同じ文字
・一日は 長くて一年 矢のごとし
・「アーンして」 昔ラブラブ いま介護
・延命は 不要と書いて 医者通い
 *今から8年後、2025年には、国民9人に1人は、認知症もしくは、軽度認知症を煩うとも言われています。この人類にとっても未経験の時代をいかに生きるのか、頭の柔軟性を養うためにも、川柳を一ひねりすることは、楽しく有効な取り組みではないでしょうか。

住職日々随想
「ポスト・トゥルース=ポスト真実」は、権威あるオックスフォード辞書の2016年度版に、新たに追加された単語です。
編者はその選考理由を、「我々の時代を最もよく表す言葉のひとつになるかもしれないから」と、説明しています。
いわゆるブレグジット(昨年6月の英国のEUからの離脱)や、11月の米国大統領選挙に見られるように、客観的事実よりも、感情的な訴えかけの方が、世論形成に大きく影響する、その様な状況を示す形容詞として、広く用いられるようになっています。
我が国でも、不明朗な国有地売却問題や、相次ぐ閣僚の虚偽まがいの不誠実な答弁など、理念や真実を語るよりも、劣化した感情に任せ、自己利益優先で、強引に物事を進めようとしている姿が、露わに見受けられます。
こういった風潮に風穴を開ける、一つの手がかりとして、勇気を与えてくれたものは、今年一番の秀作映画「この世界の片隅に」です。
 そこに描かれているのは、誇張を廃し淡々と描かれた愛しむべき日常であり、その日常が戦争という巨大な暴力によって踏みにじられていく恐ろしさです。声高に感情をあおられれば、あおられるほど、耳をふさぐか、思考停止に陥って、ただただ流されていくかになりますが、
真実は、むしろ耳を澄ましてこそ、明らかになってくるのです。
 お浄土の風が極楽の木々を渡るとき、微かだけれども確かな声が「念仏、念法、念僧」と聞こえると説かれています。
 今この時代、私たちに必要なことは、慌てず、焦らず、声高な主張に流されず、じっくりと自ら思考し、判断していくことと教えられます。

四月の行事
5 日(水)午前10時半 ピラティス

6日(木)午後2時  仏教民謡踊りの会

11日(火)午後2時 門徒女性聞法の集い
    浄土和讃23
15日(土)午前中  民踊協会主催
      大阪市民踊大会(桜まつり)参加
15日(土)午後4時 
          祥月講・同朋の会聞法会
        ご講師 円明寺 島 章師
17日(月)午後2時  仏教コーラスの会

五月の行事
9 日(火)午後2時 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃24
10日(水)午前10時半 ピラティス

20日(土)午前10時 大阪教区同朋大会

29日(月)午後2時  仏教コーラスの会

25日(木)午後2時  仏教民謡踊りの会

*第3土曜日の祥月講同朋の会は、教区同朋大会参加に振り替えになります。
*どなた様もお気軽に、本堂内全てイス席です。   
posted by ansenji at 15:05| Comment(0) | 住職日々随想

2017年02月25日

3月 住職日々随想

くらし     石垣りん

食わずには
生きてゆけない。
メシを
野菜を
肉を
空気を
光を
水を
親を
きょうだいを
師を
金もこころも
食わずには
生きてこれなかった。
ふくれた腹をかかえ
口をぬぐえば
台所に散らばつている
にんじんのしつぽ
鳥の骨
父のはらわた
四十の日暮れ
私の目に
はじめてあふれる獣の涙。



住職日々随想
 ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任して早々、様々な大統領令を乱発しておられます。
わけても、批判が集中しているものは、不法移民排斥、メキシコ国境に壁を作るなど、アメリカファーストの名の下、自己利益と排他的感情をむき出しに、アメリカがこれまで掲げてきた、多様性を認め合い、世界のリーダーとして振る舞ってきた、理想主義をかなぐり捨て、白人社会の本音の代弁者を任じて振る舞っておられるところです。
これらの政策を批判する人は多くおられますが、我が国はどうでしょう?昨年を例にとると、数千人の難民申請に対し、わずか21人しか認めていないというのが実態です。
「日本は難民受け入れの設定基準が厳しすぎる」と、アムネスティ・インターナショナルなどからも言われているほど、難民の受け入れには消極的で、とてもアメリカのことを批判したりする立場にはありません。
 確かに安易に受け入れるには、不安要素も多くありますが、何より難民問題の議論が深まらず、日本人にそこまでの覚悟が定まっていないという状況があります。
よく「本音でものを言え」などと、人に対して迫ることがありますが、これらの例を見るまでもなく、よくよく考えてみると、本音ほど身勝手で恐ろしいものはありません。
 仏説無量寿経の異本と言われている平等覚経に、「譬へば大海の水を、一人にして之を升量せんに、一劫にして止まずば、尚枯盡して海をして空竭ならしめ其の底泥を得べきが如し」と、説かれているように、我々の本音を掘り下げても、賞賛すべきものよりも、むしろその浅ましさに頭を垂れるほかない、泥のようなものしか出てこないのでしょう。
心すべきです。

三月の行事
8 日(水)午前10時半 
      ピラティス
12日(日)午後1時
    おみがき清掃ご奉仕
13日(月)午後2時 
     仏教コーラスの会
18日(土)午後2時・6時
     春季彼岸会永代経
 ご講師 伊勢 酒井正夫師
23日(木)午後2時 
     仏教民謡踊りの会
*三月の門徒女性聞法の集いはお休みです。
四月の行事
5 日(水)午前10時半
ピラティス
11日(火)午後2時   
門徒女性聞法の集い
15日(土)午後4時
  祥月講・同朋の会聞法会
 ご講師 円明寺 島 章師
17日(月)午後2時
     仏教コーラスの会
27日(木)午後2時
     仏教民謡踊りの会
*どなた様もお気軽に、すべていす席です。 
posted by ansenji at 21:33| Comment(0) | 住職日々随想