2020年04月26日

2020年4月

法 悦 四月号 835号

 ごはんの時に 六年 山崎まどか(抜粋)

人間は、生きるために

にわとりも殺さなくちゃいけないし

豚も殺さなくっちゃならない。

生きてるっていうことは

ずいぶん迷わくをかけることなんだ。

自分で自分のこと全部できたら

人は一人ぽっちになってしまう。

他人に迷わくをかけるということは

その人とつながりをもつことなんだ。

他人の世話をすることは

その人に愛をもつことなんだ。

生きるっていうことは

たくさんな命とつながりをもつことなんだ。

青色青光

 核家族化が問題にされ始めた頃から
半世紀、今や日本人のおよそ四割が
一人暮らし、という時代になりました。
 一人一人の思いの叶うことこそが幸せと、人類はたゆまぬ努力を重ね、様々に社会を変革し、進歩させてきました。おかげで今や一人の人と話すこともなく、一日を終え、生きることすらできるようになりました。
 しかし、それで私たちは本当に幸せになった、と言えるのでしょうか?
 源信僧都はその主著「往生要集」に、地獄の最も底、無間地獄(阿鼻地獄)において、永遠に落ち続けていく罪人が、周りに同じく落ちていく無数の罪人がいながら「我、今、帰するところ無く、孤独にして同伴無し」と叫びを上げる、と説いておられます。まさに私たちのありようと重なってはいないでしょうか。
 私たちは、しばしば他人様や子供たちには迷惑を掛けられん、などと口に致しますが、じつはそこには現に今も、迷惑をかけ続けずには生きられない、自身の罪業に無自覚で傲慢な姿があるのではないでしょうか。
 我が身の事実にまなこを開き、その罪業に目覚める中においてこそ、無量無数の繋がりに真の自己を見いだす、広大無辺な世界が開かれるのです。

住職日々随想         

 新型コロナウイルスの蔓延は、
今や人類全体の脅威となってしまい
ましたが、未だ収束のめどすら立ちません。
 そんな中、過日の新聞に、開店準備に行くと、すでにマスクなどを求める人々の行列が出来ており、また謝り続けないといけないのか、怒鳴られないといけないのかと気鬱になってしまう、ウイルスよりも人間の方がよほど怖いという、ドラッグストアの方々の悲鳴に近い思いが掲載されていました。
 人々の不安や不満、いらだちが、より弱い立場の者に向けられるという、その浅ましさには悲しみを禁じ得ませんが、そういった浅ましさは決して他人ごとなどではありません。
 歎異抄に「さるべき業縁のもよほさば、いかなるふるまいもすべし。」という親鸞聖人のお言葉が出てきますが、ひとは善人だから悪は犯さないとか、悪人だから悪事をなすなどとは言えず、縁次第では他人を傷つけ、場合によっては殺人を犯す事すらある、まさに業縁存在であると述べられています。
 三月十六日に一審、死刑判決の下された、相模原障がい者施設大量殺害事件の犯人が、その動機として語った「生産性のないものは生きる意味がない」という思考もまた、世界的に広がる排外主義的な風潮と軌を一にしているように思われますが、悲しいかな、自身の中に同様の見方を見い出す事さえ、さほど難しいことではありません。
 親鸞聖人の尊ばれた七高僧のお一人である、唐の善導大師が「経ヘは之を喩(たと)ふるに鏡の如し、數々(しばしば)讀み、數々尋ぬれば、智慧を開發(かいほつ)す。若し智慧の眼開けぬれば、即ち能く苦を厭ひて涅槃等を欣樂(ごんぎょう)することを明す。」
と、仏陀のみ教えを鏡として、我が身我が心をしばしば照らしてみれば、自ずと智慧のまなこが開かれ、真実のお悟りを願って生きる身となるとお示し下さっています。
 こういう不安の世の中だからこそ、ただ流され続けるのでなく、仏教に我が身を問う、深く生きる知恵を賜り続けたいものです。

四月の行事

18日(土)午後4時〜
        祥月講・同朋の会

五月の行事

14日(木)午前10時半〜
        ピラティス

16日(土)午後4時〜
                   祥月講・同朋の会
21日(木)午後1時〜
         仏教民謡踊りの会

22日(金)午後2時〜
         仏教コーラスの会

28日(木)午前10時半〜
         ピラティス


*四月の諸行事は、新型コロナウイルス
 のさらなる感染終息の見通しが立たない現段階では実施が困難となっております。
 祥月講・同朋の会のみ、内勤めの形で勤行致します。
 感染予防にご留意の上、お参り下さいませ。

続きを読む
posted by ansenji at 23:38| Comment(0) | 法悦

2020年03月02日

2020年3月


法 悦 3月号 834号

  胸の泉に         塔 和子

 かかわらなければ

 この愛しさを知るすべはなかった

 この親しさは湧かなかった(略)

 人はかかわることから

 さまざまな思いを知る(略)

 ああ 何億の人がいようとも

 かかわらなければ

 路傍の人

 私の胸の泉に

 枯葉いちまいも

 落としてはくれない
     
青色青光
前記の詩は十四歳でハンセン病
(らい病)を発病、十年後には完治していたにもかかわらず、国の政策によってその後も隔離され続け、満八十三歳で療養所内において亡くなられた、元ハンセン病患者で、詩の世界の最高峰「高見順賞」を受賞された、塔和子(本名、井土ヤツ子)さんの詩です。
 ハンセン病はすでに完治可能な病であるにもかかわらず、その後遺症が身体の欠損などの形で表層的に残ってしまう事が多いということや、神道のケガレの思想、また仏教の「業の思想(為した行為のその結果は、自ら引き受けていかなければならない)」という、思想を誤って、ただあきらめを促す「運命論」として受け止めた事などにより「業病」「忌まわしい血筋の病」と、たたりのように恐れられてきました。
それは、現在も完全には払拭されていません。
 結果、家族は勿論、親戚縁者まで、身内の発症は秘され、患者の存在すらもひた隠しにしてきました。
 歴史は繰り返しませんが韻を踏みます。そうさせない為にも、本名を捨て、故郷さえも捨てさせられた元患者の方々の人間回復が果たされなければ、無関心に過ごしてきた私たちの人間回復の道も閉ざされてしまうのです。住職日々随想         


住職日々随想
 中国の武漢で発生した新型のコロナ
ウイルスが世界中に拡散しつつあります。
 我が国でも二月下旬の時点で、感染経路不明な死亡例を含む患者が発生し、もはや水際対策の有効な時期は過ぎ、蔓延期に入ってしまったと、連日報じられています。
 対応するワクチンも無く、そのメカニズムも明確になっていない未知の病に対する恐れは、私たちの日常にも暗い影を落とし、経済的損失も含め、様々な活動の阻害要因になってしまっています。
 何とか蔓延を食い止め、万一感染しても治癒できるよう、一日も早い治療法の確立が待たれます。
 そんな中、今回の事で改めて思い起こされますのは、病と患者に対する偏見差別の歴史です。
 近くはHIVや梅毒、さらには水俣病やイタイイタイ病、極めつけは人類の歴史とともにあり続けたハンセン病(らい病)などが、まさに偏見差別の対象になってきました。
 わけてもハンセン病は、病気そのものの苦しみもさることながら、患者本人やその家族親族も含めて、厳しい偏見差別にさらされるという、二重三重の悲劇をもたらしました。
 明治政府は、西洋諸国から、らい病に犯された人々を治療救済もせず、放置していると非難されたことを国辱とし、国内五カ所に療養所を開設してその収容に当たりましたが、逃亡する者が後を絶たないことや、富国強兵の国家方針に合わないとして、昭和四年「らい予防法」を制定、さらには戦時下の「祖国浄化」を掲げる「無らい県運動」の流れを受けて、らい病患者の強制収容を推進しました。
 戦後、特効薬のプロミンなどによって、らい病は完治する病となり、療養所内のらい病は撲滅されました。
 しかし、長い歴史の中ですり込まれた偏見差別は根強く、戦後、昭和二十八年になって改正された「らい予防法」でも、隔離政策は維持され続け、平成八年になってようやく廃止、平成十三年には「らい予防法違憲国家賠償訴訟」に於いて被害者が全面勝訴しました。
 そして、昨年には元患者家族を救済するための、国家賠償も行われることになりました。
 真実の浄土とは、本当のものを知りうる智慧によって、本当のものが見えてくる世界のこと。「不都合なものを排除して浄化された世界」は、真実の浄土などではありません。
私たちが真に願うべきは「真実の浄土」です。

三月の行事

5 日(木)午前10時半〜ピラティス

10日(火)午後2時〜門徒女性聞法の集い

13日(金)午後2時〜仏教コーラスの会

17日(火)午後3時〜囲碁教室

19日(木)午前10時半〜ピラティス

21日(土)午後2時・6時
      春季彼岸会永代経法要
   ご講師 伊勢 道浄寺 酒井正夫氏 
26日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

四月の行事

9 日(木)午前10時半〜ピラティス

10日(金)午後2時〜仏教コーラスの会

12日(日)午後1時〜おみがき清掃ご奉仕

14日(火)午後3時〜囲碁教室

19日(日)午後1時〜
      本堂大屋根ご修復奉告法要
            祝賀の集い
23日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

30日(木)午前10時半〜ピラティス


続きを読む
posted by ansenji at 23:43| Comment(0) | なんでも質問箱

2020年02月11日

2020年 2月

法 悦 2月号 833号


「退一歩」



 忍一時風平浪静 


 退一歩海濶天空



  一時を耐えることによって


  風はなぎ、浪も静かになる。


  一歩を退くことによって


  海も空も広々と拡がっていく


青色青光

 目標を立て、実現に向かって前に進むことは、大切なことですし、自らを奮い立たせるためにも必要なことです。
 一方、世界は、もっと安楽に、もっと豊かにと、各国・各地域が、それぞれに利潤追求と開発にしのぎを削り、時に戦争という最大の環境破壊まで引き起こしてきました。
 そういう有りようが、気候変動やそれに伴う自然災害を急増させてきた、という反省と危機感から、持続可能な社会の実現を目指すために、SDG`Sと称される17の行動目標が、国連サミットで採択され、加盟193ヶ国が取り組むことになりました。
 上記の言葉は、中国に伝わることわざで、随分以前に師より賜った言葉です。
 何事につけ前に進み事ばかりだと、必ず行き詰まる時がやってきます。しかし一歩退いてみると、袋小路のその手前に、右にも左にも、見過ごしていた違った道を発見することがあります。
 今、こういう時代にこそ「退一歩」のところに、足下にもつながる広やかな世界が、見い出されてくるのではないでしょうか。
 もうだめだという向こうに「必ず
道あり」、と教え示してくださった
、親鸞さまのみ教えにも通じるのです。

住職日々随想         

 「去る者は日々に疎し」と言われます。
 確かに、一面うなずけるものではありますが、自身の人生にとって大切なひと、かけがえのないひとを亡くした時、むしろ日々その記憶は薄れていくどころか、日増しに、よりしばしば故人との様々な事どもが、存命中よりも鮮明に思い起こされる、ということがあります。
 わたし自身も葬儀やご法事、月参りなどで伺った折り、先立たれたあの方この方の事が、様々に思い起こされ、胸が詰まることが多くなりました。
 自身の老いが、過去を懐かしむ気持ちを強くさせるのか、そこは定かではないのですが、ある意味、仏事を営むという行為の持てる力ではないのか、とも思われるのです。
 故、曽我量深師は「無量無数の先祖が私たちの身の中、心の中に生きている。そして、どうか助かってくれと願っている」とおっしゃっています。
 そう、私に掛けられた願いにふれ、諸仏となられた先立たれた方々のご苦労に、頭が下がるということがなければ、この身も先祖も助からず、供養ということも成り立たないことになってしまうのです。
 しかしまことに残念ながら、昨今の風潮として、そういう願いに触れる、大切なご縁である仏事が、ややもすれば、軽んじられる傾向があります。
 政治学者の中島岳志氏は「仏事が軽視され形骸化している。これは過去との繋がりを失うだけでなく、未来との対話の回路を喪失することを意味する。私たちは今だけを生きているのではない、死者の想起を継承することで、死後の未来を生きることになるのだ。」と、述べておられます。
 まさに仏事は蓮如上人が「後生の一大事を心にかけて念仏申せ」とおさとし下さるように、我が身の後世の安楽を願うなどと言う小さなものでなく、後の世、後の人々の道しるべとなるような生き方を、今あなた
はしていますか、と自身に問う大切
な営みなのです。

二月の行事

6 日(木)午前10時半〜ピラティス
13日(木)午前10時半〜ピラティス
14日(金)午後2時〜仏教コーラスの会

15日(土)午後6時〜地域懇談会
      ご講師 足代健二郎氏      
  参加費(軽食代)1.000円

18日(火)午後3時〜囲碁教室
20日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会
25日(火)午後2時〜門徒女性聞法の集い

三月の行事

5 日(木)午前10時半〜ピラティス
13日(金)午後2時〜仏教コーラスの会
17日(火)午後3時〜囲碁教室
19日(木)午前10時半〜ピラティス

21日(土)午後2時・6時
      春季彼岸会永代経法要
   ご講師 伊勢 道浄寺 酒井正夫氏 

26日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

*4月19日(日)本堂大屋根後修復奉告法要を厳修いたします。どうぞ、ご予定下さいませ。
*春のおみがき清掃ご奉仕は4月12日に行います。







posted by ansenji at 19:33| Comment(0) | 法悦