2018年02月26日

3月 住職日々随想


 今年の二月一日、スーパー・ブルー・ブラッドムーンとも言われる皆既月食が、世界の至るところで観測されました。
この珍しい天文ショーをご覧になった方も多かったことでしょう。
 そこで思い出されますのは、法然上人の詠まれた「月影の至らぬ里はなけれども ながむるひとの心にぞすむ(月の光は全ての里を照らして、隔てはないが、それを眺めた人の心には宿るけれども、眺めない人の心には宿らない)」
の歌です。
ここで謳われる月の光とは、阿弥陀仏の無限のお慈悲のおたとえで、それは一切衆生に分け隔てなく注がれてあるけれども、それを仰ぎ求める人の心には届くけれども、残念ながら仰がぬ人の心には届かない、というお心と伺います。
 しばしば仏教では、月の光は、優しく密やかに降り注がれる、控えめな働きが仏の慈悲に、日の光は、真実を明らかにする強い働きが仏の智慧にたとえられます。
 お釈迦様ご在世の昔、マガダ国の王舎城において、父王を殺害し、母を軟禁した罪の報いに、心身に死に至る病を得、苦しむアジャセ王の為に、お釈迦様が涅槃に入ることをとどめて、月愛三昧(がつあいざんまい)という、深く静かな瞑想に入られ、その御身より清涼で静かな光を発せられて、王宮のアジャセ王の苦しみを癒やし、固く閉ざされた王の心を開いたと、涅槃経にあるように、仏の寄り添いのお慈悲が、月の清涼な光にたとえられているのです。
 では、その仏の慈悲の光を仰ぐ人とは、一体どういう人なのでしょうか?
 心の闇を痛み悲しむ人は、切に光を仰ぎ求めますが、自身の心の闇の深さにすら気づかない人は、仰ぐことも求めることもいたしません。
親鸞聖人は晩年に作られた「愚禿悲嘆述懐和讃(ぐとくひたんじゅっかいわさん)」に、
 無慚無愧のこの身にて
まことの心はなけれども
弥陀の回向のみ名なれば
功徳は十方に満ちたもう と、詠われ
 また、歎異抄には「いづれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」と、述懐されているように、阿弥陀仏の無限のお慈悲に照らされて、はじめて自身の心の闇の底知れぬ深さを知らされ、また、その闇深き凡夫をそのままに、救い取って捨てじという、仏の大慈悲に、自身の闇の底を打って、はじめて遇い得た、その感動を述べておられます。
 それは、躍り上がるような喜びではないけれども、命のそこからわき上がる、月の光のような深く静かな、しかし揺るぎない確信なのだと知らされるのです。

三月の行事
1 日(木)午前10時半〜 ピラティス

4 日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕

15日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜 仏教コーラスの会

24日(土)午後2時・午後6時
春季彼岸会永代経法要
ご講師  石川県 妙徳寺住職
        芳原 里詩師
*三月の門徒女性聞法のつどいは、彼岸会法要が
 有りますのでお休みです。

四月の行事
5 日(木)午前10時半〜 ピラティス

24日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
               浄土和讃29

26日(木)午後2時〜 仏教民謡踊りの会

*仏教コーラスの会は未定です。
*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様も お気軽に。
posted by ansenji at 00:11| Comment(0) | 住職日々随想

2018年01月26日

2月住職日々随想

 二〇一八(平成三〇)年の元日の朝、この国全体が生産活動を休んでいるからか、晴れ渡った空はとても青く澄んで、眩しいほどでした。
それを見上げながら、日頃私たちが目にする空が、いかに晴れた空であっても、実は濁った大気のベール越しのものだったのだと気付かされ、見ているようで実は見えていなかったんだと、改めて知らされました。
 私たち真宗門徒が、日頃慣れ親しんでいるお聖教の中に「末代無智の」の御文が有ります。
この御文に限らず、お聖教はいずれもそうですが、自分事としてきちんと読んでみると、誠に深く考えさせられる、智慧の光に満ち溢れています。
 短く平易な言葉で綴られたこの御文の冒頭の「無智」という事ですが、よく門徒物知らず、門徒は何にも知らなくてもいい気楽なもんや、などと思っている方が結構おられるようです。
しかし、門徒物知らずとは真宗門徒は物忌みをしない。いわゆる迷信俗信の類には囚われず、ただお念仏ひとつと、むしろ物忌みしない事を、誇りとしてきたということの謂であり、深くお聖教に親しんできた歴史がその事からもうかがい知れるのです。
 そして今ひとつ、無智という事をわが身に照らし味わってみますと、清沢満之が「知らざるを知らずとなせ、これ知れるなり」とお示し下さったお言葉にも重なってまいります。
 誰れに限らず、私たちのものを見るまなこには、道の右側から見れば真ん中あたりは左に見え、道の左側から見れば、真ん中あたりは右に見えるというように、どうしても偏りが生まれます。
親鸞聖人も「親鸞も偏頗(へんぱ)あると聞きそうらえば…」と、なんびとも凡夫は偏りなく見るまなこは持たないと、自覚のお言葉を述べておられます。
 私たちのものを見るまなこには避けがたく偏りがあり、わかったつもりでいる事にも、どうしても未知の部分が残るという自覚に立った、謙虚な姿勢が大切な事と知れるのです。
よく「あなたのことはわかっているよ」などと言う事がありますが、仮に愛情から発した言葉であったとしても、そこには支配の論理が隠されています。
 そうではなく、夫婦親子兄弟というような親密な間柄であったとしても、自分以外の他者の心の中には、絶対に理解し得ないものがあると、他者に対して敬意を持つという事は、その自覚に立って相対することに他ならないのです。

二月の行事
27日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃28
14日(水)午前10時半 ピラティス

17日(土)午後4時〜  祥月講同朋の会
      武庫川 念仏寺住職 土井紀明師
22日(木)午後2時〜  仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜  仏教コーラスの会

27日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃28
三月の行事
4 日(日)午後1時〜 おみがき清掃ご奉仕

15日(木)午後2時〜仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜仏教コーラスの会

24日(土)午後2時・午後6時
春季彼岸会永代経法要
ご講師  石川県 妙徳寺住職
        芳原 里詩師
*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様もお気軽に。
*3月の門徒女性聞法のつどいはお休みです。
posted by ansenji at 10:04| Comment(0) | 住職日々随想

2017年12月24日

住職日々随想

2018年 1月 
 年の瀬には、1年を振り返り、反省とともに、新しい年に向けての思いを深くいたします。
 そのような中、昨年とても気になりましたのは、モラルハザード(この国のモラル遵守精神の危機的な劣化)と言うことです。
 魯迅の随感録に「暴君の臣民らは、ひたすら暴政が他人の頭上に振るわれることを願い、自らはそれを見物してよろこび、”残酷”を娯楽とし、”他人の苦しみ”を賞玩物とし、慰安する。」と、本来の意味での個人の自立がなければ、ひとは不寛容になり、他者の苦しみに対するいたわりの心も失い、挙句には残虐さをむき出しにするようになる。
当然そこには真の連帯などあり得ないと述べています。
 米国でのトランプ政権の誕生、テロ等準備罪(共謀罪)処罰法の成立、森友・加計学園疑惑などなど、そこで展開されているのは、剥き出しの国家エゴと、あからさまな虚偽をも押し通す、理不尽な権力者達の醜態です。
だからなのか、本来そうだったのか、議論の分かれるところではありますが、神戸製鋼を始め、日本の戦後の発展を牽引してきた、名だたる大企業の不正も、次々と明らかにされました。
朝鮮人民共和国(北朝鮮)の核ミサイルの脅威とも相まって、この国は、世界は大丈夫なのか、と不安が募ります。
本来社会は相互信頼の原則によって成り立っています。
通貨も国に対する信頼があってこそ、その価値を維持していますが、その根幹である信頼が揺らげば、経済そのものが破綻することすらあり得るのです。
ましてや、国家間の信頼関係も、ネットをはじめとする、様々なメディアを通じてなされる、一部の煽情的なポピュリストの言動などにより、容易に瓦解する危険性を秘めています。
こういった危機を回避する為に、何が必要かと問われれば、まず一人一人の国民の自覚的覚醒が肝要が考えられます。
 仏教は自分として執着すべきものなどは何ものも無く、そこにあるのは相互の関係性(縁)しかないのだと考えます。
 まさに縁こそが、ひとを成り立たしめる大地であり、その結び目の中で刻々と変化し続ける主体、それこそが自分なのだ、と自覚するところに、はじめて柔軟でまっとうな判断を下していく、広やかな視界が生まれるのです。
今、この危機的な世界状況を、真に切り開いていけるものは、仏教の智慧に他ならないと思いを新たにするところです。

 今年も宜しくお願い申し上げます。

一月の行事

10日(水)午前10時半 ピラティス

11日(木)午後2時〜  仏教民謡踊りの会

12日(金)午後2時〜  仏教コーラスの会 
21日(日)正  午〜  安泉寺新年互礼会 

二月の行事

13日(火)午後2時〜 門徒女性聞法の集い
  浄土和讃28 
14日(水)午前10時半 ピラティス

17日(土)午後4時〜  祥月講同朋の会
   講師未定

22日(木)午後2時〜  仏教民謡踊りの会

16日(金)午後2時〜  仏教コーラスの会

*一月の門徒女性聞法の集いはお休みです。

*本堂内すべて椅子席、床暖房完備、どなた様もお気軽に。
posted by ansenji at 23:01| Comment(0) | なんでも質問箱