2021年11月28日

2021年11月

 法 悦 11月号 854号

  くらし      石垣りん
食わずには生きてゆけない
 メシを
 野菜を
 肉を
 空気を
 光を
 水を
 親を
 きょうだいを
 師を
 金もこころも
 食わずには生きてこれなかった
 ふくれた腹をかかえ
 口をぬぐえば
 台所にちらばつている
 にんじんのしっぽ
 鳥の骨
 父のはらわた
 四十の日暮れ
 私の目にはじめてあふれる獣の涙

青色青光  
 「親ガチャ」聞き慣れない言葉
ですが、最近若者の間で使われる
ようになったそうです。
 否応なく進む格差社会と貧困の連鎖の中で、
子供は親を選べない、どういう境遇に生まれるかは運次第
という思いを、ハンドルを回して運試しするガチャポンと
言うゲームなどになぞらえて表現したものです。
 「親ガチャ外れた」などと我が子に言われたら、
ショックを受ける親御さんも少なからずおられることでしょう。
 では仏教ではどう捉えているでしょうか?
善導大師の観経疏に、人として誕生するのは、自の業識
(ごっしき)つまり、生まれたいという内因と、父母の精血
という外縁の和合によるもので「両重の因縁」に依る、
と説いておられます。誰もが忘れているかも知れませんが、
あくまでも生まれたいと言う因があっってのこの身なのです。
 前述のように言う子もいるかもしれません。
が、子供たちはどんな親であっても、心の底でその人を
許し包んでいるに違いないのです。

住職日々随想  
 ー明治の先学、清沢満之師は「人事を尽くして天命を待つ」
ではなく、「天命に安んじて、人事を尽くす」と、真宗門徒の
生活信条を表されました。ー
 誰の人生にも、始まりと終わりが有ります。
いつ何時か、誰を母に、誰を父に生まれようとして、生まれて
きた人はいないでしょう。
気がついたら私は私として生まれていた。
 じつに、生まれるとき思い通りにならないのと同様、死ぬとき
も思い通りにはなりません。たとえ、それが自ら選んだ死で
あったとしても、望みを無くし、追い詰められての事に違い
ないのですから、やはり思い通りとは言えないでしょう。
 私たちは、始めも終わりも思い通りにはならないのに、
間だけは思い通り何とかしたい、夢見続け、努力さえし続ければ、
何時かは成就すると信じ、四苦八苦致します。
 しかし、私たちすべてが業縁存在、ご縁次第でどうなっていくか、
誰にも分かりません。それ故、不安の尽きぬ人生ですが、不安は又、
確かなものを求めている、いのちそのものの叫び、無くすべきもの
ではなく、むしろ活かすべきものではないでしょうか。
 近代大谷派を代表する仏教学者のお一人、安田理深師のご自宅が
火事に遭われました。
隣家から延焼して、先生の貴重な蔵書やノート類があらかた焼けてし
まったそうです。
先生の難を聞きつけた門人たちが駆けつけると、先生はわずかに焼け
残ったものの、水をかぶってしまった書籍などを運び出し、一枚一枚
丁寧にページを繰って、乾かそうとしておられたそうです。
 普通の人間であれば、ショックで打ちのめされてしまうのかも知れ
ませんが、先生は「隣の家から火が出た。もらい火のせいで焼けて
しまった、と言う事かも知れません。
しかし事実として『焼かれた』のでも『焼いた』のでもない
『焼けたのだ』。
私の家がたまたまそこにあった、いわば存在責任はあるのです。
『焼けた』と言うところに立つことによって、事実を事実として
受けていける。自も他も損なわんで済む。こんな事を今度の火事で
学びました。」と語っておられたそうです。
 そんな安田師は又「不安に立つ」という確かな視座を我々に
与えて下さいました。  

坊守便り 
    報恩講       金子みすゞ 
「お番」の晩は雪のころ
 雪はなくても暗(やみ)のころ
 くらい夜みちをお寺へつけば
 とても大きな蝋燭と
 とても大きなお火鉢で
明るい、明るい、あたたかい
大人はしっとりお話で
子どもは騒いじゃ叱られる
だけど明るくにぎやかで
友だちゃみんなよっていて
なにかしないじゃいられない
更けてお家にかえっても
なにかうれしい、ねられない
「お番」の晩は夜なかでも
 からころ足駄の音がする

家族や近所中のひとが「お番」報恩講を待ち望んでいる、
そんな情景が伝わって来ます。
 子供のみすずさんは、日暮れの早くなった頃おばあちゃんと
手をつないで「お番」に行くと友だちもみんな来ていて、
お斎を頂き、大きな蝋燭の灯りで親鸞様のご一代記を今年もお聞きする。
この季節が近づいてくると
心がうずうずしてきます。
今年も女性部の有志の皆さんと南御堂のお勤めに遇わせて
いただきます。新門首も就任後初めてご親修くださいます。

十一月の行事
4 日(木)午前10時半〜ピラティス
7 日(日)午後1時〜おみがき清掃ご奉仕
      報 恩 講
12日(金)午後2時〜大逮夜勤行・ご法話
        引き続き 御伝鈔・ご法話
    ご講師 泉大津南冥寺 戸次公正師
*コロナ禍ですので、報恩講を一日に短縮し、お斎のご接待も
行えませんので、お昼のご法話に引き続き、御伝鈔拝読を行います。
18日(木)午前10時半〜ピラティス
      午後2時〜 仏教民謡踊りの会十二月の行事
十二月の行事
2 日(木)午前10時半〜ピラティス
4 日(土)午後2時〜 祥月講・同朋の会
            講師未定
16日(木)午前10時半〜ピラティス 
      午後2時〜仏教民謡踊りの会
19日(日)午後2時〜おみがき清掃ご奉仕31日(金)夜11時〜歳暮勤行・除夜の鐘                      
31日(金)午後11時 歳暮勤行・除夜の鐘







































































































































































posted by ansenji at 18:14| Comment(0) | 法悦

2021年10月09日

2021年10月

 法 悦 10月号 853号

  変 換      鈴木章子

 死にむかって
 進んでいるのではない
 今をもらって生きているのだ

 今ゼロであって当然の私が
 今生きている

 ひき算から足し算の変換
 誰が教えてくれたのでしょう
 新しい生命
 嬉しくて 踊っています

 “いのち 日々あらたなり”
 う〜ん わかります
   (壽算四十六歳 死の九ヶ月前に)

青色青光  
 私事で恐縮ですが、最近二十歳代の方のご葬儀が続いてしまいました。
もちろん、おいくつで亡くなられても、お身内や親しい方々にとっては、
辛く悲しいことに違いはありませんが、未来を託すべき若者の死には、
特に無念の思いをぬぐい去ることが出来ません。
 しかし、思い起こされますのは、以前若くして伴侶を亡くした友人を
見舞ったとき「ひとは若いのに本当に気の毒だと、慰めてくれるけれど、
俺はそうは思っていない。あいつは若かったけれども、彼女の人生を
全うしよったんや。」と、強がりでなく淡々と語ってくれ、むしろ
見舞いの言葉に詰まるこちら側が、救われた気持ちになれたことでした。
 上記の詩は、北海道の大谷派寺院の坊守、鈴木章子さんが、癌発病から
亡くなられるまでの心の軌跡をまとめられた文集「癌告知のあとで」から
抜粋したものです。
 生かされて生きている、そんな大事なことを忘却して日々過ごしている、
自らの迂闊さが改めて知らされます。

住職日々随想  
 5年前に施行された「ヘイトスピーチ
解消法」によって、ずいぶん少なくはなってきましたが、それでも時折、
ヘイトスピーチの街宣車やデモ隊に出くわすことがあります。 
かなりの大音量で、特定の国やその国の人々の尊厳を否定し、揶揄する
内容が多く、思わず耳を覆いたくなりますが、名指しされ、憎悪の対象と
された人々は、単に不快なだけでなく、より深刻な犯罪や暴力につながる
のではないかと、現実的な身の危険すら感じておられます。
 現在のコロナ禍、誰もが強いストレスを感じ、加えて格差の拡大する中、
家庭内暴力や、通り魔事件なども少なからず発生し、しばしば世間を騒がせ
ています。
 鬱屈した思いが容易にエスカレートし、少数者や子供たちなどに向けられる
事の無いように、社会全体で注意しなければならないのではないでしょうか。
 心理学の実験で、子供たちを青いシャツと黄色いシャツの二つのグループに
分け、三週間ほど競い合わせ、あるときは青グループ、またあるときは黄色
グループと、交互に徹底的にえこひいきを繰り返すと、実験でありながら、
二つのグループはあっという間に分断され、本当に憎み合う様にすらなる
そうです。
 この実験の結果、仲を悪くさせることは、さほど難しくはないと分かった
そうですが、壊された仲を修復することは、容易ではないということも
はっきりしたそうです。
 法句経に「人は黙して座するをそしり、多く語るをそしり、また、少しく語る
をそしる。およそこの世に、そしりを受けざるはなし」とは説かれていますが、
仏教の言葉はどこまでも自覚の言葉、内面の懺悔(さんげ)を抜きにして、
他者に向かって投げつけるべきものではなく、どこまでも私を言い当てて下さる
み教えと、受け取らねばなりません。
 み教えを鏡に、自ら思考し「おかしいことはおかしい」と、明らかに知る知恵
を賜っていかねばなりません。
 さらに「ひとは生まれや育ちによって卑しい尊いが決まるのではない。ひとは
その行いによって卑しい尊いが決まる」と説かれます。心卑しき差別者とならぬ
よう、分断の壁を乗り越えていきたいことです。  

坊守便り 
 ー宗務総長が還浄されましたー   
総長が亡くなられたと訃報が入りました。前任の総長より十歳若く、安泉寺の
住職の二歳年下です。
 六年前に就任された時、いよいよお若い方が大役を務められるのだなあと
思った事です。
 真宗大谷派寺院は全国に、約一万ヶ寺あるといわれます。
コロナ禍で今まで通りに行事を勤めることは出来ませんが、この間にご門主も
交代され、昨年の報恩講の前日に新門首就任式が行われました。
 私はご満座にお参りさせて頂きましたが、親鸞聖人の座像のあるご影堂は
全席イス席で、全職員体制でコロナ対応していました。非常事態宣言下の
大変な日常の一端を垣間見たように感じました。
 総長はご病気が判明したとき、すでに治療は難しかったとのことでした。
 坊守様とは教区の会長どうしとして本山でお会いし、大阪の研修を企画
するとき二度ほど大聖寺のご自坊に伺いました。気さくな方で、総長が
お役でお寺を留守される間、頑張って切り盛りしておられました。
 総長の訃報に接し、様々想いが巡りますが、同年の方を見送ることは
特に寂しいことです。
 限りある命の大切さ、生かされてある命のありがたさを考えさせられた
事でした。

十月の行事
14日(木)午前10時半〜ピラティス
16日(土)午後2時〜祥月講・同朋の会
      ご講師 圓龍寺 門井 斉師 
28日(木)午前10時半 〜ピラティス
      午後2時〜 仏教民謡踊りの会

十一月の行事
4 日(木)午前10時半〜ピラティス
7 日(日)午後1時〜おみがき清掃ご奉仕
      報 恩 講
12日(金)午後2時〜大逮夜勤行・ご法話
        引き続き 御伝鈔・ご法話
    ご講師 泉大津南冥寺 戸次公正師
*コロナ禍ですので、報恩講を一日に短縮し、お斎のご接待も
 行えませんので、お昼のご 法話に引き続き、御伝鈔拝読を行います。
18日(木)午前10時半〜ピラティス
      午後2時〜 仏教民謡踊りの会
posted by ansenji at 20:25| Comment(0) | 法悦

2021年08月30日

2021年9月

 法 悦 9月号 852号

のぞみはありませんが


ひかりはあります

         新幹線の駅員さん

 臨床心理師の河合隼雄氏が新幹線の切符を
買おうとしたら、駅員にこう言われた。
 瞬間、この言葉の深い含意に感激し、
同じ言葉を大声で返すと、駅員さんは

「あっ、『こだま』が帰ってきた」

 とつぶやいた。
    朝日新聞「折々の言葉」より

青色青光  
 阿弥陀様は、尽十方無礙光如来・不可思議光如来と、そのお働きに応じて
、そうお呼びする事もあります。
 どんなに希望をなくしても、「光の如来」と称される阿弥陀仏の光は、
私たちの思いを超えて、遮るものなく、ずっとこの身を照らし続けて下
さっています。
 闇を闇と知らされるのは、現に光に遇っている証し。たとえ世界中が私を
見捨てても、私を生かそう生かそうとするいのちの働きは、いのち終える
最後の最後まで、見捨てる事なく、この身を支え続けているのです。
 まさにそのお働きこそが、真如の悟りの世界から、この娑婆世界に
来生した「光如来」に他ならないのです。
 清沢満之師はこのお働きに遇い得た感動を「われ他力の救済を念ずるとき、
我が世に処するの道ひらけ、われ他力の救済を忘れるとき、我が世に処する
の道閉ず」と述べておられます。  

住職日々随想  
 言葉は言霊(ことだま)ひとつの言葉はそれぞれに、ひとつのいのちと
語り継がれてきた歴史を持っています。
 大切に受け伝えていきたい言葉や表現もありますが、若い世代の人々を
中心に、日々新しい言葉や表現も生み出されています。
 もちろんすぐに消えていくものもありますが、初めはなじめず、むしろ
耳障りと感じるようなものも、いつしか市民権を得ていく、という場合
もあります。
 常なるものなど、ひとつとしてないこの世に於ける変化は、好むと
好まざるにかかわらず、受容していくべきものなのでしょう。 
 そのような中にあって、企みをもって意図的に発せられたような言葉や
表現は注意深く観察し、場合によっては拒否すべきではないでしょうか。
とくに近年政権中枢から発せられるものに、違和感を感じずにはおれない
ものが少なからずあります。
 政治学者の中嶋岳志氏も指摘しておられますが、最近の例では、行政や
マスコミが発する「自宅療養」という表現もそれに当たるのではない
でしょうか。
 本来「療養」とは、病を得ても必要な治療を受け、治癒の過程にある
患者が在宅などで経過を観たり、静養して回復を期することを言うので
あって、十分な治療を受けることが出来ないまま、自宅に止め置かれる
ことを言うのではないはずです。
 それをあえて「自宅療養」などと表現するのは、医療行政の失敗を
糊塗するための詭弁と受け止めざるを得ません。
 その他にもいわゆる「さくらを観る会」をめぐる様々な疑惑に対して、
安倍前総理が「募っているという認識だが、募集しているという認識で
はなかった」と答弁した事や、「責任は私にある」と述べながらも、
何も責任は取らない等々、政権中枢が言葉を破壊し、ひいてはモラルを
破壊する事をいとわない姿勢に、暗澹たる気持ちにさせられます。
 私たち真宗門徒は、のちの世、のちの人々のためにも、み教えに
我が身を問いながら、まことの言葉を鏡とし「おかしいことはおかしい」
と明らかにしていく責務があるのではないでしょうか。

坊守便り ー盂蘭盆会ー
 今年も八月十四・十五日と盂蘭盆会をお勤め致しました。
 オリンピックの開催に前後コロナウィルス感染が広がっている状況
でしたので、検温・消毒・換気を徹底し、執り行わせて頂きました。
 受付には、飛沫防止アクリル板を並べて距離を保ち、役員の皆様が
各法要に先立ち、イスや手すりなどを除菌をして下さいました。
 コロナ禍に加え、季節外れの前線停滞により、全国各地で豪雨災害が
多発致しました。 
十三日からすでにどしゃぶりでしたので、急ぎテントを取り寄せ、
本堂からは濡れずに通っていただけるよう準備をいたしました。
 昨年から、日中、夕方に加えて、午前中の座も設け、計五座、
ご参拝も事前調整をさせて頂き、程よく蜜を避け行わせて頂きました。
 住職の挨拶と法話のあと、ご法名を読み上げさせて頂いた順に、
お焼香して頂きました。
 今年も皆様が、亡きご家族を偲び、ご先祖様に思いをはせ、
阿弥陀様にお参り下さいました。良き仏縁をいただけた事と
うれしく思っております。
 また墓地をお持ちのお方の、分骨でのお預かりも徐々に
増えてまいりました。
菩提寺として頼りにして頂き、ありがたい事です。

九月の行事
16日(木)午前10時半〜ピラティス
    秋季彼岸会永代経法要
18日(土)午後2時・午後6時
  ご講師 即応寺 藤井善隆師
30日(木)午前10時半〜ピラティス
午後2 時〜仏教民謡踊りの会
十月の行事
14日(木)午前10時半〜ピラティス
16日(土)午後2時〜祥月講・同朋の会
      ご講師 圓龍寺 門井 斉師 
28日(木)午前10時半〜ピラティス
      午後2 時〜仏教民謡踊りの会        








































































































































































posted by ansenji at 23:14| Comment(0) | 法悦