2022年01月26日

2022年2月

 法 悦 2月号 857号
 
 人が犯してはならない三つの間違い

  人は必ず寿命が来たら死にます。
  それは避けられないことです。
  しかし、死ぬことと、
  殺されることは、別のものです。
全く別のものです。

 人を殺すことは、
 間違っている
 人に殺されることを認めることは、
 間違っている
 自分で自分を殺すことは、
 間違っている

   沖縄戦遺骨収集ボランティア
  「ガマフヤー」代表 具志堅 隆松

青色青光

 昨年末の梅田のクリニック放火事件で、知人が無惨な形で命を奪われて
しまいました。
心の病を直そうと、前向きにグループカウンセリングなど治療に励んでいた
矢先のことで、本人もとても良い先生に出会えたと、明るく語っておられた
そうで、知り合いの誰もが大変ショックを受けました。
 罪を憎んで人を憎まず、とは申しますが、事件の容疑者の執拗で周到な
犯行計画が明るみになるにつれ、やり場の無い憤りを感じずにはおられません。
 在家の方ですが、仏教を深く学ばれ、今や私たち僧侶に仏教の講義をして
下さる程になられた、姫路国立病院の小児科医長、梶原敬一先生が、以前の
講演会で「願いをかけられない子供は、生きる力がありません。」と、
おっしゃっておられたことが思い起こされます。
 これをより深く考えてみますと、それは何も子供たちに限ったことではなく
、私たち大人もまた願いをかけられてきたからこそ、今日まで生きてこられた
わけで、まさに例外の無い事実なのです。
 そういった厳然たる事実に目覚め、深く頷く事が出来た時、何かの腹いせに
人を殺してやろう、などとは思いもしないはずです。
 更に言えば、たとえ世界中が私を見捨てても、一切衆生を選ばず嫌わず
見捨てたまわぬ阿弥陀仏だけは、決してお見捨てになる事はないのです。

住職日々随想
 東日本大震災から十一年目を迎えます
が、福島第一原発から程近く、帰還困難地域に指定され、年にのべ
十日間だけ帰還の許されている大熊町で、今なお、当時七歳の娘、
汐凪(ゆうな)さんのご遺骨を探し続けておられる木村紀夫さん
という方がおられます。
 木村さんが大熊町で唯一人の行方不明者である汐凪さんの捜索を
続けるなか、その辺り一帯を放射性廃棄物の中間貯蔵施設にする計画が
国によって提示されました。が、その説明会の場でまだ娘を探し続けて
いると、計画の見直しを申し出たところ、担当者から、そんな事は全く
考慮していなかったと知らされ愕然とされたと、ラジオ番組で
取り上げられました。
 福島と沖縄、同質の問題に気付かれたジャーナリストの
安田菜津紀さんの仲介によって、沖縄で四十年間戦没者の遺骨収集
ボランティアを続けておられる、具志堅隆松さんと出会われ、
正月休みを利用し、一月二日から大熊町で、ご一緒に娘さんの捜索
をされました。
 驚いた事に、小さな遺骨は多少見つかっていましたが、既に
五年以上なんの手がかりもなかった現場で、具志堅さんの見立てに
従って二十分足らず少し掘っただけで、人骨の中で最も大きい
大腿骨を発見されました。
 具志堅さんは「夕凪ちゃんやっと帰れるね。こんなにすぐ見つかった
のは、お父さんと夕凪ちゃんがお互いに呼び合ったからだよ、奇跡だ。」
と、共に涙されました。「東北の震災犠牲者の方は家族の元に帰る
権利がある。天災だけでなく、国策の犠牲者でもある。国や自治体は
最後まで探す努力を怠ってはいけない。遺骨は単なる骨じゃない、
人なんです。」と強調されました。
 具志堅さん達も強く抗議しておられますが、その沖縄では米軍の
新基地建設のため、マヨネーズ状の軟弱地盤を埋める材料として、
少し掘ればいまだにおびただしい数の戦争犠牲者の遺骨が出てくる土を、
土砂として海中に投じ続けるという、非人道的な行為が行われ続けています。
 死者は何度もないがしろにされてはなりません。死者をないがしろにし、
犠牲を容認するような社会は又、生者をもないがしろにする社会に
なってしまうのです。
 多死社会とも言われる現代日本、まともな弔いもせずに死者を見送る
傾向が顕著になってきました。それは又、命を軽んずる社会になってきた
証左かも知れません。立ち止まってよくよく考えるべきではないでしょうか。

坊守便り ー戦争展を開催しますー  
 南御堂の戦争展実行委員をさせていただいております。
昨年は太平洋戦争開戦から八〇年の節目の年でした。一年間に渡り
新聞各紙は戦争にまつわる記憶を特集致しました。
八〇年も前のことですから、戦争体験のある方はだんだん減り、急速に
風化が進んでいるのが現状です。
大阪にも大空襲で被災した歴史があります。
今もJR京橋駅横には、一度に数百人の方々が亡くなった事実を
伝える慰霊碑があります。
 この時の事を、数年前にお参りで伺ったあるお宅で、直接に
お聞きした事がありました。
「女学校の時に、疎開道路を歩いて京橋の工場に通ってました。
帰りに爆撃に遭いました。飛び散ったものが体に刺さって動けなくなり
、道端でそのまま倒れてしまいました、二日ほど経って、父が荷車を
借りて連れて帰ってくれました。」いつも、美味しいお茶でもてなして
下さるその方は、十分な薬もなく長く患い、戦後もずっと重い後遺症に
苦しまれたとの事でした。
そのお話をお聞きして、大阪空襲の悲惨さが実感を伴って身に迫りました。
普通の市民の日常を突然奪う戦争は、決して繰り返してはいけない事を
歴史に学び、今日に生かす為に、毎年大阪空襲の始まった頃に展示を
行っています。三月九日には、映画上映と講演も企画しています。
広くご覧頂きたい事です。

二月の行事               
19日(土)午後2時〜祥月講・同朋の会 
ご講師 円明寺 島章師
24日(木)午前10時半〜ピラティス 
      午後2時〜仏教民謡踊りの会
三月の行事
10日(木)午前10時半〜ピラティス
24日(木)午前10時半〜ピラティス 
      午後2時〜仏教民謡踊りの会
19日(土)午後2時〜春季彼岸会永代経法要
      ご講師 伊勢道浄寺 酒井正夫師
  *コロナ禍の現状を鑑み、お斎接待は行わず、お昼の
     座のみとさせていただきます。
*感染予防には十分配慮し、各行事を行ってまいりますが、
 感染がさらに拡大した場合、変更もしくは中止する場合がございます。
posted by ansenji at 17:17| Comment(0) | 法悦

2021年12月31日

2020年1月

法 悦 1月号 856号
 
 今までは
 
 人のことだと思ふたに
 
 俺が死ぬとは
 
 こいつはたまらん
 
      蜀山人 (大田南畝)

 うれし楽しや

 月日のたつは

 やがてまいらん

 彼のくにへ

妙好人 伊賀の三左衛門

青色青光  
 仏教では人間の根源的な苦しみに生・老・病・死の四苦、それらに愛別離苦
・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦の四苦を加えて、八苦が有ると説かれます。
分けても「死苦」は自身の存在が、此の世から無くなってしまうという事実に
対する恐れであるだけに、究極の苦と言えるでしょう。
 上の二句は、江戸時代の狂歌師、蜀山人の辞世の句と、妙好人と称される
浄土真宗の聞法を重ね禅の大家にも劣らぬ境地に達した、名も無き市井の
念仏者の詠まれたものです。
 正直、私たちの思いとしては、三左衛門さんのような境地にはほど遠く、
むしろ蜀山人の句により近いのではないでしょうか?
 思い起こされますのは、歎異抄第九条に唯円の「お念仏を申す身になっても
喜びが長続きせず、一向に早く浄土に往生したいとも思えないのはなぜで
しょう?」との問いに答えて、お前もそうか、この親鸞も同じじゃ。今まで
流転を重ねてきたこの娑婆は捨てがたく、いまだうまれざる安養の浄土が
恋しく思われないのは、迷いの煩悩が盛んであるからで「なごりおしくおもえ
ども、娑婆の縁つきて、ちからなくしておわるときに、かの土へはまいるべき
なり。いそぎまいりたきこころなきものを、ことにあわれみたまうなり」と、
迷いが深いからこそ、いよいよ阿弥陀仏の大慈悲心が喜ばれるとおさとし
くださいました。

住職日々随想 ー死は賜り物?ー
 新型コロナウイルスをはじめ、ウイルスは生物なのか生物でないのか、
判然としないそうです。
と言うのも、ウイルスは細胞分裂を繰り返し、ひたすら増殖するばかりで、
死なない存在、ただ壊れるか、感染力を失うかしかないそうです。
 地球が誕生しておよそ三十八億年、地球上にいのちを持つ単細胞生物が
誕生してからおよそ二十億年間、生物は死ななかった、と言うより死ぬ
必要が無く、細胞分裂を繰り返し、ひたすら増殖するばかりだったそうです。
 そして約十億年前に多細胞生物が誕生したとき、生物の中に「死を手に
入れた」ものが出てきたそうです。
 じつに「死」は生物にとって生存戦略上の武器、死ぬからこそ目的が
生まれ、交配をすることで様々な遺伝子が組み合わされ、環境に適応した
多様な形が生み出されてきました。
 また、死ぬからこそ遺伝子にエラーが生じても、その個体が死ねば
エラーが延々と引き継がれるという事もありません。
 ややもすれば、私たちは最も恐れ忌み嫌うものとしてのみ「死」を捉え
てしまいます。
病院には四号室が無いとか、死はケガレだと、塩をまいたり、見ないように
いたします。
 しかし生物学の立場から見れば、生きることの中にすでに死は内包され
ている。実際私たちの何兆という細胞は、日々衰えて死に、また日々新しく
生まれるという新陳代謝を繰り返しています。
 真宗の先学、清沢満之師は「生のみが我等にあらず、死もまた我等なり、
我等は生死を並有するものなり」と喝破されました。
 更に言えば死ぬことがなければ、生きがいも無いでしょう。
哲学者の田中美知太郎氏の言葉に「死の自覚が生への愛だ」とあります。
 まさに限りあるものという自覚に立って、いのちと真向かうときに、
初めて生が輝きだすのです。
まさに死は単に恐れいとうべきものではなくむしろ賜り物と頂くことも
出来るのではないでしょうか?

坊守便り  ー年の瀬ー
 
長引くコロナ禍の為にステイホームで過ごす一年が終わります。
 今年は同世代の多くの方が、ご両親を見送られました。「病院に入院する
と亡くなってからしか会えないから、自宅療養で送りました」とお聞きする
事がありました。もちろん病状やご家族の事情もあることです。
 当寺で、聞法会の参加だけでなく、お斎つくり、コーラス、民謡など
すべての行事に参加してくださる方があり、急な事から春からずっと入院され
ています。誰にも面会出来ず、ご主人も会っておられません。
当初すぐに快方に向かわれたのですが、面会が出来ず、今は気力を無くされた
そうです。悲しい事です。
 年末の日曜日は、同朋会で本堂、境内の大掃除と仏具磨きを行って下さ
いました。気を許し合った同朋の仲間で会話がはずみます。「こうすれば、
もっと光るよ」など言い交わしながらおみがきに力が入ります。
「わたしはお寺に来てるから元気やねん」と言われます。聞法を通じ集い、
言葉の掛け合いが心の元気につながっているのですね。掃除で体も動かし
賑やかで楽しい年の瀬の一日となりました。
 今年もよろしくお願いいたします。

一月の行事
6 日(木)午前10時半〜ピラティス
20日(木)午前10時〜ピラティス 
      午後2時〜仏教民謡踊りの会
23日(日)午後2時〜同朋の会修正会(詳細は後日ご案内申し上げます)

二月の行事               

3 日(木)午前10時半〜ピラティス
17日(木)午前10時半〜ピラティス 
      午後2時〜仏教民謡踊りの会
19日(土)午後2時〜祥月講・同朋の会 
 ご講師 円明寺 島章師
*感染予防には十分配慮し、各行事を 行ってまいりますが、万一、
感染が 再拡大した場合、変更もしくは中止 することがございます。
posted by ansenji at 16:44| Comment(0) | 法悦

2021年11月28日

2021年12月

  法 悦 12月号 855号
 
 
 貧を貧と思わざれば
 
 これ富なり。
 
 富を富と思わざれば
 
 これ貧なり。
 
 貧富は、あながち財貨の少多に関することにあらざるなり。
 
 充足を知ると、知らざるとによることなり。
           清沢満之


青色青光  
 仏教では「少欲知足」欲少なく足るを知る、ということが勧められますが、
我々凡夫の身には、なかなか容易な事ではありません。
 仏説無量寿経に「少長男女共に銭財を憂う。有無同然、憂思また等し…
田有れば田を憂い、宅有れば宅を憂う…田無ければまた憂えて田有らんと欲し、
宅無ければまた憂えて宅有らんと欲す」と説かれているとおり、
経済的なことに振り回され、心安らぐ時がありません。
 上記の言葉は明治の先達、清沢満之の随想録『有限無限録』の
「貧富は精神にあり」からのものですが、自らの心を拠り所としている限り、
小欲知足という境地は得がたく、処世の道も閉ざされる。
 まさに絶対無限者、つまり「阿弥陀仏をたのむ一念」に立たない限り、
満足を得る道は無いと示されました。
 この事をさらに「われ他力の救済を念ずるとき我が世に処するの道開け、
われ他力の救済を忘るるとき、我が世に処するの道閉ず」と表白されました。

住職日々随想  
ー一隅を照らす。中村哲という生き方ー
 一昨年の十二月四日、アフガニスタンの東部ジャララバードで、凶弾に
倒れた中村哲医師とは、どの様な人だったのでしょう。  
 博多の玉井金五郎という、炭鉱荷役の荒くれ者達の頭領の妻であった
祖母の「理屈じゃなか。弱かもんば助けんしゃい。」という教えと、受け継いだ
川筋気質、そしてキリスト教信仰などがない交ぜになって、その活動を
支えてきたのではないかと言われています。
 当初パキスタンのペシャワールの病院を拠点に、ハンセン病患者治療の
活動をしておられましたが、隣国アフガニスタンからも、医療を求めて
多くの人々がやって来る現実に触れ、アフガニスタンに診療所を開きました。
 そんな中、2000年この地帯一帯に大旱魃が起こり、多くの人々が
飢餓状態に陥りました。
そんな現実を前に、医療よりまず水が必要だ、と井戸を掘り始めましたが、
水脈そのものが枯れてしまっていると分かり、用水路を造る灌漑事業を始められました。
 土木技師でもない中村医師ですが、懸命に技術を学び、故郷の河川で目にした、
蛇籠に石を詰めて用いる、古いけれども、専門家や道具の少ない所でも、
長く使える手法を用い、用水路の建設に、命がけで取り組まれました。
 こうして不毛のガンベリ砂漠を緑の大地に変え、65万人もの人々を
飢えから救い、貧しさ故に行っていたケシ栽培や、兵士となる以外の、
まっとうな職をもたらしました。
「平和には戦争以上の力が有る。しかし平和には、戦争以上の忍耐
と努力が必要である」と、常々口にしておられたそうです。
 30年以上にわたって戦争をしている、アフガン人の誰に「何が一番欲しい?」
と尋ねても、アマン(平和)が欲しいと答えるそうです。
日本人に同じ質問をしても、そんな答えは返ってこず、お金が欲しいとか、
いい仕事が欲しい、などしか返ってこないでしょう。
 ビザ無し渡航の許される、名ばかりのものでない実を伴った名誉国民の
称号を、ガニ大統領から与えられ、葬儀には大統領自らが棺を担ぐなど、
まさに英雄として遇されました。
 そういった中村医師の活動は「一隅を照らす」という、それぞれが
それぞれの現場で自ら光りとなる、その信念に支えられていたと言えるでしょう。

坊守便り  ーお見送りー

 責任役員総代藤野照男様のご夫人、弘子さんがお浄土へ還られ、会員有志で
お見送りさせて頂きました。
 お釈迦様のご誕生からご入滅までのお悟りの聖地、インドの仏跡にも亡き
前坊守とご一緒下さり、親交を深められました。
 また女性部では「女性のつどい」を5年間続けてさせて頂きましたが、
故人様も総代夫人として出席され、ご挨拶して下さいました。
 物語を吟じて頂いた琵琶演奏、オカリナ演奏、アフガニスタンで井戸を
掘った先生のお話、大人の紙芝居語りなどさせて頂きました。
 弘子さんもこの会への参加を、いつも楽しみにして下さり、「このような会が
安泉寺で出来ることは素晴らしいし、お寺の門徒として嬉しい事です。」
と皆様に向け、お話下さいました。
 この集いもコロナ禍で2回お休みしましたが、ぜひまた再開したい催しです。
 一カ月前にお見舞いに伺いましたが、「坊守さん、女性部に新人を集めなさいよ」
と、共にお寺を護持するお気持ちで、いつもお話下さった事が心に残ります。 
                               南無阿弥陀仏

十二月の行事
2 日(木)午前10時半〜ピラティス
4 日(土)午後2時〜 祥月講・同朋の会
              ご法話 住職
16日(木)午前10時半〜ピラティス 
      午後2時〜仏教民謡踊りの会
19日(日)午後2時〜おみがき清掃ご奉仕
31日(金)夜11時〜歳暮勤行・除夜の鐘

一月 の行事
6 日(木)午前10時半〜ピラティス
20日(木)午前10時半〜ピラティス 
      午後2時〜仏教民謡踊りの会
23日(日)正午〜 同朋の会新年互礼会(詳細は後日ご案内申し上げます)
                
*感染予防には十分配慮し、各行事を行ってまいりますが、万一、感染が
再拡大した場合、変更もしくは中止することがございます。

























































































































































































































































































posted by ansenji at 18:43| Comment(0) | 法悦