2018年03月26日

4月住職日々随想


 もう二〇年以上前のことになります。私がご本山の全国児童夏の集いのスタッフをしていたときの話ですが、当時私たちスタッフのリーダーをしておられた先輩から聞かされた話に、驚きと戸惑いを禁じ得ませんでした。
 それは、その先輩のお友達の方の奥さんが、出産に臨んで母子ともに大変危険な状態になられたそうです。その時、主治医の先生から、お母さんか赤ちゃんか、どちらかを諦めてもらわないといけないかもしれません、と言われた時に、その男性がすかさず「どうか子どもだけでも助けてください」と言われたそうです。
 それを聞いた私たち若いスタッフは、なんてひどい夫なのだと思ったのですが、先輩は「当然でしょう」とおっしゃいました。釈然としない私たちに「親なのだから当然です」と重ねておっしゃいました。
 果たしてどうなのか、未だすっきりとは解決のつかない問題ですし、そういった局面に出会わないことを祈るばかりですが、実際子を持つ親とならせて頂きますと、自らの命に代えても子供を守りたい、という願いも当然のことと気付かされます。
一昨年の津久井やまゆり園での、障がい者大量殺傷事件の折にも、深く考えさせられたのですが、最近になってまた、浮上してきた人権問題があります。
 それは、旧優生保護法に基づいて、障がい者やさまざまな疾病を抱える方々に、本人の意思を無視して、不妊手術が強制的に行われたという問題で、被害にあわれた方々が、子どもを産めない、無念な苦しい胸の内を、訴訟を起こすという形で、ようやく語られるようになったことです。
 他方で近年、出生前診断が広く行われるようになり、ますます命の選別が広がってまいりました。まさに、優生思想は過去の話ではなく、私たちの身に備わる罪業と言っても過言ではありません。
「全て命は尊いものなのだ」と誰もが思い、口にも致しますが、事実として本当に尊び、また尊ばれているのでしょうか?
かつて様々な人権問題に取り組んでこられた、九州大谷短期大学の園田久子先生は「人はいじめもするし、差別もするし、殺しもするよ」と喝破されました。
 深く罪業の身を顧みることなく、自身善人として振る舞うことの欺瞞を思い知らされることです。
その罪業の我が身を明らかにするものは、如来のお知恵を賜わること以外ありません。
 親鸞聖人は教行信証に、源信僧都の「平等にして一子のごとし。かるがゆえに、我、極大慈悲母を帰命し礼したてまつる。」を引用されて、一切衆生を皆ひとり子の如くに見そなわはす阿弥陀如来に帰命し礼すべき事の尊さを述べておられます。
深く畏れを持って、心したいことです。

四月の行事

5 日(木)午前10時半〜 ピラティス

12日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

13日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

21日(土)午後2時〜 祥月講同朋の会聞法会
ご法話 専光寺 島洸陽師

24日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
               浄土和讃29

12日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

五月の行事
14日(月)午前10時半〜 ピラティス

18日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

19日(土)午前中   桜祭り参加

22日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
               浄土和讃 29
24日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

26日(土)午前9時〜 大阪教区同朋大会参加

*本堂内すべて椅子席、どなた様もお気軽に。
posted by ansenji at 18:24| Comment(0) | 住職日々随想

2018年02月26日

3月 住職日々随想


 今年の二月一日、スーパー・ブルー・ブラッドムーンとも言われる皆既月食が、世界の至るところで観測されました。
この珍しい天文ショーをご覧になった方も多かったことでしょう。
 そこで思い出されますのは、法然上人の詠まれた「月影の至らぬ里はなけれども ながむるひとの心にぞすむ(月の光は全ての里を照らして、隔てはないが、それを眺めた人の心には宿るけれども、眺めない人の心には宿らない)」
の歌です。
ここで謳われる月の光とは、阿弥陀仏の無限のお慈悲のおたとえで、それは一切衆生に分け隔てなく注がれてあるけれども、それを仰ぎ求める人の心には届くけれども、残念ながら仰がぬ人の心には届かない、というお心と伺います。
 しばしば仏教では、月の光は、優しく密やかに降り注がれる、控えめな働きが仏の慈悲に、日の光は、真実を明らかにする強い働きが仏の智慧にたとえられます。
 お釈迦様ご在世の昔、マガダ国の王舎城において、父王を殺害し、母を軟禁した罪の報いに、心身に死に至る病を得、苦しむアジャセ王の為に、お釈迦様が涅槃に入ることをとどめて、月愛三昧(がつあいざんまい)という、深く静かな瞑想に入られ、その御身より清涼で静かな光を発せられて、王宮のアジャセ王の苦しみを癒やし、固く閉ざされた王の心を開いたと、涅槃経にあるように、仏の寄り添いのお慈悲が、月の清涼な光にたとえられているのです。
 では、その仏の慈悲の光を仰ぐ人とは、一体どういう人なのでしょうか?
 心の闇を痛み悲しむ人は、切に光を仰ぎ求めますが、自身の心の闇の深さにすら気づかない人は、仰ぐことも求めることもいたしません。
親鸞聖人は晩年に作られた「愚禿悲嘆述懐和讃(ぐとくひたんじゅっかいわさん)」に、
 無慚無愧のこの身にて
まことの心はなけれども
弥陀の回向のみ名なれば
功徳は十方に満ちたもう と、詠われ
 また、歎異抄には「いづれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」と、述懐されているように、阿弥陀仏の無限のお慈悲に照らされて、はじめて自身の心の闇の底知れぬ深さを知らされ、また、その闇深き凡夫をそのままに、救い取って捨てじという、仏の大慈悲に、自身の闇の底を打って、はじめて遇い得た、その感動を述べておられます。
 それは、躍り上がるような喜びではないけれども、命のそこからわき上がる、月の光のような深く静かな、しかし揺るぎない確信なのだと知らされるのです。

三月の行事
1 日(木)午前10時半〜 ピラティス

4 日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕

15日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

24日(土)午後2時・午後6時
春季彼岸会永代経法要
ご講師  石川県 妙徳寺住職
        芳原 里詩師
*三月の門徒女性聞法のつどいは、彼岸会法要が
 有りますのでお休みです。

四月の行事
5 日(木)午前10時半〜 ピラティス

24日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
               浄土和讃29

26日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

*仏教コーラスの会は未定です。
*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様も お気軽に。
posted by ansenji at 00:11| Comment(0) | 住職日々随想

2018年01月26日

2月住職日々随想

 二〇一八(平成三〇)年の元日の朝、この国全体が生産活動を休んでいるからか、晴れ渡った空はとても青く澄んで、眩しいほどでした。
それを見上げながら、日頃私たちが目にする空が、いかに晴れた空であっても、実は濁った大気のベール越しのものだったのだと気付かされ、見ているようで実は見えていなかったんだと、改めて知らされました。
 私たち真宗門徒が、日頃慣れ親しんでいるお聖教の中に「末代無智の」の御文が有ります。
この御文に限らず、お聖教はいずれもそうですが、自分事としてきちんと読んでみると、誠に深く考えさせられる、智慧の光に満ち溢れています。
 短く平易な言葉で綴られたこの御文の冒頭の「無智」という事ですが、よく門徒物知らず、門徒は何にも知らなくてもいい気楽なもんや、などと思っている方が結構おられるようです。
しかし、門徒物知らずとは真宗門徒は物忌みをしない。いわゆる迷信俗信の類には囚われず、ただお念仏ひとつと、むしろ物忌みしない事を、誇りとしてきたということの謂であり、深くお聖教に親しんできた歴史がその事からもうかがい知れるのです。
 そして今ひとつ、無智という事をわが身に照らし味わってみますと、清沢満之が「知らざるを知らずとなせ、これ知れるなり」とお示し下さったお言葉にも重なってまいります。
 誰れに限らず、私たちのものを見るまなこには、道の右側から見れば真ん中あたりは左に見え、道の左側から見れば、真ん中あたりは右に見えるというように、どうしても偏りが生まれます。
親鸞聖人も「親鸞も偏頗(へんぱ)あると聞きそうらえば…」と、なんびとも凡夫は偏りなく見るまなこは持たないと、自覚のお言葉を述べておられます。
 私たちのものを見るまなこには避けがたく偏りがあり、わかったつもりでいる事にも、どうしても未知の部分が残るという自覚に立った、謙虚な姿勢が大切な事と知れるのです。
よく「あなたのことはわかっているよ」などと言う事がありますが、仮に愛情から発した言葉であったとしても、そこには支配の論理が隠されています。
 そうではなく、夫婦親子兄弟というような親密な間柄であったとしても、自分以外の他者の心の中には、絶対に理解し得ないものがあると、他者に対して敬意を持つという事は、その自覚に立って相対することに他ならないのです。

二月の行事
27日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃28
14日(水)午前10時半 ピラティス

17日(土)午後4時〜  祥月講同朋の会
      武庫川 念仏寺住職 土井紀明師
22日(木)午後2時〜  仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜  仏教コーラスの会

27日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃28
三月の行事
4 日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕

15日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜仏教コーラスの会

24日(土)午後2時・午後6時
春季彼岸会永代経法要
ご講師  石川県 妙徳寺住職
        芳原 里詩師
*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様もお気軽に。
*3月の門徒女性聞法のつどいはお休みです。
posted by ansenji at 10:04| Comment(0) | 住職日々随想