2021年03月08日

2021年3月

法 悦 3月号 846号



 人、世間愛欲の中にありて

 独り生じ、

 独り死し、

 独り去り、

 独り来たりて

 行に当たりて

 苦楽の地に至り趣く。

 身自らこれに当たるに

 代わる者

 有ること無し

       仏説無量寿経


青色青光
 上記の言葉は大学に入って間もないおよそ45年前、先輩に教えられ、
いまだに忘れられないものです。
 当時まだバブル景気には至っておりませんでしたが、日本経済も成長軌道に
乗り、かつのんきな学生であった私は、さあこれから友達もたくさん作って、
学生生活をエンジョイするぞ、などと思っていただけに、人間はどこどこまで
も孤独な存在であり、それは又、何びとにも代わってもらうことなど、金輪際
あり得ない、という厳しい身の事実を教えられ、大変ショックを受けました。
 歳を重ね、わが身にまで至り届いた業は、自ら担っていくより他ないことと、
いよいようなずかされるばかりですが、逆に言えば、そういう絶対孤独な存在
だからこそ、むしろ人と人との関係性の回復が、願われ続けているのだと
気付かされるのです。
 ところが、人と生まれ、誰にも代わってもらうことの出来ない事実に
うなずくことは出来ても、我が子や大事な人が、大変な苦しみを抱えて
しまった時などに知らされる、代わってやることの出来ないという無力感や
悲しみは、より深いものとなります。
 人間の覚悟などでは、担い切れない、そんな悲しみも、私に先立って共に
悲しんで下さる、如来のお働きの中にあると戴くとき、安心して迷い苦しんで
いく道が開かれるのではないでしょうか。

住職日々随想

 あるご門徒さんから、お寺より差し上げている法語カレンダーの2月の
「死をも恐れないのと、死んで往けるのとは同じではない」という言葉について、
その意味するところは何となく分かるのですが、今ひとつ得心出来ないのですが…、
とご質問をいただきました。
 お訊ねいただいたその方ご自身、予断を許さぬ重い病を抱えておられ、切実に
問わずにはおられなかったのでしょう。
 確かに、死をも恐れない、というのはいかにも勇ましく、そう有りたいものと
思われるのですが、では実際どれほどの人が、そのような境地に達することが
出来るのでしょう?
そしてそこには、恐怖する自らの心を見ようとしない、そんなごまかしはないの
でしょうか?
 この事を親鸞聖人のお言葉に尋ねてみますと、歎異抄の第9章に、「なごり
おしくおもえども、娑婆の縁つきて、ちからなくしておわるときに、彼の土へは
まいるべきなり。いそぎまいりたきこころのなきものを、ことにあわれみたまう
なり。」と、阿弥陀如来のお慈悲は、煩悩が消えることなく、苦悩の旧里である
この娑婆にしがみつく、そのような弱きものにこそ、懸けられてある。
 だから、ますます頼もしいことではないかと、如来大悲のお徳を味わって
おられるのです。
 この事を今少し尋ねてみますと、哲学を志す人にとって必読の書と言われる
「哲学以前」を著された、哲学者の出隆(いで たかし)氏は、古式泳法の達人
でもあったそうですが、「おぼれる人は大概浅いところでおぼれている。
自分の心の重みで おぼれてしまっている。自分の心も体も水に預けてしまった
とき、ぽっかり水に浮く」と述べておられます。
 同じ様に、蓮如上人も「阿弥陀仏を深くたのみまいらせて念仏申せ。」と、
御文の中でたびたび記しておられます。
 ここで大事なことは、阿弥陀仏にたのめではなく、阿弥陀仏をたのめと
仰っていることです。
「に」と「を」の一文字の違いですが、阿弥陀仏にたのむとは、家内安全や
商売繁盛等々、個別様々な事柄を阿弥陀様にお願いするということになります。
 ところが、阿弥陀仏をたのむとは、阿弥陀仏に全て任せ切るということに
なるのです。
 それ故、任せたからには、いかに不都合なことや意に沿わぬ事であったと
しても、わが身にまで至り届いたご縁は、我が果たすべき業として、戴いていく、
そういう決意を賜ることに他ならないのです。
 念仏を往生の手立てや道具にするところには、真実の安心は得られません。
そこから180度転じて、生死の一大事に当たっても任せ切る、揺るがぬ
ご信心を賜ってこそ、人間成就の往生の道が開かれるのです。

坊守便り
 ー孤独・孤立担当大臣の新設ー  
 この度、日本にも孤独・孤立担当大臣が誕生することになりました。
世界的には、3年前、英国に於いて初めて創設されています。
 ある下院議員が選挙活動で個別訪問する中、多くの人が孤独を抱え、
苦しんでいる事に気付きました。
 孤独は不健康の王道のような喫煙・飲み過ぎ・太りすぎ・運動不足よりも
体に悪い影響がある、という分析結果が出されています。
 ロンドン大学の経政学院で行った試算によると、孤独による医療費の損失は、
10年で一人約85万円と試算され、その対策として英国政府は、約28億円
の予算を充てました。
 その取り組みの中、医師に医療ではなく、社会的処方が必要であると診断
された時には、相談員から地域活動への参加を手配されたり、ケアを受けたり
します。
 又、16歳から24歳の若者が、どの年代よりも頻繁に且つ最も強く、
孤独を感じるという調査結果から、小学校の授業にも孤独についての学習が
組みいれられたそうです。。
 先進医療技術の恩恵もあり、人生100年時代と言われる様になり、かつて
無い新しい生活スタイルが求められるようになりました。
 コロナ禍と技術の進歩により、仕事や学校の授業のオンライン化が増え、
人々が直接に接点を持つ事は減りました。コロナ禍の終息後もこの流れは
続くだろうと言われています。
 孤独・孤立担当大臣の新設を聞き、改めて人と人が共に会えることの、
掛け替えなさに想いをはせる事です。
 お寺での聞法の場が、少しでも心の灯火になれば、と願ってやみません。

三月の行事
20日(土)午後2時 春季彼岸永代経法要
     ご講師 伊勢道浄寺 酒井正夫師
*コロナ禍の現状を鑑み、お斎接待は行わず、昼の座のみとさせていただきます。
25日(木)午前10時半〜ピラティス
      午後2時〜仏教民謡踊りの会

四月の行事
17日(土)午後4時 祥月講・同朋の会
              講師 未定    
22日(木)午前10時半〜ピラティス
      午後2時〜仏教民謡踊りの会

*コロナ禍の状況に依りましては、急な行事変更もあり得ます。
 尚、感染予防に留意して準備致しておりますが、お越しの節はマスク等の
 ご着用を、宜しくお願い申し上げます。

posted by ansenji at 23:41| Comment(0) | 法悦

2021年02月01日

2021年 2月

法 悦 2月号 845号


 こ こ    
        谷川俊太郎


どっかに行こうと私が言う


どこ行こうかとあなたが言う


ここもいいなと私が言う


ここでもいいねとあなたが言う


言ってるうちに日が暮れて


ここがどこかになっていく




青色青光

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、緊急事態宣言が再び発出されました。
 飲食を伴う集まりは感染を広げるリスクが高いと、飲食店には時短要請が
出され、一般の人々にも不要不急の外出は控えて欲しいと、
呼びかけられています。
 日常生活や経済への打撃は計り知れないものがあり、一日も早い感染収束が
願われます。
 そのような苦しい状況ですが、ささやかながら喜びや、大事な気付きも
得られました。
 先日、あるお一人暮らしの高齢のご門徒さん宅に伺い、年末年始はどう
過ごされたのかをお訊ねしたところ、「遠方に暮らす子供たちが私を気遣って、
帰ってこようかと言ってくれましたが、こちらの方から帰ってこなくて良い」
と、老親に対する負い目を感じさせないように、お子たちの申し出を断られた
そうです。
「それは良かった。たとえ会えなくても、ご互いをいたわる思いは、ちゃんと
通じていますよ」と、人の優しさが身にしみ、共に喜ばせて頂いたことでした。
 又、今まで当たり前の事としてきた日常、それこそ家族は元気で当たり前、
仕事はできて当たり前、学校には通えて当たり前、人と人は会えて当たり前
等々、それら全てが実は何一つとして当たり前などではなかった、一つでも
条件が整わなければ、何もなしえない、 まさに「有ることの難い事」
「有り難い、掛け替えのない事」であったと、改めて思い至らされた事です。

住職日々随想

 現在大谷大学の学長をしておられる、木越康師が、新入学生に対する授業で、
用紙を一枚配られ、「どの様な些細な事でも構いません、あなたの願い事を
書いて下さい。」と言われました。学生たちは賑やかにわいわい言いながら、
「彼氏、彼女が欲しい」「お気に入りのアイドルに会いたい」「おいしい物を
たくさん食べたい」等々、それぞれ今すぐ思いつく願い事を書きました。
 その後、「今度はあなたの本当の願いを書いて下さい。」と言うと、今まで
賑やかにおしゃべりしていた学生たちがぴたりと静まり、真剣に考え始めました。
 様々な回答があったそうですが、その中には「本当の私に出遇いたい」
「生まれた意義が知りたい」等々、いずれも深く自身の内面を見つめなければ、
出てこない様なものが多く見られ、先生ご自身も随分驚かれたそうです。
 よく本音と建て前などと言うことを申しますが、そういう表層的なものの、
更にその奥の深みに、「真実の願い」「いのちの願い」とも言うべきものが、
全てのいのちあるものの中に流れていると仏教は教えます。
 まさに「本有の願」、自我に目覚めて以来、「私」と思ってきた我に
先立って、常に流れ続けてきた、もとから存在していた「いのちの願い」
があるのです。
 一切有情、言わば生きとし生けるものは全て、いのちの通りに生き、そして
死んでいき、そこに迷いはありません。ところが、人間だけはいのちの通りに
生きる事を拒み、生き方に迷い続ける存在なのです。
 大谷派では、宗祖親鸞聖人七五〇回御遠忌テーマに「今、いのちがあなたを
生きている」と掲げています。
 多くの人が至極当然のように、私がいのちを生きている、いのちは私のもの、
私に属するもの、と思っていますから、このテーマは間違っているのでは、
とよく疑問を口にされました。
 しかし、よくよく、み教えに尋ねてみますと、じつに生まれたときから自分
の望む時に、望む両親の下に生まれた者はなく、気が付けば私として
自身を生きてきた、つまり生まれた時からすでにして思い通りなどではなく、
また、いのち終える時も思い通りにはならない存在、と教えられるのです。
 始めから終わりまで思い通りにならぬ人生、なのに身の事実に背き続け、
あいだだけでも何とかしたいと、我々は四苦八苦いたします。
 そんな我ら凡夫に、本有の願い、ご本願の世界から「我が名、南無阿弥陀仏
と称え、いのちの故郷、我が浄土に帰り来たって、どうか人間を成就
しておくれ」と、如来が呼びかけ続けておられます。
安心して迷っていける人生、帰すべき拠り所はそこにこそあります。
 そうです、私の思いに先立って、今まさに仏道を歩む者としての私の
誕生が、如来の側より、深く願われているのです。

坊守便り

 ー東本願寺門首継承式ー
 去る十一月のご本山の報恩講の前日に新門首の継承式が行われました。
 またとない歴史の節目だったですが、コロナ禍のため、限られた方々
のみの参加となってしまいました。
 大谷暢裕新門首は、一歳の時からブラジルで過ごされた方ですので、
今回の就任の表白(宣誓)は日本語、英語、ポルトガル語の三カ国語で
世界中に配信されました。
 また、ご門首の就任と同時に、ご長男裕師が、次期門首候補者となる、
新門に就任されました。
 大谷暢裕新門首は表白の中で、まず大谷暢顯前門首が二十四年間、
その重責を全うされた事への敬意を伝えられました。
 殊にその在任中、蓮如上人五〇〇回ご遠忌、宗祖親鸞聖人七五〇回大遠忌、
東日本大震災追悼法要、十数年に及ぶ両堂のご修復工事等々、数多くの
大事業に臨まれたご苦労にふれられました。
 そして、親鸞聖人が越後に流された苦難の中でも、仏道が妨げられる事は
なかった事、さらに、その後のご教化で示されたお姿に触れ、ご自身も
貧困や格差の拡がる生きにくい現代社会、不安にあえぐ多くの人々に対して、
国籍・人種・性別・年齢に関係なく、平等に生の実感を与える「南無阿弥陀仏」
を世界中の人々に届ける事が使命であると宣言されました。
 結びに、念仏の僧伽が人々に立ち上がって生きる力を与え、その精神が永く
相続され引き継がれていくことを願いとし、その職責を全うしていくことを
誓われました。
 新門首をお迎えし、ご本山も新たな歩みが始まります。ぜひ皆様と共に
見守って参りたい事でございます。

二月の行事

20日(土)午後4時〜
        祥月講・同朋の会聞法会
            法話 住職
25日(木)午前10時半〜ピラティス
      午後2時〜仏教民謡踊りの会

三月の行事

20日(土)午後2時・夕方6時
      春季彼岸会永代経法要
        詳細 未定
       (後日ご案内申し上げます)
25日(木)午前10時半〜ピラティス
      午後2時〜仏教民謡踊りの会
*コロナ禍の状況に依りましては、急な行事変更もあり得ます。
 尚、感染予防に留意して準備致しておりますが、お越しの節は
 マスク等のご着用を宜しくお願い申し上げます。
posted by ansenji at 01:17| Comment(0) | 法悦

2020年12月30日

2021年1月 

法悦 1月 第844号

新年明けましておめでとうございます。
        本年もよろしくお願い申し上げます。


つもった雪   金子みすゞ

上の雪


さむかろな。


つめたい月がさしていて。


下の雪


重かろな。


何百人ものせていて。


中の雪


さみしかろな。


空も地面(じべた)もみえないで。

青色青光
 今年は新型コロナウィルスの
出現に始まり、新型コロナウィ
ルスの世界的大流行に暮れた一年でした。
 そのような年の瀬、北日本各地から豪雪の知らせが届きます。
 彼の地に暮らす人々には、温暖な気候の大阪に居ては、想像もつかないような多くのご苦労のある事が偲ばれます。
 冬の最初に降った雪が根雪となり、その上にいく層にも雪が降り積もります。
 その雪のように、それぞれの所に、喜びも有りますが、又それぞれに苦があります。
 上にいる者には風雨を直接受ける苦が有り、底辺にいるものには、全体の重さに押さえつけられる苦があり、中のものには地に足つかず、見上げても陽のささない孤独があります。
 みすゞの抱えるにっちもさっちもいかない状況が、人間存在の等しく抱え持つ孤独を際立たせ、本来の居場所を見出せない悲しみとなって「さみしかろ」という言葉となってあふれ出たのでしょう。
 かねてから女遊びが止まらず、嫌がらせをしてくる夫に、性病まで移され、絶望し苦しんだあげく、若くして命を絶ったみすゞ。
 絶望が深いからこそ、逆に彼女には、いのちすべてを慈しみ悲しむ慈悲の心、まさに如来の願海からの呼びかけが、いつも響いていたのに違いありません。

住職日々随想
 仏教の説く救いとは何でしょう?
それを現代的に翻訳すれば、それ
ぞれに「居場所」が与えられる事、
と言っても良いのではないかと思います。 
 人間の苦しみ悲しみの本質を突き詰めると、「私はここにいて良いの?この世界に私の居場所はあるの?」という問いに行き着くのではないでしょうか?
 仏教では我々の心の有り様を「所求(しょぐ)」と「情願(じょうがん)」の二重底になっていると説きます。
 「所求」というのは、あれをしたい、これをしたい、あれが欲しい、これが欲しいという日常的な欲望のことで、所求がすべて満たされた世界を「天上界」と言います。
 天上界は理想の世界のように思われますが、これも迷いの六道のひとつ、すべてに満たされた世界にも、必ず喜びが失せ、色あせる「天人の五衰」と呼ばれる時が来ると教えます。
 その中でも第五の衰えは「不楽本居(ふらくほんきょ)」と言い、自身の居場所を楽しみ喜ぶ心を失った状態を言います。
 現代の我々は、自分の今の在り方が喜べない、自分の今あるところが楽しめない、いわば「退屈」ということです。
 退屈というと言葉は軽いように思われますが、言い換えれば「所在=居場所がない」という事。
「所在がない」ということは、私がここに生きているという事に、周りと何の関係も見いだせないと言う事で、じつに人間にとってこれほど辛い事はないのではないでしょうか。
 私たちは、自分の思い、煩悩が満たされることをいつも願っていますが、その更に底、最も深い存在の底に、私の「いのちの願い」とも言うべきものが在ります。
その「いのちの願い」を仏教では「情願」と言いますが、じつにそれは如来からの呼びかけに他ならないのです。
 この事を善導大師は「帰去来(いざいなん)、他郷には停(とど)まるべからず、仏に従いて本家に帰せよ。本国に還りぬれば、一切の行願、自然(じねん)に成ず。」また別のところでは、「帰去来(いざいなん)、魔郷には停まるべからず」と、我々が生活しているその世界は、よそよそしい他郷・魔郷である、いのちの願いの世界こそ汝の居場所である、仏願に順じ、仏のみ名を称え、いのちの願いの世界にともに帰らん、と。
 「所求」を満たすのではなく、「情願」を満足させるということに人生の方向が転換されるとき、真の意味で生きること
の喜びが得られ、本当の居場所が
与えられると説くのです。
 わたしの「本当の願い」は何でしょう?

坊守便り
ー地域と共にー    
 この度、地区民生委員会から
長年携わった節目として表彰状を
をいただきました。
春の総会で頂く予定でしたが今年は
コロナウィルス感染が拡大し、いつ非常事態宣言が出されるかわからない状況でしたので、延期となっていました。
 賞状と盾には令和二年と記されている為、なんとか今年中にと、手渡しにて頂きました。 初めて定例会に参加した時には、先輩の皆さん方が、積極的に、このボランティア事業に取り組んでおられる姿に感心致しました。
 昨今は一人暮らしの方が増えているため、特に夏になると、熱中症になっておられないか、安否の確認をして、見守りにも気を配りつつ行っています。
 児童委員はまだ歴史の浅いお役ですが、昨今の児童虐待のニュ-スなどを見聞きし、改めて、重要なお役であると感じています。
 この秋には二つの研修に参加致しました。「高齢者の認知症について」と『多文化との共生』です。
 今年の多文化共生の研修では、ベトナム友好協会の皆さんより、ベトナムのお菓子とお茶をいただきました。
そしてグル-プ学習では、日本語を話せない外国人の方々には、易しい日本語で話すことが必要であると学びました。
 地域の方がたと、様々な場面で交流でき、ありがたい事だと思っています。

一月の行事
 
28日(木)午前10時半〜ピラティス
  午後2時〜仏教民謡踊りの会
二月の行事

4 日(木)午前10時半〜ピラティス

20日(土)午後4時〜
        祥月講・同朋の会聞法会
        講師未定
  
28日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

*今年は新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑 み、感染予防の観点より、まことに残念ながら 一月の新年互礼会は行いません。
*コロナ禍の状況に依りましては
 急な行事変更もあり得ます。
 尚、感染予防に留意して準備し
 ておりますが、お越しの節は
 マスク等のご着用を宜しく
 お願い申し上げます。
posted by ansenji at 16:48| Comment(0) | 法悦